物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

コスパがいい!スタイラスペン付きタッチ対応11.6インチ2in1ノートPC『VOYO VBOOK V2』が発売!

中国のPCメーカーのVOYOから11.6インチノートPC『VOYO VBOOK V2 』が発売されました。

主な特徴

当サイトではあまりVOYOは取り上げてこなかったのですが、それは「ちょっと価格が高いかな」と思っての事。VBOOK V3シリーズなんて13.3インチで使いやすそうでコンバーチブルな2in1なんですが、4万円前後という価格だと二の足を踏んでしまう。

ただ今回発売されたVOYO VBOOK V2は、3万円前後で、11.6インチのタッチ対応ノートPCとなっていて興味が出てきました。

CPUは最近の安い中華PCでは定番になりつつある、ApolloLake世代のCeleron N3450を搭載。CherryTrail Atomからは格段に性能はアップしているので、ローエンドPCやタブレットがCeleronを搭載しつつあるのは良いことです。RAM 4GB、ストレージは64GB eMMCでこのあたりも最低限ながらも普通に使えるレベルを確保しています。VOYOのノートPCはeMMC+SSDという構成もあるのですが、本機はeMMCのみ。*M.2 SSDが使えるようですが、恐らく要分解

ディスプレイは11.6インチフルHD解像度で10点マルチタッチ対応。付属でスタイラスも添付される。

またいわゆるYOGAタイプのようにディスプレイが回転してタブレットモードにしたり、テントモードで動画閲覧し易い体制にもできる2in1ノートPCとなっています。

主要スペック

  • CPU :Intel ApolloLake世代 Celeron N3450 Quad Core 1.1GHz
  • RAM: 4GB
  • ストレージ: 64GB eMMC
  • ディスプレイ : 11.6インチ 1920×1080 フルHD IPS液晶
  • OS: Windows10
  • バッテリー :12000mAh
  • microSD : MAX 256GB
  • カメラ: 前面 2MP
  • WiFi /Bluetooth :WiFi802.11a/b/g/n 、Bluetooth4.0
  • サイズ: 28.70 x 19.60 x 2.00 cm/ 1240g
  • インターフェース : USB3.0  x1 、USB2.0 x1 、DCジャック、microHDMI x1 、ヘッドホンジャックx1 ※SIMスロットあり。但し使用不可。

イメージ/フォト

性能はスタンダードでタッチ/ペンが使いたい人なら

個人的にノートPCでもタッチ対応があるのが好きです。Chrome等のブラウザのスクロールをディスプレイ触りながら微妙に動かせるし、スタイラスペンがあれば人に見せて説明する時も「ここがねー」とか示しやすい。

そんな理由もあって、Surface Pro3とかSurface BookとかDELl XPS13とか使い続けてきたわけですが、10万円越えのハイスペックPCじゃなくても、やりたいことはたいした事ではないし、タッチ/ペンが使えてライトユースでいい。だから価格もほどほどのノートPCが欲しいというような層は間違いなくあると思います。そういう方向けとしてVBOOK V2は向いているでしょう。

価格はGearBest で約3.3万円で販売中です。GearBest 販売ページ: VOYO VBOOK V2 Notebook

以下は記事執筆時点でのその他サイトも含めた価格比較です。Geekbuyingが一見安いですが、配送料が・・・GearBest もセールで3万円切ることが多いので、そのタイミングを狙う方が良いと思います。

販売サイト 価格 有償配送費用 配送会社
GearBest 33998円 0円 Priority Line(国内は日本郵政/佐川/クロネコ)
TOMTOP DHL
Banggood EMS
Geekbuying 27375円 3560円 EMS

※販売サイト名をクリックすると、各販売ページに行けます。
価格はあくまで記事作成時点でのものですので、最新価格は直接サイトで確認してください。(セール等で思いの外安くなっている場合もあります)

配送オプションですが、もし買うなら有償配送がお勧めです。通常の無料配送では10-25営業日かかりますので、早くて2週間、遅い場合は1ヶ月半かかります。すぐ欲しい方はEMSやExpedited Shipping=高速配送のOptionを付けましょう。4-9営業日で届く予定で、配送も日本国内では日本郵政が配達となる為、安心感があります。またEMSの場合は遠隔地配送料=Remote Area Feeも掛かりませんので、地方の方には特にお勧めです。GearBest のPriority Lineは無料でこちらも国内では主要配送業者が配達するので安心です。

関連ページ

・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.comの買い方ガイド :「中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで」
・Banggoodでの買い物の仕方 : Banggoodで買って輸入してみよう~買った商品が届くまで
・GeekBuyingの紹介 : GeekBuyingでガジェット輸入してみる? 中国のガジェット通販サイトGeekBuyingの紹介
・GeekBuyingの買い方ガイド : GeekBuyingの買い方ガイド~ユーザー登録から決済手続きまでやってみた
・TOMTOP買い物ガイド :TOMTOPでの買い物の仕方~日本語もあるので輸入も比較的簡単~

(最終更新:2017-06-03)コメント0件

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top