物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

Kindle Paperwhiteマンガモデルの実力は?33%高速化の恩恵はあるか旧型と実機スピード比較してみた!

以前、この記事を書いて、下記ながら「欲しい!」となってしまいポチってしまった「Kindle Paperwhiteマンガモデル」・・・Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル【4000円オフクーポン付】『マンガモデルKindle Paperwhite 32GB』が発売!! ストレージ容量8倍にページめくり33%高速化モデル

待望の32GBモデル。従来比8倍で、ページめくり33%高速化と、Kindle愛好家としてはこれはやはり外せないです。

と言う事で早速レビューしていきます。
Kindle Paperwhiteマンガモデル 比較

開梱

今回のマンガモデルはカラーをホワイトにしてみました。右が従来のモデル。Kindle Paperwhiteマンガモデル 比較箱の裏には「32GB」の文字が。シールで上貼りしているだけですが(汗)
Kindle Paperwhiteマンガモデル 比較開梱すると、早速マンガモデルのホワイト筐体が出てきます。Kindle Paperwhiteマンガモデル 比較

従来のモデルとの違いは外観上は無い

従来のモデルとの外観的な差異は全く無い。あえてカラーを分けているから別モデルに見えなくもないが、同色だったらどっちがどっちか、全く分からない可能性もある。一応本体背面に32GBの表示があるので、そこで見分けられる。Kindle Paperwhiteマンガモデル 比較また本体情報からも空き容量が確認できるので、ここで32GBモデルだとある程度分かる。Kindle Paperwhiteマンガモデル 比較同梱品は、microUSBケーブル、マニュアルのみ。これも従来と全く変わらない。Kindle Paperwhiteマンガモデル 比較

ページめくり33%高速化は本当だった!

このモデル一番肝心なのは、容量だけでなく、”ページめくり33%高速化”の効果が体感できるか?です。と言う事で早速試してみました。Kindle Paperwhiteマンガモデル 比較Kindle Unlimitedでテスト用にマンガを選び出しました。昔好きだった財前丈太郎をチョイス。Kindle Paperwhiteマンガモデル 比較結論から言うと、「速い!」。ただその体感がなかなか言葉が言い表しにくいので、動画にしてみました。

従来のKindle Paperwhite(以後旧モデルと仮称)も、私の中では「遅い」とはあまり感じてなかったのですが、マンガモデルと比較してしまうと確かに速い。タッチして一瞬間があって切り替わるのが旧モデルで、マンガモデルはタッチした瞬間に切り替わる。

ただ、この動画のような形で、ページめくりを連打してめくるという事は実際は少ないでしょうね。マンガや小説を読んでいて、次ページに移る際に「0.2~0.3秒ぐらい速い・・・気がする」ぐらいの高速化です。速いしレスポンスも良いんだけど、「マンガ読むのが劇的に快適になった」という感じでもない。

また速くなったのは「ページめくり」だけで、メニュー画面等での画面推移は今まで同様、僅かな時間ですがワンテンポ遅れる。

メリットはストレージが8倍になった事

どちらかというと、恩恵は32GBのストレージのほうでしょうね。いままでだとマンガ50冊程度で4GB ストレージが満タンでしたが、それが8倍になるわけで、Kindleでマンガを読むのなら間違いなくマンガモデルを購入してほいたほうが良いです。

また小説等の文字主体の本ばかりしか読まないという方は、従来品が良いかというとそうでもない。漫画じゃ無くても雑誌や図解主体の本(私の場合は筋トレやスポーツ理論などが多い)などはやっぱり容量を食いますし。

価格差が2000円しかない事を考えると、たった2000円で8倍の32GBストレージにできるなら、安心度と将来性を考えるとオトク度は高いです。

Kindle Paperwhiteマンガモデル 比較ただ大容量ゆえの難点も。漫画が数百冊入るようになったのは歓迎ですが、管理画面がまだそれに追いついていない。Kindle Paperwhiteマンガモデル 比較

全てが平面的に並び、使いやすいソートやフォルダ分けができないので、100冊も入れるとかなり大変です。まぁーそれでも、著者やタイトルでソートはできるので、なんとか使えますが、AndroidやiOSにある電子書籍リーダーアプリのように、「本棚」機能(フォルダ分け)を作ってくれないと厳しいと思う。このあたりの対応は「マンガ文化」が乏しいアメリカ産だけあって微妙ですが、それでも「マンガモデル」を投入してきた意欲からすると、Amazonさんの今後に期待しても良いのかも知れない。

結論:読書デバイスとしてベスト

ここまでKindle Paperwhiteマンガモデルの実力を見てきましたが、「高速化」と言っても、タブレットやスマホのような瞬間的な速さではなく、あくまでe-Ink(電子ペーパー)として高速という点は注意が必要です。速度だけを追い求めるならPaperwhiteは選ばず、Android/iOS版のKindleアプリを使うべきでしょう。

しかしKindleの良さは、端末を数週間ほったらかしてもバッテリーが持ち、しかも電源入れっぱなし(切るという作業がほぼ必要ない)にできる簡易さ、6インチという絶妙なサイズで205gというほぼスマホと同じ重さという超軽量さ、こういったものを加味すると、私にとって絶妙な読書デバイスなんですよね。バックライトもあるので、寝室や飛行機の中でも読みやすいし。

価格も定価は16,280円ですが、プライム会員なら4000円オフのクーポンコード:『PRIMEMANGA』を使えば、12,280円とそれほど高くない。(WiFi/キャンペーン情報付きモデル)

私のように既存のPaperwhiteを持っている人でも、容量増加の為だけでも買い直す価値はありますよ。あとは管理画面が大量の本をちゃんと管理できるようになれば完璧なんですけどね。Kindle Paperwhiteマンガモデル 比較

Amazon販売ページ:Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル、Wi-Fi 、ホワイト、キャンペーン情報つきモデル

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top