物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

Ulefoneから音にこだわった5.5インチフルHDスマホ『Vienna』が発売! いきなり2万円以下でお買い得

広告

中国のスマートフォンメーカーであるUlefoneから、5.5インチフルHDスマホ『Vienna』が発売されました。

Ulefone ViennaUlefone Vienna

細かいスペックは下記を見て頂くとして、画面は5.5インチのフルHD(1920×1080)、Gorillaガラス3、CPUはMediaTek MT6753 オクタコア1.3GHz、メモリ3GB+ストレージ32GBとかなりスペック的には頑張っています。

スペック的には、Ulefone Be Touch3や、Ulefone Powerと言った既存機種とあまり変わらない所もありますが、デザインは一新されています。

売りはそれだけでなく「音」。NXPによりDACとアンプが独立したパッケージとして提供されたものを搭載しています。と・・・書いてあるのですが、音の技術に関して疎いのでここまでにしておきます。分かる人が見たら、きっと良い音の要素なんでしょう。Ulefone Vienna

そんな音も良く、スマホとしての基本スペックヨシ、では価格はというと、いきなり2万円切りで販売開始。(プリセールの特別価格) かなり魅力的なパッケージです。

主要スペック

  • CPU :MediaTek MTK6753 1.3GHz,Octa Core
  • RAM: 3GB
  • ストレージ: 32GB
  • ディスプレイ : 5.5インチ (SHARP製LTPSディスプレイ)
  • 解像度 : 1920 x 1080 (FHD)
  • OS: Android 5.1
  • バッテリー : 3250mAh
  • カメラ: 13MP rear / 5MP front
  • SIMサイズ: Dual SIM (Micro SIM、nano SIM)
  • microSD: あり (最大64GB)
  • USB : microUSB interface
  • WiFi /Bluetooth :802.11 b/g/n 、Bluetooth4.0
  • センサー : GPS, A-GPS, GLONASS, Digital Compass、Hall Effect Sensor, Gravity Sensor, Ambient Light Sensor, Touch Sensor
  • サイズ/重量:  153.5×77.85×8.6mm / 156.0g
  • ネットワーク:2G: GSM 850/900/1800/1900MHz
    3G: WCDMA 900/2100MHz (band8,band1)
    4G: FDD-LTE 800/900/1800/2100/2600MHz(band20,band8,band3,band1,band7)
  • 日本語ロケール: あり(Ulefone Viennaのスペックページに表記あり)
  • その他: 指紋認証センサー搭載、IR、FMUlefone Vienna

写真で見る「Ulefone Vienna」

Ulefone ViennaUlefone ViennaUlefone ViennaUlefone ViennaUlefone ViennaUlefone ViennaUlefone ViennaUlefone ViennaUlefone ViennaUlefone Vienna
Ulefone ViennaUlefone ViennaUlefone ViennaUlefone Vienna

デザインとコスパの両立したスマホ

UlefoneはBe Touch3を持っているのですが、スペック的にはViennaはそのBe Touch3とほぼ同等。デザインは全く違い、ホームボタンがタッチセンサーになっていたり、スマートキーがあってカメラ/ボイスレコーダーが一発起動できたりとだいぶ違いはあります。

せっかく新しいスマホなのですから、CPUが1.7GHzくらいのものを搭載してくれれば良かったのに・・・そこが残念ですが、価格的にも2万円アンダーで買えるのですから、文句言えるレベルではありませんね。Ulefone Vienna

とかいろいろと言いつつも、私はUlefoneのデザインが好きなんですよねー。iPhoneやGalaxyに似せようとか、そういうぱくり方向に行かず、独自にデザインで勝負している感が出ていて応援したくなります。

4/12までの初期プリセール価格なので、欲しい方はお早めに。

ちなみに高速配送である「Expedited Shipping」は941円です。早めに欲しい方はOptionを付けましょう。Expedited Shippingは、DHL/UPSなどの有名国際配送業者となる点と、荷物のトラッキングができるので安心感が違います。

関連ページ

・Ulefone公式サイト :Ulefone Vienna
・GearBest販売サイト: Ulefone Vienna 32GB ROM 4G Phablet
・GearBest : Ulefone Vienna特設サイトVienna (3.29-4.12)
・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.comの買い方ガイド :「中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで」

(最終更新:2016-04-16)コメント2件

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ulefoneは中華スマホらしからぬ、確りとした製品を作るメーカーだと思っています。
    paris使ってますが、10点タッチに対応していますし、同価格帯の他社製品のように画面が黄ばんだりはしてません。
    カメラのイメージセンサーはsony製ではありませんが、業界2位のomnivision(米国メーカーだが数年前に中国資本に買収)を利用しており、まず違いは感じられません。
    こういった所で無駄にブランド料をかけていないんで安いのかなーと思ってます。

    • 私もそう思います。確かにコスパという面ではXiaomiに負けますが、デザインは独自性のあるものだし、スペック面でも「実用的で安いもの」のラインをしっかりわきまえている気がしています。
      仰るようにomnivisionを使っているのもそうですね。

      この後出てくると思われる、ベゼルレススマホUlefone Futureにも期待してます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top