物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【実機レビュー: 後編】1万円台のメタルボディスマホ『Ulefone Metal』 使ってみた編

広告

Ulefoneから発売されている5.0インチスマホ『Ulefone Metal』のレビューの2回目です。hommee-jp様に端末お借りしてのレビューです。

前回のレビューはこちら。
【実機レビュー:前編】1万円台のメタルボディスマホ『Ulefone Metal』 開梱~外観チェック編

今回はレビュー後編として、ベンチマークやストレージ空き容量など基本的なチェックと、カメラ性能を試してみました。

独自のランチャー搭載

使っていてまず目をひくのが、Ulefone独自のランチャー「Float Multi Task」という機能。

これ常に画面上に常駐して、タッチするとくるくるって回りながらランチャーメニューが表示されるようになっている。

画面上に常に表示されるこれをタッチすると・・・Ulefone Metal 実機レビューこのように回転式のランチャーが表示される。Ulefone Metal 実機レビュー

コピー、ギャラリー、設定、音楽、電卓などに即座にアクセスできる。ただ任意のアプリを割り当てる事はできず、デフォルトのメニューの中からしか使えない。

一見便利そうなのですが、はっきり言って結構邪魔。どんなアプリでも存在し続けるので、Google Mapやゲームなど、タッチ範囲が広いアプリだと、このFloat Multi Taskの位置が邪魔になる。位置はドラッグで移動させられるが、結局どこにあっても意外と邪魔。

このFloat Multi Taskは設定から切ることができようになっているので、あまりに邪魔なら切りましょう。

「設定」→「インテリジェントアシスタント」→「Float Multi Task」でOffにできます。Ulefone Metal 実機レビュー

ベンチマーク結果は?

このUlefone Metalは、中国のスマホの定番であるMediaTekのMTK5753 というSoC(CPU)を搭載しています。

オクタコアですが1.3GHzですし、MediaTekだし、余り期待できませんが、一応ベンチマークしてみました。
結果は、「37,228」と2016年のスマホとしては低め。ローエンドだし価格も安いしこれは仕方ない。Ulefone Metal 実機レビュー

ただ数字ではなく体感で言うと、「遅い」とは感じない。RAM 3GBが効いているのかも知れないけど、ChromeでWeb見たり、YouTubeが遅いという事はほぼない。ただゲームなどの重いアプリを開く時は、「遅いな・・・」と感じます。それはアプリでいろいろと変わると思いますが、ポケモンGoなどは起動までにGalaxy Note5と比べても1.5~2倍は遅い。起動してしまえばストレスはないんですけどね。

ストレージ空き容量は?

今回レビューしているUlefone Metalは16GB ストレージ。Android端末としては、結構少ない方ですが、MicroSDがあるので足りなければカードを使いましょう。ただ内部ストレージの空き容量はどの程度かチェックしてみました。

11.79GBの割り当て中、空き容量はほぼ全部。使用はたったの369MBでした。Ulefone Metal 実機レビュー少なすぎ・・・な気もしますが、アプリもほとんど入っていないのでこんなものなのかな。

日本語化ロケールはある?

日本語化は初期セットアップの段階から「日本語」が選べるので安心してください。

メニューも独自UIですが、ほぼ日本語化されています。Ulefone Metal 実機レビュー

ポケモンGoは動く?

ゲームがどれほど動くのか、ポケモンGoで試してみました。Ulefone Metal 実機レビュー

起動が多少遅いものの、特に問題無く動きます。ただARモードはジャイロセンサーが無い為動きません。Ulefone Metal 実機レビュー

カメラの性能

カメラの性能は中国のスマホの場合、「撮ってみないとわからない」事が多いです。スペックでは量れない部分なので実際撮ってみました。

まずは風景。暗い写真ですが、もともとこんなどんよりとした天気の時なので、カメラが悪いわけじゃありません。それでもビル群は少し暗めですね。空の妖しい雰囲気は綺麗に撮れています。800万画素(ソフトウェア補正で1300万画素)と考えると良く撮れています。Ulefone Metal 実機レビュー室内の近接撮影。Ulefone Metal 実機レビュー少しだけ白みが入りますが、それでもこの価格を考えたらカメラとしては良く撮れてますね。一生モノの記念写真には向きませんが、SNSに投稿するとか備忘録なら充分使えるレベルです。

電池の減りが早い

若干難点があるとすると、バッテリー(電池)の減りが早いという点でしょう。バッテリーは3050mAhも搭載しているのですが、画面OFFの状態(WiFi/GPS On)で6時間で半分は減ってしまいます。まだバッテリーが馴染んでいないという面もあるかも知れません。Ulefone Metal 実機レビュー

まとめ: お値段以上の価値はある

結論から言うと、1万円台で買えるスマホとしては充分価値がある。この価格でメタルボディやメモリ(RAM)3GB搭載しているスマホはなかなか出会えません。Ulefoneは以前からお値段以上の価値があるメーカーで、ツボを押さえたスペックのスマホを発売する事が多いのですが、Ulefone Metalはまさにそれを体現しているスマホです。CPU(SoC)はMediaTekの1.3GHzで少ししょぼめですが、実際ゲーム等をしなければそれほど遅さは感じません。

難点を挙げるとすれば、前述のバッテリーと、LTEバンドが日本ではドコモ系ではB1/B3、SoftBankではB1/B8となる点。Softbank(Y’mobile)ならB8のプラチナバンドが使えるのでまだいいのですが、ドコモ系のSIMを使う場合はB1は全国をカバーするのでいいのですが、B3は東名阪・首都圏のみの電波なので地方だと使えず、またプラチナバンドをサポートしていないため、建物の奥で電波の入りが悪くなったりという可能性があります。

そういった難点はあるので全ての人に勧められるものではないが、LTE Bandさえ問題無ければ、コスパのいいコンパクトなスマホと言えます。

Ulefone Metal の購入方法

このUlefone Metalは、Amazon(ストア名:hommee-jp) で16,900円という低価格で発売しています。※価格は記事作成時点Ulefone Metal 実機レビューUlefone MetalはAmazonで複数のショップが販売していますが、hommee-jpは最も安い価格です。(Ulefone Metalを検索するとなぜか高い価格の商品が表示されますが、hommee-jpがより安いのです・・・不思議)
Ulefone Metal 実機レビュー
関東地方は送料無料です。Amazonで決済できるので安心ですし、買いやすいのも良いですね。私がレビューしたカラーは「シルバー」ですが、現在販売しているのは、グレーとブラックの2色です。

5% OFFクーポン

更にhommee-jp様より、5%割引となるクーポンも頂きました。

クーポンコード: I2CZ95AQ  使用期限 10月31日(月)

ご活用ください。

・Amazon 販売サイト : Ulefone Metal スマートフォン 4G LTE Android 6.0
・Ulefone公式サイト :  Ulefone Metal

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top