物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【実機レビュー#3】8インチWUXGAでメタルボディ『TECLAST X80 Power』レビュー! X80 Proと比較編

Advertisements

8インチメタルボディタブレット『TECLAST X80 Power』のレビュー3回目です。

前回/前々回の記事はこちら

【実機レビュー#1】8インチWUXGAでメタルボディ『TECLAST X80 Power』レビュー! 開梱の儀編
【実機レビュー#2】8インチWUXGAでメタルボディ『TECLAST X80 Power』レビュー! 外観チェック編

今回は、【TECLAST X80 Proと比較編】という事で、先輩機でありスペックもほぼ同じなTECLAST X80 Proと比較してチェックしていきたいと思います。

外観の違いは?

私の勝手な思い込みは「X80 Powerって言っても、所詮X80 Proの背面をメタルボディ化しただけでしょ?」でした。しかし実機見て結構違ってた・・・という事で、外観上の違いをちょっとまとめてみました。

まずは正面から見たところ。左がX80 Powerで、右がX80 Proです。X80 Powerが微妙に縦に長い。下ベゼルにはWindowsホームボタンがあって明確に差異があるけど、長いのは上側のベゼルですね。Windowsホームボタンはあればあったで便利なのでありがたいですね。※ちなみにAndroidではホームボタンとして使えまません。無反応なので機能としては殺してあるようです。もったいない・・・TECLAST X80 Power Everbuying 実機レビュー背面。X80 Powerはシルバーの筐体がシックにまとまっているのに対して、X80 Proはホワイトのプラスチック筐体に文字が目立つ。TECLAST X80 Power Everbuying 実機レビュー手に持った感触もダントツにX80 Powerが良く、とても1万円前後で買えてしまうタブレットには見えず、チープ感はありません。X80 Proは、こうして見比べてしまうと、どうしても安物感がでてしますのが残念。TECLAST X80 Power Everbuying 実機レビュー機能的な違いはスピーカー部分。X80 Proは本体背面にシングルスピーカーがあるだけですが、X80 Powerは、本体下部側面にデュアルスピーカーを搭載しています。この点だけ見てもかなりの進化。
TECLAST X80 Power Everbuying 実機レビューTECLAST X80 Power Everbuying 実機レビュー本体の厚みも違います。X80 Powerは7.2mm、X80 Proは8.9mmなので、1.7mmも差がある。これだけ差があると実際手に持っていても、X80 Powerのほうが「明らかに薄いなぁ」と体感出来るレベル。重さはほぼ同じなのに、やはり薄い端末のほうが軽く感じるのはスマホと同様で、X80 Powerは確実に「X80 Proの進化版」と言っても良い出来。TECLAST X80 Power Everbuying 実機レビューメタルボディのほうが剛性確保が出来る分、薄く作れるという事なんでしょうかね。

画面の発色の違い

画面の発色の違いもチェックしてみました。画面解像度としては共にWUXGA(1920×1200)と、性能的には同じスペックのX80 PowerとX80 Proですが、違いが出るのか確認して見ました。

結論から言うと、「ほぼ同じもの」と言って良いでしょう。X80 Proは若干青みがかった画面でしたが、X80 Powerも同様に青みがかってます。

TECLAST X80 Power Everbuying 実機レビュー X80 Proと比較解像度の高さはやはり素晴らしく、Yahooの文字を見ても潰れはなく、見やすいの一言。TECLAST X80 Power Everbuying 実機レビュー X80 Proと比較この青みがかった液晶は、慣れてくると気にならないのですが、別端末と比べたりすると「気になる」レベルではあります。

さて次回は、X80 Powerをもうちょっと使ってみてのレビューとします。次回は基本機能チェック編をお送りします。

TECLAST X80 Powerの価格と購入方法

このTECLAST X80 Powerは、Everbuyingで107.11ドルという低価格で発売しています。※価格は記事作成時点TECLAST X80 Power Everbuying

現在はプリセール中になっていて、こちらは9/5以降の出荷となります。
(人気があり過ぎて在庫切れして、増産中とのこと)

価格はクーポンやセール等で変わってきますが、性能を考えればこの価格でも充分安いですよ。

高速配送である「Expedited Shipping」はわずか2.99ドル(350円ほど)と激安なので、是非ともこのオプションを付けましょう。
通常の無料配送では15-20営業日かかりますので、早くて2週間、遅い場合は1ヶ月かかります。すぐ欲しい方はこのExpedited Shipping=高速配送のOptionを付けましょう。4-7営業日で届く予定で、配送もDHLやUPSなどの有名国際配送業者となる為、安心感があります。

・Everbuying販売ページ : Teclast X80 Power Tablet

Everbuyingでの購入方法などは、下記記事に取り纏めていますので、参考にしてください。
・Everbuyingの買い方ガイド :中国のガジェット通販サイト『Everbuying』で安く中華デバイスを買ってみよう

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top