物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

ズルトラ後継(?)のXperia C5 UltraとXperia Z Ultraをスペック比較!どれだけ進化したか?

SONYから『Xperia C5 Ultra』というグローバルモデルが発表されましたが、気になるのはズルトラことXperia Z Ultraからの進化度。

ズルトラ登場から2年が経過している中で、Xperia C5 Ultraが発表され、2年でどれだけ変わったのかをスペックから見て行きたいと思います。Xperia C5 Ultra とXperia Z Ultraの比較

スペック比較

製品 Sony Xperia C5 Ultra Sony Xperia Z Ultra
ディスプレイ 6インチ 1,920×1,080
Full HD IPS液晶
6.4インチ 1,920×1,080
Full HD TFT液晶
CPU MediaTek MT6752 (Coratex-A53) Octa-core 1.7GHz Qualcomm Snapdragon 800  クアッドコア 2.2GHz
RAM 2GB 2GB
ROM 16GB 32GB
OS Android 5.0 Lollipop Android 4.2
カメラ 前面 1300万画素/
背面 1300万画素
前面 220万画素/
背面 810万画素
バッテリー 2930 mAh 3050 mAh
ネットワーク Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
Bluetooth 4.1,
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.0,
SIMスロット nano SIM x1 nano SIM x1
SDカード microSD (最大200GB) microSD (最大64GB)
サイズ 縦164.2/幅79.6/厚み8.2 mm 縦179/幅92/厚み6.5 mm
重さ 187g 212g
防水 ×
連続待受時間 約769時間 約740時間(3G) /
約710時間(LTE)

ズルトラのCPU性能が高すぎる

2年前とは思えないほど、ズルトラ(Xperia Z Ultra)の2.2GHz Quad Coreは性能が良すぎます。
C5 Ultraはミッドレンジスマホとは言え、先日発売されたばかり。1.7GHzのオクタコア(8 core)とは言え性能では負けてます。
さすがは最高峰のZシリーズだけはあります。

カメラはC5 Ultraが圧勝

さすがに2年の歳月でカメラの性能とトレンドが変わり、背面もC5が1300万画素、ズルトラが800万画素で完敗。
C5 Ultraはフロントにも1300万画素の自撮り用カメラを搭載しています。
ズルトラは前面200万画素カメラという事で相当古臭さを感じます。

ただXperiaのカメラ性能はもともと「綺麗」と言われているだけあって、800万画素のズルトラでも十分綺麗なんですけどね。
しかしC5 Ultraはカメラ性能にも特化している部分もありますので、この勝負はC5 Ultraの勝ち。

サイズもC5 Ultraがダントツにイイ

サイズは表のとおりですが、改めて以下比較してみました。

Sony Xperia Z Ultra
縦179/幅92/厚み6.5 mm
Sony Xperia C5 Ultra
縦164.2/幅79.6/厚み8.2 mm
ズルトラ比
-14.8mm/幅-12.4mm/厚み+1.7mm

と、Xperia C5 Ultraはズルトラより縦方向で約15mm,幅も12mmもコンパクト筐体に仕上がりました。
これが一番の差ですね。
画面サイズが、ズルトラ6.4インチ、C5 Ultraが6.0インチという差があるにしても、ズルトラは縦方向にも横方向にもでかすぎた端末でした。Xperia C5 Ultra

厚みは若干増えてしまいましたが、1.7mm程度では手に持った感触ではあまり分からないかもしれません。
そもそもズルトラは薄すぎた所もありますので、C5 Ultraではちょうどいい感じに出来上がっています。

25gも軽くなった端末重量

重かったズルトラはもう居ません。C5 Ultraでは187gと6インチ端末としてはGoogle Nexus6(184g)とほぼ同じ重量。
これぐらいなら片手持ちで操作も可能です。
(もちろんズルトラも片手で操作できないことはないのですが、、、、かなりの力技が必要でした)xperia-c5-ultra-the-smartphone-thats-so-you-e44ec902918336adcc3bcc7460031ae6

防水対応のズルトラは立派

ここ2年の間に、6インチ前後のスマホはいくつも出てきています。nexus6やiPhone6 Plus、Ascend Mate7やZenFone5など。
しかし防水対応モデルというのは、nexus6がわずかに「防滴」レベルであるだけで、ほぼ全てが非防水。
そして、C5 Ultraも非防水。

そんな中、ズルトラは防水対応スマホ。
よくよく考えれば当時ファブレットと言われていた時代で、こんな端末を防水にする意味はあまり無かった(オーバースペック)のかもしれない。
でも「Zシリーズはひと通り防水にする」というコンセプトの元、ズルトラも防水にされたのですが、いまを持ってしても稀有な端末です。
それだけに今までズルトラが多くの人達に愛用されてきたのも頷ける。

この防水についてはズルトラの完勝。

スペック比較まとめとXperia Z5 Ultraへの期待

2年の歳月で進化した部分(カメラ・サイズ・重量)ではC5 Ultraが圧勝。
でもズルトラも基本スペックを見てみると、2年の歳月を感じさせないハイスペックモデルであることが分かります。
このあたりはさすがZの名を付けるだけのことはあります。前述の防水についてもそう。
これだけスマホが生活に浸透してくると、水中で使うというよりも、生活防水レベルは最低でも必要なのです。
うっかり水をこぼしてしまったとか、洗面所で水がかかったとか、そういうことも想定してあるズルトラはさすがです。

でもサイズ面では少しだけ非現実的な部分もあり、メインスマホとして使う人にとっては「デカすぎた」端末だった。
そこでC5 Ultra。

6.4インチから6.0インチとサイズダウンはしましたが、6インチは私が考えるに、メインスマホとしても最大の最適サイズなんじゃないかと思う。
6.4インチというサイズは時代を先取りしすぎて、タブレットとスマホの中間として位置づけるには良いサイズでしたが、ここ2年の間に「ファブレット」という言葉は風化し、中途半端なサイズは売れなくなった。しかしスマホは次第に大型化の傾向があり、どうも6インチがMaxサイズと言ってもいいくらい、各社6インチ止まりのスマホサイズ。
でもそれがちょうどいいのです。

2015/9/2には、ソニーがプレスカンファレンスを予定していて、そこで「Xperia Z5リーズ」の発表が濃厚との噂です。
d0ef9517622f33f76dab67f642dfb9342
自分としては、Xperia C5 Ultraの性能でも十分ですし、価格的にも4万円台というのは魅力的なのですが、できたらハイスペックスマホ『Xperia Z5 Ultra』を発表していただきたいもの。

※XPERIA Z5 Ultraは残念ながら発表無し。Z5 Premium(5.5インチ)しかありませんでしたね。と言うことで私はXPERIA C5 Ultraを買ってしまいました。なかなか良いですよ~

XPERIA C5 Ultra関連記事はこちら

XPERIA C5 Ultraとnexus6を実機で比較レビュー[前編]
XPERIA C5 Ultraとnexus6を実機で比較レビュー[後編]
XPERIA C5 Ultraに格安ガラス液晶保護フィルムを貼ってみた
噂のSONY XPERIA C5 Ultraを買ってみた!ファーストレビュー!
その他XPERIA C5 Ultra関連記事

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 12 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By ズルトラ使い

    突然のコメント失礼します。
    いつも楽しく拝見しております。

    C5ウルトラ、魅力的な個体に仕上がってますね!
    海外のxperiaは魅力的な商品が多いと思いますが、
    国内はキャリアの問題があり歯がゆい展開ですね。

    個人的にはもはやソニーはキャリアを逆に見捨ててもよいと思うのですが・・・。
    ドコモのZ4の端末料金の高さを見ても、もはやキャリアはiphone以外売る気はなさそうですし。
    MVNOで使用できる高品質Xperiaを分割で販売するとかしないと国内で生き残ることは
    できない気がしています・・・

    長くなりましたが、C5ウルトラ、SIMフリーで国内販売してほしい魅力的なモデルですね。

    • ズルトラ使いさん、はじめまして!
      コメントありがとうございます。

      私もZ4あたりのスペック見ると、過剰すぎて価格も高い割にデザインは進化しないし成長も無いしで魅力的には映りません。C5 Ultraぐらいのスペックに落として、4万円台のSIMフリーとして売れば、日本でも爆発的に売れるはずです。それはAscend Mate7やZenFone2が証明してますし。

      ただキャリア商売は相当儲かるんでしょうね。どんな端末でもキャリア側が高値な端末を一括で何万台と買ってくれるわけですし。
      自分としてはハイスペックZシリーズはキャリアで、Cシリーズのような中庸スペックはSIMフリーで提供してくれればいいのになぁーと思ってます。

      C5 Ultraはスペックと外観はとてもバランスのとれた良い端末なので、是非とも日本でも販売してほしいですよね。(日本販売!となれば私も飛びつきます)

      • By ズルトラ使い

        ご返信ありがとうございます。
        確かに、国内MVNOで3万円前後のゼンフォンが
        売れている状況を考えると、カメラに特化した
        XperiaC5が4万円くらいで販売されれば爆発的に売れるでしょうね。

        スマホを使っている人の多くがカメラ、LINE用途であると思いますし、
        OSが進歩した今となっては、バッテリー、CPUとも、C5くらいのミドルクラスでも大半の人にとって不満がないものとなっていると思います。

        日本ではハイスペックが売れる・・・といわれていますが、それはキャリアの高い通信料のもと、ハイスペックでもロースペックでも端末が安価で売られているからであり、
        MVNOの世界では端末料金を押さえた端末が望まれているのはゼンフォンが証明していますし、
        ソニーもXperiaC5を積極的に販売してほしいですね。
        今のsimフリー端末のラインナップにXperiaC5が加われば、MVNOでのシェアは圧倒的に高くなるでしょうし、
        キャリアからMVNOへの移行も進むのではと思います。

        ながくなりましたが、日本でも販売するようソニーの英断に期待したいですね。

        • ハイスペックが売れる状況は私もズルトラ使いさんの仰る通りだと思います。
          iPhoneですら0円で売られる状況では、ハイスペック端末以外は勝負にならず、またキャリアもハイスペック端末を求めるから結果として高い通信料がそれを支えるという結果の負のルーチンですよね。

          これを脱してMVNOの世界に来れば、月額2600円程度で月額-5000円くらいコスト削減ができる事が広まりつつある現状に日本人もようやく気づきはじめている段階ですから、そこにソニーがXPERIA C5あたりの性能で4万円という価格帯なら一躍主役になれるはずですよ。

          いまSIMフリーの世界では価格・性能・デザインのバランスの良い端末に飢えています。ほんと。そこにソニーは気づいて欲しいですよね。ミドルレンジがしっかり売れれば、期待しているZ5 Ultraのような少し攻めた端末も売りやすくなりますし。車もスポーツカーばかりでは販売不振になりますよ。一般人が買える価格のものでバランスの良い端末も日本のソニーには必要です。

  2. By ウルトラマン

    サイズが大きいのが良かったのに何で欠点みたいに書いてるのかが謎です。
    このサイズが欲しかったからこそ買って今満足しながら使ってる身としては嫌な気分になりました。
    そもそも厚みが増えてる時点でC5ultraの勝ちみたいな表現が分からないです。

    • コメントありがとうございます。
      サイズに関しては人それぞれでしょうね。
      デカイから使いやすいという面もありますし。ただ私はある程度スマホとして使いたいと思ってますし、そういう観点からすると、6.4インチから6.0インチへのダウンは歓迎ですよ。

      厚みに関しては、1.7mm程度のアップは許容範囲かなと思ってます。ZenFone2などは最厚部分は10mmはあるので、C5 Ultraの8.5mmはまだ薄い方です。

      C5 Ultraはスペック上は尖った所があまりないマイルドな端末ですが、実使用面ではとてもよいバランスに思えますよ。

  3. By ズルトラマン

    後継なのかと思っていたら、別系統なんですね
    CPUは廉価版、「このサイズが性能になる」的な売り文句の画面サイズは無く
    それでいて非防水、バグだらけの5.0…

    カメラと大容量SD対応以外の魅力が無いですね…
    (そもそも200GBのmicroSDも高いですけど)

    ベゼルが狭すぎるのも個人的にはNG
    ズルトラと同じようにスタイラス仕様のチューニングされたタッチパネルならこのベゼル狭だとなおさら誤タッチ多くなりそうです

    • ズルトラマンさん、コメントありがとうございます。

      C5 Ultraは残念ながらミッドレンジの別系統ですね。
      仰るとおり、ズルトラのハイエンドから見れば非防水とかサイズダウンと、完全後継ではないのですが、ZシリーズからUltraがいくら噂されても何年も出ない現在、6インチでUltraの名称を継いだC5 Ultraは、6インチのサイズ、ほどほどの性能と程よい価格で敷居を低く持ってきた事は「やればできるじゃんソニー」と自分は思います。
      (もちろんZ5 Ultraが発表されれば大歓迎なのですが)

      ベゼルの狭さは好み分かれますよね。
      確かにスタイラス仕様だと端側も感度は良くなりそうだから誤タッチは気になりますね。
      ソニーがその辺りしっかり調整してくれるといいですね。

      • By ズルトラマン

        返信ありがとうございます

        そう言えばミッドレンジだとXPERIA T2 ultraって機種が過去に有りましたね
        6インチでデュアルコア、RAM1GB
        C5 ultraと同じぐらいの厚み
        このくらいしか記憶に無いですがこんな機種が出たときに自分も「やるじゃん」なんて思いましたが残念なことに日本では話題にすらならなかったです…

        恐らく世間だと5~6インチはギャラクシーノートってのが強いんだと思いますが
        XPERIAファン…強いて言うならズルトラファンとしては悲しい限りです

        ゴーストタッチ問題、カメラ、RAM、CPU
        このへんが対策、強化された機種(完全後継機)が出てくれるのをもう少し待つとします…

        • XPERIA T2 Ultraありましたね。私も期待した事が過去にありました。
          確かに性能や狙い所としては、今回のC5 Ultraと同じような位置づけなので、T2 Ultraの二の舞いかもという懸念は多少あります。
          ただT2 UltraはRAM 1GBでちょっと少なすぎましたから、ここはC5 Ultraが「使う上では快適ですよ」という端末で有ることを祈りたいと思います。

          ネット情報ですが、XPERIA Z5 Ultraが4Kディスプレイ搭載で発売か?というような話題が出ています。ワクワクしてきましたね。

  4. By 読書用端末

    秋葉原では実機の販売が始まったみたいですね。高いですけど…
    適当にググったところAntutuのスコア自体は上がってるようです。(使用感はわかりませんが)

    サイズについてですが、私はガラケーと二台持ちでズルトラはタブレットとして利用中です。
    手に持つ際も、暇つぶしの読書では横持派なので片手でも多少でかくても気にならないですし、
    外出時は鞄を持ち、そこにズルトラをほうり込んでるので現状のサイズに不満はないです。
    …なんてこともなく「もうちょっと小さければポケット入って持ち運びも便利・ガラケーからの一本化も可能かも」なんて常々思ってますので、これは朗報です。
    やはり6インチがスマホ的な利用が可能かの分水嶺なんでしょうか?

    しかし、個人的にはお風呂で読書もするので防水はあったほうがいいんですよね。
    ズルトラは防水なんで保険のジップロック一枚つけるだけで準備おkなお手軽さがありましたし。
    やはり正当な後継のZ5 ultraが本命ですかね。

    • 読書用端末さん、コメントありがとうございます。

      秋葉原では実機販売開始ですかー。いやー実物見てみたいですね。
      行ってみようかな(^_^;)

      サイズに関しては、私も同じ道を辿ってまして・・・(汗)
      ずっと5インチ台のスマホを使ってましたが、読書端末としてズルトラに逢い、惚れ込んで使っていたものの、「やっぱしもうちょいサイズダウンしてでもポケットに入る端末を・・・」とAscend Mate7に移行してしまった口です。

      個人的には6インチというサイズは1台持ちならギリギリ使えるサイズかなと。なんだかんだ言っても片手で使うことも多いし。私の場合はPerfect Viewerなどの漫画ビュアーで片手で読書も多いので、出来るだけベゼルを切り詰め、端末幅をギリギリまでそぎ落としてくれた端末を希望してます。そういう意味ではC5 Ultraはかなり良い雰囲気なんですよね。

      ただ仰る通り、本命はZ5 Ultraです。防水はあれば必ず「安心」のメリットがあります。
      お風呂使いもそうですし、ちょっとコーヒーこぼしただけで「はい死亡。端末代4万円」のリスクは怖すぎますよね。早くZ5 Ultraが発売決定してくれることを祈りましょう~

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top