物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

手作り感のあるナチュラルテイストの『Tomonsデスクライト DL1002』を使ってみた! ウッドデザインが良い味だしてる

広告

Tomons様より、組み立て式ウッドデスクライトを提供頂きましたのでレビューします。最初に価格を言ってしまいますが、現時点で約3,600円で販売中なのですが、ウッド系のアームのものは、この価格では普通買えません。それぐらいコスパがいいデスクライト。ウッドの良さは家具との相性の良さでしょう。メタルやプラスチックはカラーによって置き場所を選びますが、ウッドは冷たい印象のデスクにも合いますし、スチール棚に置いても映えると思います。

そんなTomonsのデスクライトを使ってみました。

同梱品と外観

早速開梱してみました。箱はかなり頑丈な造りで、組み立てる各パーツはしっかりと梱包されています。箱のふたには組み立て手順が書いてあります。自然とふたが立つので組み立て時に視線が下に行かなくて助かる。こういう地味なユーザビリティが私は好き。 同梱品。マニュアルは無く、それらしきものは上記写真にあるフタの図だけです。しかし組み立ては非常に簡単でした。ご挨拶カードは日本語で「木素材」の注意も書いてある。

組み立て自体は簡単でしたが、電球が付いていないという点には注意が必要です。私はIKEAで買ったLED電球があったので、それを使いました。最後に電球を取り付けて完成。あとはケーブルをコンセントに挿して、電源を入れればOK。電源スイッチはケーブルの途中にあり、正直野暮ったい。普通なら、ライトの台座にスイッチがあっても良さそうだし、実際そのほうが使い勝手が良いでしょうね。ただこれも「木」や「手作り感」といったレトロ感の演出でしょう。

使ってみた

さて組み立てて完成したデスクライトを点灯させてみました。LEDは好みに応じてカラーを変えても良いと思います。調光機能があればより良いかも。ライトとしては至って普通です。というか利便性は快適ではありません。アームの角度を変えるには、接合部にあるねじを緩め、丁度良い角度に決めたら、各部を締めていくことになる。つまり自由自在に角度調整を都度都度するのはちょっと面倒です。それでも! この手作り感がある所が良い所で、不便だからこそ愛情が湧く感じが分かってきました。合理性のある製品が好きな私ですが、完全に「手作り感」に(良い意味で)毒されています。びしっとアームに張り付かないケーブルが少しだらしない感じなのがまた良いんですわ。

ただ、このデスクライトはかなり重く総重量で2.3kgです。台座が重いのは、木製のアームを支える為に必要だと思いますので仕方ない。不安定な棚とか、小さいお子さんがいるところでは、設置場所はよく考えた方がいいでしょう。

不便だけど味があるデスクライト

最初に謝っておくと「デスクライトなんてどれでも一緒でしょ」という気持ちでいたことを反省してます。木のアームがこんなにもかっこいいとは思いませんでした。このTomonsのデスクライトははっきり言うと、重いし比較的大きいし、角度調整も少し手間が要ります。でも「それがいい」と言えるぐらいの味わいのあるデスクライトです。

価格は約3,600円で、ホワイトの他にブラックもあります。

もしあなたの部屋が殺風景なら、こういうレトロ感のあるインパクトの強いデスクライトを一つ置いて、雰囲気を変えてみても言いかも知れません。

・Amazon 販売サイト :Tomonsデスクライト DL1002

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top