物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

上質なスマホになった「ZenFone 4 ZE554KL」実機レビュー! 美しい背面にうっとり

広告

ASUSの最新スマホ「ZenFone4」を購入してみました。

海外SIMフリー版で、型番は「ZE554KL」でETORENから輸入しました。

docomo LTE B19対応にも対応しているので、広く使われているdocomo系MVNO SIMで運用しやすいのがいいですね。

6GB RAM+ストレージ64GB版なので、Snapdragon660です。5.5インチフルHD液晶と、背面には12MP+8MPのデュアルレンズカメラも搭載し、あらゆる面でZenFone3を超えています。

実はZenFoneはZenFone2以来で、3をスキップしたのは5.2インチが男の私にはメイン機としては小さいと感じた点が大きく、5.5インチに戻ってきたASUSのメインストリーム機は外せないと飛びついてしまいました。

今回は初回ということで、開梱~外観レビューしてみたいと思います。

主要スペック

  • SoC(CPU)  Qualcomm Snapdragon 660 オクタコア 2.2 GHz
  • RAM + ストレージ: 6GB + 64GB
  • ディスプレイ : 5.5インチ フルHD解像度 (1920 x 1080) IPS
  • OS: Android 7.0
  • バッテリー : 3300mAh
  • カメラ: リア 12MP + 8MPデュアルカメラ / フロント 8MP
  • SIMサイズ: Dual sim Dual Standby, nano SIM x2
  • microSD: あり (microSIMと排他利用)
  • USB : USB Type-C
  • WiFi /Bluetooth :802.11 a/b/g/n/ac 、Bluetooth4.2
  • サイズ/重量:  155.4mm x 75.2mm x 7.7mm / 165.0g
  • ネットワーク:2G bands GSM 850 / 900 / 1800 / 1900 – SIM 1 & SIM 2
    3G bands HSDPA 850 / 900 / 1800 / 1900 / 2100
    4G bands LTE band 1(2100), 2(1900), 3(1800), 5(850), 7(2600), 8(900), 18(800), 19(800), 20(800), 28(700), 38(2600), 39(1900), 40(2300), 41(2500)
  • 日本語ロケール: あり
  • その他 : 指紋認証センサー

開梱~外観チェック

ETORENから届いた状態。とても梱包状態はいいです。(いつものことですが)

箱を取り出したところ。イラストのカメラアピールがかわいい。

同梱品は、TPU製の専用カバー、マニュアル、USB Type-Cケーブル、USB急速充電器、イヤホンです。

急速充電器は日本でも使えるコンセントタイプです。文字が小さいのですが、9V-2Aまでの急速充電が可能。

外観

ここからはざっくり外観周りをチェック。

「ZE554KL」は香港/台湾バージョンということですが、サポート周波数帯的に日本バージョンと言ってもよく、当然ながら日本語でのセットアップも可能でした。ディスプレイは5.5インチフルHD解像度ですが、使っているフォントが細く、文字自体がとてもシャープに見え、ぱっと見フルHD以上の解像度にも感じる。

フロント上部には8MPのインカメラがあり、下部にはタッチ式ホームボタン兼指紋認証センサーがある。ディスプレイベゼルは細めですが、ディスプレイ周りには若干の黒縁がある。強く気になるほどではないものの、全体的にはオーソドックスなデザインで、可も無く不可も無くといったイメージ。

ホームボタンを挟んで左右には「戻る」と「マルチアプリ」キーが配置され、ソフトウェアボタンじゃない分使い勝手はいい。

下部側面にはイヤホンジャックとUSB Type-Cコネクタ、スピーカーがある。角は丸く、iPhoneライクなイメージ。

左側面にはSIM/microSDスロット。

上部にはマイクがあるだけ。

右側面には電源/ボリュームボタンが配置されている。

フロント側から見るとオーソドックスなデザインでしたが、背面は特徴的なデザイン。背面はASUSらしいZenFone3から継承しているガラス+見る角度によって同心円状の模様が表れる光沢感のある処理をしている。このおかげで、端末の質感はめちゃくちゃ高くなっている。価格も4万円台~5万円台と決して安くは無いのでこのぐらいは当たり前といえばそうですが、私的にZenFone2あたりの品質のイメージが強く「ASUS頑張ってるなー」と関心してしまいました。

上部に12MP+8MPのデュアルカメラを配置している。ZenFone4ではいわゆるポートレートモード(ぼけ気味)の写真は撮れないが、広角120度のカメラと組み合わせて、より綺麗な写真が撮れるようになっている。せっかくデュアルカメラなのにポートレートモードがないのは少し残念。(上位版で今後発売されるZenFone4 Proでは可能)

実重量

実重量の計測です。166gとカタログ値の165gとほぼ同一。5.5インチのスマートフォンとしてもこの重さは平均的です。

実際、手に持った感覚は一瞬重いと感じるのですが、丸みを帯びたデザインというのもあり持ちやすく、使っていると重いとは感じません。

外観チェックの感想

今回レビューしたZenFone4ですが、全体的にとてもよくまとまっているという印象で、すべてにおいてレベルが高いスマホと言えます。

デザイン自体はオーソドックスですが、角を丸めた本体は持ちやすく数字以上に軽く感じますし、感覚としてですがiPhoneっぽいイメージがあります。これは悪い意味で言うと「驚きが無い」面もありますが、良い意味で「全体的に不満の無い綺麗で美しい端末」と言えます。ただ背面の同心円状のデザインはかっこよく、誰が見てもチープさはありません。

おそらくASUSが狙っているのは一部の人に熱狂的に受け入れられる尖ったデザインではなく、多くの人が「あーこれいいよね」と思ってもらえることだと思います。このASUS ZenFone4はまさにそういうスマートフォンです。

レビューは後編の【カメラやベンチマーク、バッテリー等いろいろ使ってみた編】に続きます。

ZenFone4 ZE554KLの価格

記事作成時点の価格ですが、ETOREN にて6GB RAM版は約5.7万円で販売中です。

・ETOREN販売ページ : ASUS Zenfone 4 ZE554KL Dual SIM 64G ホワイト (6GB RAM)
なお、6GB RAMも必要無いという方には、4GB RAM版は4.6万円程度なのでお勧めです。

・ETOREN販売ページ :Asus Zenfone 4 ZE554KL Dual SIM 64G ホワイト (4GB RAM)

ETORENの場合は、輸入消費税込みの価格なので、後から支払い手続きをしなくていいのと、日本人スタッフ対応や、修理の際は国内の拠点に送るだけでいいなどのメリットがあります。

ETORENについての細かい点は下記紹介記事をご覧下さい。

関連サイト

・紹介記事 : 海外ガジェット通販『ETOREN』は輸入が楽に!日本人スタッフ対応~保証まで万全
・ETORENトップページ :海外最新商品をいち早くお届け!【Etoren.com】

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top