物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【12% OFFクーポン追加】怪物『Xiaomi Mi5』登場! 最高スペックのものはAnTuTuスコアも桁が違う!14万スコア

※クーポンコード更新しました! まだまだ現役で使える機種をお安く買えます

先日のMWC2016にて発表されたばかりの「Xiaomi Mi5」。Xiaomi Mi5
こいつの凄い所は、なんとAnTuTuのベンチマーク史上トップの142,804というスコアをたたき出したこと。
Xiaomi Mi 5
その後抜かれましたが、同時期に発表されたGalaxy S7/S7 Edge(11万)、LG G5(13万)と言ったメジャースマホメーカーをもスコアで軽く打ち負かしているとして話題になりました。

やはり凄いのはSnapdragon820というスマホ界最高レベルのSoC(CPU)を搭載している点でしょうね。Xiaomi Mi5
それと最高スペックバージョンは、RAM 4GB、ストレージ128GBと、もはや「それSurfaceですか?」と聞きたくなるぐらいの高スペック。Xiaomi Mi5
画面サイズは5.15インチとちょっと見慣れないサイズで、FullHDです。実物を見たわけではありませんが、ベゼルレスデザインは美しいです。

カラーはブラック/ホワイト/ゴールドがあります。Xiaomi Mi5全体的な印象は、背面の湾曲と、ホームボタンの形状からGalaxy S6やS7あたりに近い気がしますね。Xiaomi Mi5

ちなみに32GB版/64GB版もあり、そちらのほうが価格的にも実用的でしょう。

主要スペック

  • CPU :Qualcomm Snapdragon 820 64bit Quad Core
    3G RAM / 32GB ROM版 : 1.8GHz
    3G RAM / 64GB ROM版 : 2.15GHz
    4G RAM / 128GB ROM版 : 2.15GHz
  • ディスプレイ : 5.15 インチ
  • 解像度 : 1920 x 1080 pixels 428ppi
  • OS: Android 5.1
  • バッテリー : 3000mAh
  • カメラ: 16MP rear / 4MP front
  • SIMサイズ: Nano SIM x2
  • microSD: 無し
  • USB : Type-C interface
  • WiFi /Bluetooth :802.11 a/b/g/n/ac 、Bluetooth4.2
  • センサー : Infrared sensor, Light sensor, G-sensor, Proximity sensor, Hall Sensor, Gyroscope, Electronic Compass, Accelerometer and Barometer
  • サイズ/重量: 144.55mm x 69.2mm x 7.25mm / 129g
  • ネットワーク:2G: GSM 850/900/1800/1900MHz
    3G: WCDMA 850/900/1900/2100MHz
    4G: FDD-LTE 1800/2100/2600MHz
  • Languages: English, French, Spanish, Russian, German, Italian, Portuguese (日本語にする為にはMoreLocale2等が必要と思われます)
  • その他: QuickCharge3.0対応、NFC、指紋認証、USB TYPE-CXiaomi Mi5Xiaomi Mi5Xiaomi Mi5

写真で見る『Xiaomi Mi5』

Xiaomi Mi5Xiaomi Mi5Xiaomi Mi5Xiaomi Mi5Xiaomi Mi5Xiaomi Mi5Xiaomi Mi5Xiaomi Mi5Xiaomi Mi5Xiaomi Mi5Xiaomi Mi5Xiaomi Mi5Xiaomi Mi5Xiaomi Mi5Xiaomi Mi5Xiaomi Mi5

最低スペックが4万円ちょっとで買える恐ろしさ

Xiaomi Mi5には3モデルが存在するわけですが、最低スペックモデルは40,000円ちょっとで買えてしまいます。

「中華スマホの割には割高だな」と思う部分もありますが、Snapdragon820と、3GBメモリ、ストレージ32GBと、”最低スペック”とは言っても、普通にハイエンド性能。これで4万円は世界的に見ても異様に安い。RAM4GB+ROM64GB版で46,717円。こちらだと恐らくAnTuTuのベンチマークスコアは14万のモデルに近いはず。128GB版は52572円ですが、ストレージにここまで要らない人は多いと思いますので、売れ筋は32GB版/64GB版になるでしょう。私なら64GB版買いますね。

日本人なので日本メーカーを応援したいのですが、同時期に発表されたXperia Xシリーズを見てしまうと、スマホに関しては日本はもう後進国なんだなと痛感させられます。日本のメーカーが目指すべき立ち位置は、AppleやSamsungではなく、Xiaomiのような安価でありながら高スペックのものを作れるという事を見せるべきじゃないのかと私は思っているので、XIAOMIの勢いを見ると本当に羨ましくなります。

さてXiaomi Mi5は現在セール中。カラーによって価格は違うが、それにしてもSnapdragon820でこの金額で買える端末は無いでしょう。XiaoMi Mi5ちなみに高速配送である「Expedited Shipping」はわずか544円です。通常の無料配送では10-25営業日かかりますので、早くて2週間、遅い場合は1ヶ月半かかります。すぐ欲しい方はExpedited Shipping=高速配送のOptionを付けましょう。4-7営業日で届く予定で、配送もDHLやFedExなどの有名国際配送業者となる為、安心感があります。

クーポンコード

Banggoodで使えるクーポンコードを頂きました。

4GB RAM + 128GB ROM *12% Off

クーポンコード: mi512817Banggood 販売ページ:Xiaomi Mi5 Pro 5.15-inch 4GB RAM 128GB ROM Snapdragon 820

関連ページ

・GearBest.com販売ページ : XiaoMi Mi5 5.15 inch 4G 32GB版 / 64GB版 / 128GB版
・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.comの買い方ガイド :「中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで」
・GeekBuyingの紹介 : GeekBuyingでガジェット輸入してみる? 中国のガジェット通販サイトGeekBuyingの紹介
・GeekBuyingの買い方ガイド : GeekBuyingの買い方ガイド~ユーザー登録から決済手続きまでやってみた
・Everbuyingの買い方ガイド :中国のガジェット通販サイト『Everbuying』で安く中華デバイスを買ってみよう
・Banggoodの買い方ガイド :Banggoodで買って輸入してみよう~買った商品が届くまで

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. スペックは素晴らしいんでしょうけど、スペックをみる限りでは液晶がAMOLEDじゃない、microSDが使えない、ネットワークの対応周波数帯が少なめ、フロントカメラが4MPは最近のハイスペックスマホと比較すると少ない、デザインがGalaxy S6寄りでオリジナリティがない、などが残念ポイント。
    おそらくS7/S7 Edgeが10万近い金額で出るだろうことを考えると価格面での優位性はすごいと思うんですけど、どこまで自分で割り切れるかですよね。
    正直車でもそうですけど安くてすごくスペック高いから買うべき、というのではなく、自分がポイントとなる部分が満たされているかどうかが一番大事なことですから。

    • どこまで割り切れるか>>
      確かにそうですねぇ。Galaxyの半額で手に入ると考えるか、どうせならGalaxyが欲しいと考えるかで評価は断然違います。私もMi5を買うかと言われれば正直微妙です。

      5万円という価格だと、さすがに二の足を踏みますし、日本ならヤフオク等で探せば5万円くらいなら新品(Galaxy)で買える可能性もありますしね。

      ただ、デザインが似てるという面を取っ払って考えたら、近いモノを半値で作って売れるというのは凄い事なわけで・・・こういうとこがオリジナリティを出してそれが世に認められたら怖いなとは思います。

      それにXiaomiが出すスマホは業界を引っかき回すぐらいの衝撃が毎回あるので、買う・買わないは別にして、残念ながらSONYの新製品発表よりはワクワクします。

      Mi5はいまは5万円越えですが、Xiaomiはだんだん値が下がるので、恐らく最終的には4万円切った価格になると思います。そうなると、魅力は大きいかなと思ってますよ。
      まぁ技適の問題、周波数の問題はありますので、中華スマホは万人に勧められるものではありませんが、安く良いものをという点に関しては、アリだと思います。

  2. By 和風総本家

    2億4843万円のスマホという記事タイトルがインパクトありすぎて内容が入ってこねぇぜ・・・!

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top