物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

Snapdragon835/デュアルカメラ/防滴『Xiaomi Mi 6』発表! 特徴を発表会風に解説してみた

広告

中国XIIAOMIからフラッグシップスマートフォン「Xiaomi Mi 6」が発売されました。本日行われた発表会風に特徴を解説していきます。

カラー/デザイン

Mi6のイメージカラーはメタリックブルーxゴールド。デュアルレンズカメラ搭載です。指紋認証兼ホームボタンも有ります。他にもホワイト、ブラックが用意され、、、、シルバーモデルも存在しています。
背面はMi5のような綺麗なカーブを描いている。ただサイドだけでなくディスプレイ側のサイド端もカーブさせてベゼルを最小限にしています。但しイヤホンジャックは無い。(と思われます。画像より判断)

SoC/RAM/ROM/ディスプレイ

特徴はたくさん有るのですが、まずは基本スペックから。SoC(CPU)はSnapdragon835でで最大2.45GHz オクタコア。RAMは6GB、ストレージは64GB/128GB版です。

AnTuTuスコアは18万超え。

ディスプレイは5.15インチで解像度はフルHD(1920×1080)と、このあたりはMi5 / Mi5sを踏襲しています。

バッテリーは3350mAhを搭載し、このサイズのスマートフォンとしては大容量。

デュアルレンズカメラ/スピーカー

特徴的なのはデュアルレンズカメラで、背面に12MPx2を搭載し、ポートレートモードと光学2倍ズームをサポートします。更に4軸補正もあり、手ぶれを大幅に軽減。スピーカーはステレオ。

防滴仕様

Mi6は防滴仕様です。IPXレベルの防水であれば「Water Registant」と言うと思いますので、恐らく防滴レベルでしょう。これによりSIMスロットもシールドされています。

セラミックバージョン

特別仕様版として、セラミックバージョンが投入されます。セラミックはXiaomi Mi MIX等でも採用されていてXiaomiのお得意分野。MI MIXのような18K Goldをカメラリングに採用しています。

価格と発売日

価格は、以下の通り。 このスペックとしては異様に安い。
64GB 版 : 2499元(日本円で約39,500円)
128GB 版: 2899元(日本円で約45,800円)
セラミックバージョン128GB 版: 2999元(日本円で約47,400円)

発売日は、2017年4月28日。

主要スペック

発表会で判明しているスペックです。

  • CPU :Qualcomm Snapdragon835 2.45GHz オクタコア
  • RAM: 6GB
  • ストレージ: 64GB / 128GB
  • ディスプレイ : 5.15インチ フルHD解像度(1920×1080)ディスプレイ
  • OS: MIUI (Android 7.0ベース)
  • バッテリー : 3350mAh
  • カメラ: リア デュアルレンズカメラ12MP 光学2倍 /フロント 8MP
  • SIMサイズ: Dual sim Dual Standby, nano SIMx2
  • microSD: 無し
  • USB : USB Type -C interface
  • WiFi /Bluetooth :802.11 a/b/g/n/ac MIMO/ Bluetooth5.0
  • サイズ/重量:  145.17 x 70.49 x 7.45 mm / 168g *セラミックバージョン 182g
  • ネットワーク:FDD-LTE(B1、B3、B5、B7、B8)
    TD-LTE(B38、B39、B40、B41)
    TD-SCDMA(B34、B39)
    WCDMA(B1、B2、 B5、B8)
    GSM(B2、B3、B5、B8)
    CDMA1X / EVDO(バンドBC0)
  • 日本語ロケール: 不明(恐らく無い)
  • カラー : ブルー/ブラック/ホワイト/シルバー/セラミックバージョン
  • その他 : 指紋認証/NFC

フォト/イメージ

関連ページ

・メーカー公式ページ : 小米6 (中国語)

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 居着いたガジェオタ

    あー、やっぱりディスプレイは曲面ガラスになっちゃったんですね、、、見た目がかっこよくなる以外のメリットを具体的に教えて欲しいところです。
    しかし相変わらずコスパがエグいですね。そこは流石シャオミ。
    ステレオになっているところと、防沫仕様になっているところもポイント高いですね。個人的にmi5の不満点はその2点だったので嬉しい。
    まぁ、新たな不満点が出てきましたが(笑)
    なかなかニーズを100パーセント満たすものは出てこないものですねぇ。
    愛用のmi5がハードに使いすぎて電池がへたってきたので、mi5と同じくらいの値段になったら買ってもいいかな。

    ところで、こないだ買ったiphone7があまりにも高速で動作する上にApple Payが便利すぎて、キャリア端末はもうAndroidに戻れなくなりました。
    まだここまでAndroidと性能差があったんですね。あの動作性能にApple Payなんて最強じゃないか、、、

    • なんかスマホへの期待値が似てますね(笑)
      派手さは控え目ですが、防滴、ステレオと、正常進化してますし、価格次第ではなかなか良さそうですよね。

      iPhone 7買いましたかー。性能はピカイチなので、デザインとiOSさえ気に入れば最強ですね。ホームボタンもありますし。

  2. イヤホンジャックが無いところまでiphoneを真似なくてもいいのに……と思いましたけれども社会の流れなんでしょうか、そのうちbluetoothが当たり前で有線は物好きの趣味みたいになってしまうんですかね…
    基本的に悪くは無くて、ただ魅力的かと聞かれると僕はあまり惹かれないですね…そろそろスマホを買い換えようと思ってましたけどこれならmi5でいいかなぁ…

    • 初めましてー
      イヤホンジャック廃止は確かに痛いですね。
      私も「レガシーだからと言って切り捨てるな派」なので、悪いAppleの真似はして欲しくなかったですが、多分防滴対策とコストの影響だと思いますので、やむなしかな。
      Mi6に関しては、インパクトが薄いところは致し方ないかなと。稼ぎ頭シリーズですから、防滴やステレオスピーカー、デュアルレンズカメラなど地味に強化された性能で真面目に作られているような気がします。Xiaomiは他のシリーズもありますし、派手さはそちらに期待ですね。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top