物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

Xiaomiはローエンドラインも縦長ディスプレイ『Xiaomi Redmi 5』発売~スナドラ450で150ドル未満とハイコスパ

広告

中国のスマートフォンメーカー Xiaomiが、ローエンドシリーズの最新作となる「Xiaomi Redmi 5 / 5 Plus」を発表しました。

この兄弟のうち、Redmi 5を紹介。

Redmi 5の特徴

Redmi 5とRedmi 5Plusの違いは以下主要スペックの項で比較していますので細かい部分はそちらをご覧ください。

Redmi 5は、5.7インチでいわゆるインフィニティディスプレイと呼ばれる縦長液晶で、アスペクト比18:9で解像度はHD+(1440×720)です。Xiaomiはローエンドラインにも縦長ディスプレイで攻めてきましたね。価格は後ほど書きますが、150ドル程度で販売開始の為、かなりリーズナブルです。

SoC(CPU)はSnapdragon450で、4xxシリーズはローエンドという位置づけですが、450はミドルにかなり近い製品と言われています。Snapdragon435比で25%性能が上がっていると言われているので、AnTuTuベンチマークでは50000点オーバーぐらいでしょうか。

RAM+ROMは、2GB+16GBと3GB+32GBの2構成で販売されます。

カメラはリアが12MP、フロントが5MPとこのあたりはあまり攻めずに普通です。またUSB端子もmicroUSBで、こちらも低価格端末なので仕方ないでしょう。

ですが、価格を考えればやはりハイコスパで、150ドル程度で縦長ディスプレイ且つスナドラ450でミドルに近い性能を出されると、この価格帯に近い製品は淘汰されてしまうのではないかと心配になります。

主要スペック : Redmi 5 vs Redmi 5 Plus

製品 Xiaomi Redmi 5 Xiaomi Redmi 5 Plus
ディスプレイ 5.7インチ HD+(1440×720) 5.9インチ フルHD+(2160×1080)
CPU Snapdragon 450, Octa Core 64bit 1.8GHz Snapdragon 625 Octa-core processor, 2.0GHz
RAM 2GB / 3GB 3GB / 4GB
ROM 16GB / 32GB 32GB / 64GB
OS MIUI 9 based on Android 7.1
カメラ リア1200万 / フロント500万画素
バッテリー 3300 mAh 4000 mAh
ネットワーク Wi-Fi 802.11 b/g/n
Bluetooth 4.2 ,NFC
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
Bluetooth 4.2 ,NFC
SIMスロット nano SIM x2
デュアルスタンバイ
SDカードスロット 有り : 最大128GB (nano SIM x1と共用)
3G/
4G(LTE)
2G: GSM B2/B3/B5/B8, CDMA2000/1X BC0
3G: WCDMA B1/B2/B5/B8, TD-SCDMA B34/B39
4G: FDD-LTE B1/B3/B5/B7/B8, TD-LTE B34/B38/B39/B40/B41
2G:GSM 2/3/5/8
2G:CDMA 1X BC0
3G:CDMA 2000 BC0
3G:WCDMA 1/2/5/8
3G:TDS-CDMA 34/39
4G:TDD-LTE 34/38/39/40/41
4G:FDD-LTE 1/3/5/7/8
サイズ 151.8*72.8*7.7mm 158.5*75.45*8.08mm
重さ 157g 180g
その他 ・USB : microUSB
・指紋認証センサー
カラー ブラック、ピンク、ゴールド、ブルー ブラック、ピンク、ゴールド、ブルー
サポート言語 English, Traditional/Simplified Chinese English, Traditional/Simplified Chinese

フォト/イメージ

価格はハイコスパ

気になる価格ですが、Geekbuyingで予約販売(プリセール)がスタート。RAM+ROMの構成が2GB+16GBで149.99ドル、3GB+32GBが169.99ドルです。

販売ページ

以下、3GB + 32GB版の各販売サイトの価格を比較です。

販売サイト 価格 有償配送費用 配送会社
GearBest 26513円 304円 Priority Line 5-9営業日配送(国内配送は佐川急便)
TOMTOP DHL
Banggood 179.99ドル 1.1ドル Japan Direct Mail 3-9営業日配送
Geekbuying 19881円 5.27ドル EMS

※販売サイト名をクリックすると、各販売ページに行けます。価格はあくまで記事作成時点でのものですので、最新価格は直接サイトで確認してください。(セール等で思いの外安くなっている場合もあります)

配送オプションですが、もし買うなら有償配送がお勧めです。通常の無料配送では10-25営業日かかりますので、早くて2週間、遅い場合は1ヶ月半かかります。すぐ欲しい方はEMSやDHL配送のOptionを付けましょう。DHLは3-5営業日で届く予定で、配送費用も5.88ドルとリーズナブルです。
またEMSの場合はDHLより配送は若干遅い(7-15営業日)で配送料がDHLとほぼ同じ(5.27ドル)ですが、遠隔地配送料=Remote Area Feeも掛かりませんので、地方の方には特にお勧めです。

セール/クーポン情報

Geekbuyingで使えるクーポンです。

クーポンコード : ONGIMFDW  $144.99 (カラーはゴールドのみ)

販売ページ

関連記事

・公式ページ : Xiaomi Redmi 5 / 5Plus
・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.com買い方ガイド : 中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで
・Banggoodでの買い物の仕方 : Banggoodで買って輸入してみよう~買った商品が届くまで
・GeekBuyingの紹介 : GeekBuyingでガジェット輸入してみる? 中国のガジェット通販サイトGeekBuyingの紹介
・GeekBuyingの買い方ガイド : GeekBuyingの買い方ガイド~ユーザー登録から決済手続きまでやってみた
・TOMTOP買い物ガイド :TOMTOPでの買い物の仕方~日本語もあるので輸入も比較的簡単~

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)