物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【2万円以下に値下げ中】5.5インチハイスペック中華スマホ『Ulefone be touch 2』が登場! このスペックならお買い得

Advertisements

なんだか年中いろんな理由を付けてセールをしているGearBest.comですが、
現在は「クレイジークリスマスフラッシュセール」と題して、12月22日までのプロモーションセール中です。

そんな中から、私が欲しいと思っている中華スマホを3つ選んでみました。
今回は2回目です。『Ulefone be touch 2 4G』。ぶっちゃけ私の中では購入直前・・・だって価格が21,446円。「このスペックで?」という端末ですよ。Ulefone be touch 2

「I am not iPhone6S Plus, Indeed!(iPhone6S Plusじゃない。本当だって!)」というUlefone公式サイトのふっかけ文句どおり(?)、iPhone6S Plusにぱっと見は酷似してますね。意識しているのは間違いないでしょう。ただそれはさておいて、Android端末して単純に見た場合、これはかなーり良い端末なわけですよ。

主要スペック

COUは中華スマホお得意のTediaTekですが、1.7GHzのオクタコア。メモリ3GBとかなり強力。それに5.5インチ+IPS+FUll HDディスプレイは充分なスペックです。SONY製のバッテリーとカメラセンサーを搭載し、LTE対応バンドもB1/B3をサポートしてます。

  • CPU :MTK MT6752 processor Octa core 1.7GHz CPU
  • RAM + ROM: 3GB + 16GB
  • ディスプレイ : 5.5 インチ IPS Gorilla Glass 3
  • 解像度 : 1920 x 1080 pixels 2.5D Screen
  • OS: Android 5.1ベース
  • バッテリー : SONY 3050mAh Lithium-ion Polymer Battery
  • カメラ: 13MP rear / 5MP front
  • SIMサイズ: Micro SIM and Standard SIM(1つはmicroSDと共用)
  • microSD: 最大64GB
  • WiFi /Bluetooth :WiFi802.11 a/b/g/n/ac Support dual-band Wi-Fi(2.4GHz/5GHz) 、Bluetooth4.0
  • センサー : GPS, A-GPS, GLONASS, Digital Compass
    Hall Effect Sensor, Gravity Sensor,
    Ambient Light Sensor,
    Touch Sensor, Digital Compass, OTG
  • サイズ: 158.1 x 77.4 x 8.60(mm) / 160g
  • ネットワーク:GSM: 850/900/1800/1900 (band5,band8,band3,band2)
    WCDMA: 850/900/1900/2100 (band5,band8,band2,band1)
    FDD-LTE: 800/1800/2100/2600(band20,band3,band1,band7)
  • Languages: 日本語ロケールあり(公式ページに画像あり)
  • その他 : 指紋認証センサー搭載(ホームボタン)

『Ulefone be touch 2』 Photo

カラーはメタルグレーとシルクホワイトの2色。Ulefone be touch 2

本体はメタルボディです。Ulefone be touch 2Ulefone be touch 2カメラリングはアルミ素材でデザインにもこだわってます。

Ulefone be touch 2

Ulefone be touch 2Ulefone be touch 2

ホームボタンは本家(?)iPhone6S Plusのように指紋認証センサー搭載です。最近は中華スマホでもミッドレンジ以上は指紋認証センサー搭載が普通になってきました。
Ulefone be touch 2バッテリーは3050mAhと5.5インチとしては過不足無い容量を搭載。
Ulefone be touch 2

日本語ロケールもサポートしているとの事。Ulefone be touch 2

値が下がってきたBe Touch2

Ulefone Be Touch2どうですか? このスペックで2万円ちょっとで買えてしまう恐ろしいスマホです。

しかも現在はChinese New Yaerの為、通常よりも2000-3000円引きの19,935円で販売中。保護シートとケースもついての価格ですからね・・・オトク過ぎます。私はこのセール前にBe Touch3(Be Touch2の廉価版)をたったの1,000円差で買ってしまいました(涙)Ulefone be touch 2 4G
以前紹介した『Meizu Metal』もそうですが、このスペックなら4万円ぐらいの価値はありそうなスマホですよ。

気になる方はお早めに。ちなみに高速配送である「Expedited Shipping」はわずか544円と相当安い。すぐ欲しい方はこちらのOptionを付けましょう。4-7営業日で届く予定で、配送もFedExなどの有名国際配送業者となる為、安心感があります。

関連ページ

・GearBest.com販売ページ : Ulefone be touch 2 4G Phablet
・GearBest.comセール情報 : バレンタインデーパーフェクトセール
・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 5 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Expedited Shippingは一見安いように見えますがあくまで中国国内の送料みたいですよ。
    以前頼みましたが配送がDHLで日本に送るなら追加で30ドル払わないと送れないとのメールが来て、安いEMSに変更したことがあります。

    • そうなんですか?
      私はExpedited Shippingで無事届きました・・・手違いなんですかね?DHLでしたがもちろん追加なしでした。

      んー・・・気になりますね。今度GearBestにも聞いてみます。ありがとうございます。

      • 失礼。GearBestのFAQに書いてありますね。

        http://www.gearbest.com/about/faq.html

        Remote Areas – Delivery
        Can couriers deliver to remote areas?
        Yes, wherever you are, we will be able to deliver the products to you.
        FedEx or DHL might in some cases apply a nominal “remote area charge”. This is very rare but can happen when your delivery address is too far from the main logistics centers.
        If your address is located in a remote area for the courier of your choice, we will contact you to discuss the issue. You will need to pay an extra $30 to cover the remote shipping fees from FedEx or DHL. However, if you do not want to pay any additional fees, we would suggest that you ship your order with EMS (Standard Shipping) or Flat Rate Shipping. We will refund you the difference in shipping fee.

        要約すると、稀にDHLやFedExの拠点から離れすぎている地域には別途配送費用として$30追加請求される場合があると。で、仰るように、もし不満なら無料でEMS配送に切り替えられるとの事です。Expedited Shippingは中国国内だけで適用されるわけではなく、基本的には世界中で適用されるようです。

        私の場合、追加料金が掛からなかった理由が分かりました。
        ありがとうございます。

        後ほど別途記事に反映させて頂きます。

        • 拠点というのは、日本国内のDHLとかのサービスセンターの事ですか?
          と言うことは地方の人は、追加料金が掛かるという事ですか…

          • 恐らくはそういうこと(地方)だと思います。
            ただ私もDHLの中の人ではないので、どこどこだと追加料金がかかるとは残念ながら分かりません。
            DHLやFedEXに聞く方が早いかも知れませんね。

            GearBestとDHLやFedEXがきちんと価格を公表してくれればいいのですが、全世界を相手にしているサイトだと、いちいち各国の細かい料金体系や配送事情までは追い切れないんでしょうね。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top