物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【レビュー前編】スナドラ821で4万円台~という抜群のコスパ!5.7インチXiaomi Mi5S Plusレビュー 開梱~外観チェック編

Xiaomiのフラッグシップスマホ『Xiaomi Mi5S Plus』のレビューです。Xiaomi Mi5S Plusレビュー 厳密には「フラッグシップの一角」という表現が良いのかも知れませんね。既にXiaomi Mi Note2と話題のMI MIXが発表され、ちょっとこのMi5s Plusが霞んでしまってますが、Mi5sとMi5s Plusがスタンダードなハイスペックスマホ、Mi MIXとMi Note2が尖ったスマホという様な役割になるのでしょうね。共にSnapdragon821と最高レベルのSoCでなので性能的な優劣はあまり無いと思います。

そして尖った方はその分価格も高めですが、このMi5s兄弟はスペック割りにコスパの良いスマホという立ち位置になっています。

今回のMi5s Plusレビューですが、GearBest様のご提供によりレビューさせていただきます。グレードはハイエンドの6GB RAM+128GB ROM版です。こちらは価格的には6万円台ですが、4GB版なら4万円台で買えるコスパが素晴らしいスマホです。Xiaomi Mi5S Plusレビュー

主要スペック

ディスプレイは5.7インチフルHDと、ハイエンドならWQHD(2K)レベルを期待したいところですが、実際5.7インチのディスプレイでその違いが歴然と分かるわけでは無いので、これは必要にして十分なレベル(コストも加味して)をキープしたという所でしょう。

しかしその他はハイエンド端末と言えるもので、Snapdragon821はスマホとしては現時点で最高のものです。RAMも4GB版(64GB ROM)と、6GB版(128GB)があり、必要と価格に応じて選べる。ただMicroSDは非搭載の為、64GBで不足な人は128GBという選択になる。

また、同社のRedmi Proと同様に1300万画素デュアルレンズカメラを搭載しているのも特徴の一つ。

これだけのスペックなら、まず遅い・使えないというアプリもほぼ無いはずで、ストレスフリーのスマホ環境が整うでしょう。

  • CPU :Snapdragon 821 クアッドコア2.35GHz
  • RAM+ROM: 4GB+64GB / 6GB+128GB *ストレージはUFS2.0
  • ディスプレイ : 5.7 inch Full HD (1920 x 1080) 386ppi
  • OS: MIUI 8 (Android 6.0ベース)
  • バッテリー : 3800mAh
  • カメラ: 1300万画素デュアルレンズ リア / 400万画素 フロント
  • SIMサイズ: Dual sim Dual Standby, nano SIM x2
  • microSD: 無し
  • USB : USB Type-C interface
  • WiFi /Bluetooth :802.11 a/b/g/n/ac 、Bluetooth4.2
  • サイズ/重量:  154.6 x 77.7 x 7.95 mm / 168.0g
  • ネットワーク: 2G: GSM B2,B3,B5,B8; CDMA1X / EVDO( BC0)
    3G: WCDMA: B1,B2,B5,B8; TD-SCDMA: B34,B39
    4G: FDD-LTE B1/B3/B5/B7; TD-LTE: B38,B39,B40,B41
  • その他 : 指紋認証センサー/ NFC

開梱

Mi5s/Mi5s Plusから、Xiaomiは箱のデザインをシンプルにしてきました。Xiaomi Mi5S Plusレビュー やはりiPhoneを意識している感じはありますね。

同梱物は、簡易マニュアル、USB TYPE-Cケーブル、USB充電器、純正ケースとなっている。Xiaomi Mi5S Plusレビュー

USB急速充電器は、5V-3Aのもので、コンセント形状は日本でも使えるタイプ。

画面には保護フィルムが貼られていて、剥がして使う事になる。中国の端末はこの下にも保護フィルムが貼ってあるものも多いのですが、Xiaomiは貼ってありません。保護フィルムが欲しければ別途購入が必要です。Xiaomi Mi5S Plusレビュー

外観チェック

ここからはざっと外観チェックをしていきます。

前面の画面側は、上部に400万画素のインカメラ、下部にナビゲーションボタンがある一般的なAndroidスマホの仕様。Xiaomi Mi5S Plusレビュー ただ「一般的な」だけあり、驚きとか高揚感みたいなものは全く感じないのが少し残念。Xiaomi Mi5S Plusレビュー5.15インチのMi5sは、ホームボタン+指紋認証という組み合わせになっており、利便性の面でも少なくとも私は負けていると思う。もちろんこれは5.7インチでも下ベゼル幅をできる限り少なくし、重量/サイズのコンパクト化を狙った為なのは分かります。これは好みの問題でしょうし、良い悪いではないのですが、私はホームボタン+指紋認証が好きなのでできればそうして欲しかっただけです。

下部側面のコネクタはUSB TYPE-C。
Xiaomi Mi5S Plusレビュー

左サイド。こちらにはSIMカードスロットがある。SIMスロットを開けるとnano SIMx2のDualSIMトレイが出てくる。nano SIMx2を入れる事で、4G+3GのDSDS(Dual SIM Dual Standby)ができる。Xiaomi Mi5S Plusレビュー

右サイド。こちらには電源ボタンとボリュームボタンがある。Xiaomi Mi5S Plusレビューボタンはクリック感も軽快で、押し応えがいい。

上部には、イヤホンジャックと、IR(赤外線)ポートがある。
赤外線は、プリインストールされているMi Remoteを使うと家電コントロールができる。

背面。上部に特徴的な1,300万画素x2のデュアルレンズカメラがあり、その下に指紋認証センサーがある。Xiaomi Mi5S Plusレビュー

Redmi Proから引き継がれた(?)ギラギラのヘアライン加工デザインは、多少大人しめになり、派手さは少し抑えられる。ただそれでもまだちょっと派手かな。Xiaomi Mi5S Plusレビュー
20代ならいいけど、40代の方が使うとなると、少し目立ちすぎ。

デュアルレンズカメラ等使ってみた編】に続きます。

Xiaomi Mi5S Plusの価格

このXiaomi Mi5S Plusは、6GB RAM + 128GB ROM版がGearBestで60,515円という価格で発売しています。※価格は記事作成時点Xiaomi Mi5S Plusレビュー GearBest・GearBest販売ページ: Xiaomi Mi5S Plus 6GB RAM+128GB ROM版

ここまでの容量とRAMは要らないという方なら、4GB RAM版(64GB ROM)が良いでしょう。こちらは4万円台で販売中。Xiaomi Mi 5s plus・GearBest販売ページ: Xiaomi Mi5S Plus 4GB RAM+64GB ROM版

個人的にはスマホに6GBも必要なほど使い込んだりしない(ゲームもあまりしない)人なら、充分4GB RAM + 64GB ROMで良いと思う。しかしMicroSDスロットが無いので、64GBで足りないという方は128GB版を選ぶしかありません。

FDD-LTEは B1/B3/B5/B7と、docomo系でB1/B3が使える程度で首都圏/都市部以外は少し心細いですが、それでも5.7インチの超ハイスペック端末を格安で使えるという利点は大きいと思います。

GearBestからの輸入送料は高速配送の「Expedited Shipping」(DHL)がなんと0円(無料)と驚きの設定。是非ともこのオプションを付けましょう。
通常の無料配送では15-20営業日かかりますので、早くて2週間、遅い場合は1ヶ月かかります。すぐ欲しい方はこのExpedited Shipping=高速配送のOptionを付けましょう。4-7営業日で届く予定で、配送もDHLやUPSなどの有名国際配送業者となる為、安心感があります。

GearBestでの購入方法などは、下記記事に取り纏めていますので、参考にしてください。
・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.comの買い方ガイド :「中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで」

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top