物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

ほぼiPhoneXデザインの新しいZenFone5シリーズ 3機種発表! 3機種の違いまとめ

ASUSはMWC2018で新しいZenFone5シリーズを発表しました。

「新しい」というのをわざわざ付けているのは、以前ASUSがZenFone5を販売していた為で、そのときは5インチという意味で「5」が使われていましたが、今回はナンバリングとしてZenFone4の後継機としての発表です。

ZenFone5シリーズは3機種発表されましたがどれも魅力的です。

3兄弟の基本的な違い

以下基本的なスペックをまとめましたが、ZenFone5と5Zはほぼ双子、5 Liteだけは末弟という感じです。

ZenFone 5 ZenFone 5Z ZenFone5 Lite
ディスプレイ 6.2インチ 19:9 6.2インチ 19:9 6.0インチ 18:9
解像度 2246×1080 2246×1080 2160×1080
SoC(CPU) Snapdragon 636 Snapdragon 845 Snapdragon 630
RAM 3GB/4GB/6GB 4GB/6GB/8GB 4GB
カメラ メイン:  12MP x2
フロント: 8MP
メイン:  12MP x2
フロント: 8MP
メイン: 16MP x2
フロント:20MP x2
価格 479ユーロ

ZenFone 5 / 5Z

ZenFone 5 / 5Zは共通デザインで、スペック違いの双子です。細かいスペックの前に一番驚きなのがそのデザイン。

iPhone Xクローンと言ってもいいぐらいのノッチデザイン。ディスプレイは6.2インチで19:9という縦長ディスプレイ。解像度もちょっと特殊で2246×1080のフルHD+となっています。ノッチで表示領域が隠れて見えないと言う事が無いようにしているよう。基本スペックは上で書いてますが、5Zがハイエンド版でスナドラ845,無印のZがスナドラ636のミドルレンジとなっています。

カメラは背面に12MP x2のダブルレンズ。AI搭載で、被写体に合わせて色温度を変えて撮影してくれます。

注目なのは価格で、ハイエンドの5Zのみが発表されましたが、479ユーロと日本円で約6.3万円程度と「スナドラ845搭載」という点をかんがえても 充分安い価格設定です。おそらくその下のZenFone 5は4万円台になるのではないでしょうか。

発売はZenFone 5が2018年4月、5Zが2018年6月となっています。

前面のノッチデザインは良いとしても、背面のカメラ配置までもパクリオマージュしてきたのは驚きですが、ZenFone 4はとても言い機種なのに没個性になっていたので、これぐらいの特効薬が必要でしょう。価格的にもiPhone Xの半額と勝負してきてますね。

ZenFone 5 Lite

末っ子の5 Liteはセルフィーに力を入れていた「ZenFone 4 Selfie Pro」の後継的な機種。

但し、ZenFone 4 Selfie Proではフロントダブルレンズカメラだけでしたが、5 Liteでは背面も12MP+16MPのダブルレンズカメラとなり、前後合わせてクアッドカメラとなっています。

ディスプレイは6.0インチ 18:9でフルHD+。

発売は2018年3月~となっています。

関連リンク

公式サイト : ASUS Global (記事作成時点ではまだ機種情報が掲載されていません)

 

 

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. こんばんは。
    今、一番使い勝手のいい端末としてxiaomi maxを使ってます。
    アップデートと技適がないことを考えて、次の機種選定として検討しています。
    7インチハイスペックタブレットがないので、このサイズが候補になっています。
    スナドラ636でantutu11万。
    あとは売価と対応chですね。

    • こんばんわー
      確かにZenFone5シリーズはなかなか期待できそうなデザインですね。
      6.2インチで19:9なので実質5.5インチクラスですが、ミドルハイクラスで安かったら買おうと思ってます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Return Top