物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【日本の技適も取得】世界最小の2.45インチスマホ『Jelly(Jelly Pro)』に出資してみた! わずか79ドル~

Advertisements

中国Unihertz社はKickstarterで世界最小の2.45インチスマホ『Jelly』の出資を募集しています。

Kickstarter : Jelly, The Smallest 4G Smartphone

まず最初に凄く良いところなのが、LTE Bandで、1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/20/40と、docomo/SoftBankのプラチナバンドに対応している点。これは凄く大きい。これだけで買い!と言いたいのですが、更に、2.45インチ(240×432ピクセル)で、60gという超コンパクトサイズが素晴らしい。どんなスマホなのか?サイズ感は?といった事はこの動画でだいたい分かります。

CPUは1.1GHzクアッドコアで具体的なブランドは不明。RAM/ROMは1GB+8GBのJellyと、上位版は2GB+16GBのJelly Proがあります。バッテリーは950mAhで、通常使用で3日間持つ。Dual SIM仕様で、microSDスロットもあります。またバッテリーは交換可能です。

何に使う?

そんなJellyですが、「何に使うの?」という疑問が出てくるでしょうが、私の場合結構使い道があって、まずは週一のジョギング用スマホとして。こんな専用バンドも$10で買えちゃいます。走っている時、なんだかんだ言ってもメールチェックはしたいですし、RunKeeper(ジョギングアプリ)で走っているスピードを適宜教えてくれるのはモチベーションアップに繋がります。現在はXPERIA X Compact(4.6インチ 135g)を使っているのですが、それでもまだちょっと重い。このJellyなら半分以下の60.4gです。

また、MVNO SIMをテザリング用にしてもいいかなと。つまりモバイルーター代わり。このコンパクトさならほぼモバイルルーターと変わりませんし、また使っていない時は小学生の娘用に使わせるのも良いかなと考えてます。子供用のスマホとしては大きすぎず軽いのがいい。スマホは持たせても良いけど4.6インチのX Compactも手に余るので 、いまは楽天モバイルで買ったLiquid Z200を使わせているのですが、これすら落とす。ガラケーにしようかなと思いましたが、もうガラケー使えないんですよね。むしろスマホ(タッチ操作)じゃないとダメみたいで。そんな時現れたのがJellyだったので、飛びついて出資してみました。

主要スペック

フォト/イメージ

出資状況/価格/出荷スケジュール

Kickstarterでの出資状況は、30,000ドルの目標に対して782,730ドルと20倍以上の余裕のゴール達成。なのでいまから出資しても間違いなく手元には届くでしょう。

価格は、現在ではJellyが79ドル、Jelly Proが95ドルで出資可能です。その他2台/3台セット、5台、10台、100台・・・とありますが、2台セットのJelly Proは完売です。全世界送料無料。ちなみに出資締め切りは2017年6月6日までです。出資自体はクレジットカードで決済となります。私はJelly Proの95ドルのほうを選択。RAM/ROM倍増で16ドル差ならProのほうがオトクだと思います。

気になる出荷開始ですが、2017年8月には出荷開始という事で、あと3ヶ月ほどで手元に届く予定。
金額的にも、1万円程度で(私の使い方の期待だけですが)、Dual SIMスマホであり、モバイルルーターであり、小さい子供用のキッズスマホにも成り得るAndroid7.0(Nougat)スマホというのは使えるものになるんじゃないかと思います。ドコモのプラチナバンド(B19)対応という点でも充分使えそうですし。

日本の技適マークも取得

このJellyですが、日本の技適マークの取得も発表しました。

キュレーションセールスのヴェルテ(東京都渋谷区)は、中国Unihertz社(中華人民共和国上海)製世界最小LTEスマホ「Jelly」が日本の技適マークを取得すると本日発表いたしました。世界最小のLTEスマートフォンをうたう「Jelly」が、米クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で大人気です。5月3日にバッカー募集を開始してから、最低目標額の3万ドルを57分という超短時間で到達し、19日時点で目標額の30倍を超える92万ドルを集めるほど大注目を集めています。中国Unihertz社は好調な滑り出しと日本からのバッカーの多さから、日本の技適マークの認証を取得することにいたしました。従来からCE、FCC、RoHSを取得する予定でしたが新たに日本の技適マークを取得いたします。
Source : 話題の世界最小LTEスマホ「Jelly」が日本の技適マーク取得

 

関連リンク

Kickstarter : Jelly, The Smallest 4G Smartphone

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 18 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 居着いたガジェオタ

    技適キタ!?
    よし、出資しよう(ポチッと)

  2. すでにProに出資済み。出張でUS/EUで使用可能なLTE B4/B20対応が決め手。
    #Kickstarterでも、これが故に出資しているUS/EU民が多いんじゃないかな。

    なので技適は無くてもいいけど、やっぱり国内で大手を振って使用できるというのはありがたいな。

    一瞬血迷ってProのDouble – Early Birdに申し込みそうになったけど、さすがにそこまでは使わないだろう。
    #っていうか、B4/B20対応機これで4台目だし(^^;)、子供への貸し出しを考えても、十分だねw

    • 海外で使うならこういう小さいスマホは使い勝手もいいですよね。
      一瞬血迷って→私もです(汗) Pro2台はちょっと魅力的に映りましたが、あとからも買う方法はありそうなので、とりあえず1台試してからでいいかなと。
      技適対応はお墨付きみたいなものですが、あれば有り難いですよね。

      • > 海外で使うならこういう小さいスマホは使い勝手もいいですよね。
        そうなんですよ。
        現地SIM買って指しとけばちょっとした用はこれで完結するし、モバイルルータ代わりにテザリングで既存の機器やPC使用してもいいし、私は結構期待しています。
        お墨付きが出るなら、国内でも予備機として持ち歩くことになりそうです。

  3. 出資してみたいなぁ等と言う興味はあるのですがいまいち出資のやり方がわからないorz

    • Kickstarterにアカウントを作るだけですよ。
      その後、出資するのはクレジットカード決済になります。

      ちょい古いですが、Gigazineのサイトでアカウント作成までは参考になると思います。
      http://gigazine.net/news/20140103-kickstarter-pledge/

      またKickstarterは2017年中に日本でも展開するそうなので、「面倒だな-」と感じるならそれを待っても良いかも知れないですね。
      (Jellyの出資は終わっちゃいますが・・・)

      • 何とか出資することが出来ました。
        米Amazon経由とかめんどそうなんだけどなぁって思ってたのですがKickstarterのサイトのみになってたんですね。

        • そうそう。そうなんです。前は米国Amazon経由だったので、向こうのアカウント作って・・・と面倒でしたが、いまはクレジットカード決済だけでOKになってましたね。

          • とりあえずpro1台にしたのですがケースとバンド欲しいなぁと改めて思うようになったんですが、どうすればいいんですかね?

            投資時に追加10$と書いてあったので、

          • 私も気になっていたのですが、よく分からなかったのでちょっと放置していました(汗)
            ただJellyのキャンペーンページのFAQに書いてありました。

            How to add on armband, jelly case, and one extra battery?
            In any reward level, add extra $9 to get one extra battery, or add extra $10 for one Armband, or add extra $19 for both.
            New: add $11 for a Jelly Case – a ‘normal’ phone case for Jelly/Pro.
            How to update your pledge with addons:
            https://www.kickstarter.com/help/search?utf8=%E2%9C%93&term=Can+I+change+my+pledge%3F

            たぶん、出資額にその金額分を追加すればOKらしい。

            Kickstarterに行き、右上の地球マークのようなところから「Backed projects」にあるJellyをクリック。
            「Manage your pledge」をクリック
            「Change your pledge」をクリック
            「Pledge Amount」にケース+アームバンド代(21ドル)を足して「Continue」

            これでいいと思います。(私もケースだけ追加してみました・・・この方法で多分合っていると思うのですが、ちょい不安なんで自己責任で)
            色の指定とかは後からメールが来て「どうする?」みたいになるのかもしれません。
            このあたりもKickstarterが久々でよく分かっていなくてスミマセン。

            ちなみに、ケースですが、$11に変更されています。

          • なんとか滑り込めたと思います。
            出資金達成したメール来てましたけどまだ住所書くURLは、まだですよね?

          • 間に合って良かったですね。
            配送先等はまだ・・・来てませんね。
            Kickstarterから入力用URLが届くっぽいので、待っていましょう。
            (私のKickstarterは久しぶりでいろいろと手続きの流れを忘れてます(汗))

  4. 遂に住所連絡来ましたね
    バッテリー以外はここで追加購入出来るみたいですね

  5. By とおりすがるくん

    プロジェクト・アップデートが掛かって
    PledgeManagerへの招待が届きましたね!

    入力を終えたら、やっと現実味が出てきて
    かなり待ち遠しくなりました。(笑)

    (かなり早くからコミュニティでは
    各国の方達が『メール来ないんだけど?』
    みたいなことを書き込んでて
    せっかちだなあと眺めていました)

    • こちらも届きました!
      いやー楽しみです。

      コミュニティー・・・>確かに発送は8月だから焦んなくてもOKですよね。
      でもこのじわじわとプロジェクトが進む感じがクラウドファンディングの楽しみでもあります。

      • By とおりすがるくん

        最新では『オーダー結果をまとめて、7月上旬から発送作業(したいな、なんてニュアンスかな?)』なんて言ってますね。
        仕事が早い。

        以前、xperia activeという
        かなりJellyに似たアウトドアスマフォみたいなものを持っていましたが
        長年使うにはスペックが落ちてしまったので、使わなくなってしまった経緯があり
        (手元には残しています、デザインがかっこいいので)
        以降、なるべくコンパクトなものを選ぶようになっていましたが(Xperia Z3cなど、いろいろ)
        個人の趣味とは時代が逆行。
        (複数台持ちなので、メインはコンパクトで構わないんです)
        大画面化に伴い、機動性を削られてしまい
        Xperia activeみたいなの出ないかな…と、待っていた所にJelly企画の話を発見し、
        初めてのクラウドファウンディングに挑戦してみた一人です。

        結果が出そうでよかった…。
        手元にちゃんと来るまでは心配ですけどね。(笑)

        • 初クラウドファンディングお疲れ様でした。
          ほんと昔のSONYはデザインもコンセプトも野心的でした。
          Jellyも方向性は違うものの、楽しみな一台ですね。
          手元に届くまで楽しめる(?)のがクラウドファンディングの面白い所です。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top