物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【8GB RAM版519.99ドル】最強『OnePlus5』発表!8GB RAMとデュアルカメラ、日本のプラチナバンドもサポート!

広告

※セール/クーポン情報 を最下部に追加しました

中国のスマートフォンブランドOnePlusが、フラッグシップスマホ「OnePlus5」を発表しました。

OnePlus5の特徴/日本のプラチナバンドもサポート

OnePlus3Tから「4」をスキップしてOnePlus5とナンバリングが進化し、全てが新しくなったOnePlus5。

SoCは最強スペックを誇るOnePlusらしくSnapdragon835を搭載。RAMは6GBと8GBのバージョンがあり、ストレージもそれぞれ64GB/128GB。またストレージはUFS2.1を公言しています。

大きな変化としてはデュアルレンズカメラを搭載している点。16MP+20MPというHUAWEI P10並の画素数です。上記にはLarge Apertureと書いてあり、ボケ感のある写真を撮ることができます。

また凄いのは、対応周波数帯で、4G-LTEは日本のプラチナバンドもサポートします。FDD LTE: Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/25/26/28/29/30/66、TDD LTE: Band 38/39/40/41と対応しているので、docomoのB1/B3/B19/B28,SoftBankのB1/B3/B8/B28/B41、auのB1/B18/B28/B41と3キャリア全てでプラチナバンドをサポート。更にau系では気になるCDMA EVDO: BC0の3Gも対応。

ディスプレイはOnePlus 3Tから引き続き5.5インチフルHDはOPTIC AMOLEDという名称の有機ELディスプレイ。相変わらず鮮明な色合いをしています。デザイン上の大きな変化はメーカーページを見ている限りは余り無さそうには見えますが、全体的に丸みを帯びつつも精悍さが増したイメージです。

気になる価格は、6GB RAM + 64GB ROM版が479ドル~と超ハイエンド端末であることを考えると、スペック比で見たら非常に魅力的です。8GB RAM + 128GB ROM版は539ドル。発売は6月27日~まずはアメリカとヨーロッパ市場で発売され、順次アジア(中国/香港等)でも発売される予定です。

主要スペック

  • CPU :Qualcomm Snapdragon 835 (Octa-core, 10nm, up to 2.45GHz)
  • RAM : 6GB / 8GB LPDDR4X
  • ストレージ :  64GB / 128GB   *UFS 2.1 2-LANE
  • ディスプレイ : OPTIC AMOLED(有機EL) 5.5 inch Full HD (1920 x 1080) 401 ppi,
    Corning Gorilla Glass 5,
  • OS: OxygenOS based on Android 7.x Nougat
  • バッテリー : 3300mAh *Dash Charge (5V 4A)
  • カメラ: リアデュアルカメラ1600万+2000万画素  / フロント1600万画素
  • SIMサイズ: Dual sim Dual Standby, nano SIM x2
  • microSD: 無し
  • USB : USB Type-C interface (USB2.0)
  • WiFi /Bluetooth :802.11 a/b/g/n/ac 、Bluetooth5.0
  • サイズ/重量:  152.7 x 74.7 x 7.25 mm / 153.0g
  • ネットワーク:FDD LTE: Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/25/26/28/29/30/66
    TDD LTE: Band 38/39/40/41
    TD-SCDMA: Band 34/39
    UMTS(WCDMA): Band 1/2/4/5/8
    CDMA EVDO: BC0
    GSM: 850/900/1800/1900 MHz
  • カラー : Midnight Black / Slate Gray
  • その他 : 指紋認証センサー/ NFC

フォト/イメージ








超ハイスペックだけど価格はハイコスパ

先代のOnePlus 3Tも既にコスパが高いスマホでしたが、今回発売されたOnePlus 5はスナドラ835、UFS2.1対応の6GB/8GB RAM、デュアルレンズカメラと更に性能が高まりました。それでいて価格は479ドル~とコスパはハンパない。

そして日本のプラチナバンドサポートがある。これは(私にとって)想定外のサプライズで、とにかく凄い事です。日本を進出を視野に入れているのか分かりませんが、B8はともかくB19とB18をサポートすると言う事は、日本を意識しているのは間違いないのかなと。技適取得まではしないと思いますがね。

スナドラ835に8GB RAMもUFS2.1で対応すると言う事で、重いゲームを楽しむ方にも最適な一台となるでしょう。

価格は、GearBest で8GB RAM版が76758円、6GB RAM版は63097円です。

販売ページ 販売ページ

以下は記事執筆時点でのその他サイトも含めた価格比較です。*6GB RAM版での価格比較

販売サイト 価格 有償配送費用 配送会社
GearBest 63097円 270円 Priority Line(国内は日本郵政/佐川/クロネコ)
TOMTOP 63249円 1446円 DHL (Priority Shipping)
Banggood 65108円 1248円 EMS
Geekbuying 62025円 902円 EMS

※販売サイト名をクリックすると、各販売ページに行けます。
価格はあくまで記事作成時点でのものですので、最新価格は直接サイトで確認してください。(セール等で思いの外安くなっている場合もあります)

配送オプションですが、もし買うなら有償配送がお勧めです。通常の無料配送では10-25営業日かかりますので、早くて2週間、遅い場合は1ヶ月半かかります。すぐ欲しい方はEMSやExpedited Shipping=高速配送のOptionを付けましょう。4-9営業日で届く予定で、配送も日本国内では日本郵政が配達となる為、安心感があります。またEMSの場合は遠隔地配送料=Remote Area Feeも掛かりませんので、地方の方には特にお勧めです。

セール/クーポン情報

■GearBest

6GB RAM+64GB ROMバージョンのクーポンです。

439.99ドル クーポンコード : BFJP224564101 (30台限定/ 日本専用クーポン)

販売ページ

479.99ドル クーポンコード : 11.11GBJPONPLUS5 (50台限定/ 日本専用クーポン)
489.99ドル クーポンコード : gboneplus5

販売ページ


 

8GB RAM + 128GB ROMバージョンのクーポンです。

519.99ドル クーポンコード : BFJP212408505 (50台限定 グレー )
販売ページ

関連記事

・OnePlus公式ページ : OnePlus 5
・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.comの買い方ガイド :「中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで」
・Banggoodでの買い物の仕方 : Banggoodで買って輸入してみよう~買った商品が届くまで
・GeekBuyingの紹介 : GeekBuyingでガジェット輸入してみる? 中国のガジェット通販サイトGeekBuyingの紹介
・GeekBuyingの買い方ガイド : GeekBuyingの買い方ガイド~ユーザー登録から決済手続きまでやってみた
・TOMTOP買い物ガイド :TOMTOPでの買い物の仕方~日本語もあるので輸入も比較的簡単~

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 17 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 居着いたガジェオタ

    やゔぁい、これは魅力的すな
    泥端末はもうGALAXY noteまで買わないと誓ったのに、ポチってしまいそう
    日本進出するのかなぁ、進出して来たら他のメーカーが消し飛びかねないなぁ(笑)

    • スペック最強の上にRAM 8GB、ホームボタン、日本のプラチナバンドと私も物欲が恐ろしい事になっています(汗)
      これで防水とは言わずとも防滴ぐらいがついていたら最高なんですけどね。
      でもそこまでは欲張りすぎかな。

      日本進出は多分ないでしょうが、恐らく日本からの購入者が多かったのか、より日本人が買いやすいようにしているんじゃないかと。
      XiaomiにしてもOnePlusにしても、ちゃんと技適とって日本の周波数帯に合わせたスマホを打ってくれたら、日本で売っている他メーカーはHUAWEI以外は撃沈でしょうね。

  2. つ、ついに求めていた物が来ました。
    DSDS対応ですし、これは買うしかないですね

    • ほんとOnePlus5は優良物件ですよねー
      私の中でも防水以外欲しいものが全て詰まっているスマホです。

      • 7月待つくらいにはある程度の数出回って定価近くになりますかね?

        • 実際発送開始が7月10日からと言われているので、価格下落が7/末というのは厳しいと思います。
          最初の初期ロットは価格も高いままでしょうし、その後も人気のたかそうな 商品なので緩やかに下落するとしても、早くて8/末からかなぁという気がします。
          その頃になるとGalaxy Note8だとかiPhone8の噂が出回るはずなので、人気にやっと陰りが出るんじゃないかと。あくまで予測ですが・・・

  3. Uniさん

    相変わらずOnePlusはハイコスパの良品を出しますね。
    ところで、Uniさんの私見でもいいのでお聞きしたいのですが、サイズは違いますけどXiaomiの
    Mi6と比較してどちらの方がお勧めでしょうか?
    画面サイズは置いておいて、それ以外のところで比較と評価が知りたいです。

    • じゃんぼさん、こんにちは。

      Mi6とOnePlus5のオススメですかー。どちらもまだ使った事がないのでスペックと評判からですが、私ならOnePlus5ですかね。
      日本のプラチナバンドもサポートされているのでdocomo MVNOでも使えます。
      スライダースイッチがあるので、iPhoneのように一発でサイレントにする事も可能。
      スペック的には目立って大きな差異はないですが、8GB RAMが欲しければOnePlus5が良いと思います。

      Mi6の利点は、価格が安いことでしょうね。スナドラ835端末がセールやクーポンを使えば400ドル未満で買えてしまうわけで、OnePlus5では恐らくモデル末期でもここまでの安さは無理でしょう。

      デュアルカメラに関しても、OnePlus5はMi6よりもやや劣っているように見えますね。
      https://www.youtube.com/watch?v=DoaJMooywuE

      ただMIUIは癖が若干あるし・・・でもMi6は防滴もあるし・・・

      と書いていくとどちらも一長一短(汗)
      結局はデザインも含めると人それぞれって感じもしますね。

      • Uniさん

        こんにちは。ピンポイントでMi6とOnePlus5比較してる動画あったんですね。皆考えること同じなんですかね(笑)
        明るいところは圧倒的にMi6に軍配上がってますね。
        ズームはOnePlus5の方が寄ってる感がありますけど。あと、動画で見る限りOnePlus5は手ブレ補正ないんでしょうか?
        カメラは重要なポイントなんでOnePlus5がイマイチなのは残念です。中華メーカーは今の所Huaweiがダントツなんでしょうかね?

        コスパ的に見ても総合的に見てもMi6の方が上な感じですね。

        • カメラに重点を置くなら、HUAWEIのライカデュアルレンズカメラは最高レベルだと私は感じています。
          が、結局はスマホをどんな基準で決めるかによって変わっちゃうと思います。 OnePlus5もカメラは体感ではきっと私の中で100点満点でつけるなら80点ぐらいでしょう。けどスペックはダントツだし、5.5インチの液晶は綺麗だし、端末も使いやすい。これで500ドルなら安いよねとなると思います。

          で、HUAWEIのP10 Plusはカメラは100点。だけど、SoCがKirinでRAMも4GBしかない。それでいて価格は7万円。 Mi6なら4万円台。

          どんなにコスパが良くても80点のカメラじゃ要らないと言われれば、「HUAWEI P10とかmate9がいいよ」という事になってしまいますし、「80点でも充分じゃない。その他に良い所もあるんだから」と思えるかで違ってくるでしょうし。

          何を重視して選ぶかは結局その人次第ですからね。私はどれを選んでもあまり後悔しないかなと思いますけど、HUAWEIのスマホはギャンブル度合いが少なく、どれを買ってもクオリティは高いので失敗は少ないかなと思いますね。その安心度が日本に進出していない中華メーカーとの価格差だと思います。

          • By じゃんぼ

            Uniさん

            アドバイスありがとうございます。
            Huaweiもすっかり日本でSIMフリー端末のハイスペックモデルブランドとしての地位を確立しましたよね。DxOの評価ではHuaweiよりHTCの方がカメラ良いみたいですが、端末として仕上がってるのはやっぱりHuaweiの方でしょうね。
            とりあえずMi6とOnePlus5でもう少し悩んでみます。こういう悩みは楽しいんですよね。もう数ヶ月待つとiPhone8やらGalaxy Note8が出ると思うとさらに悩んでしまいますけど(笑)

  4. By 破魔左右衛門

    Geekbuyingで79.99ドルで販売中
    は間違いかと思われ

    • ご指摘本当にありがとうございます。
      間違いです。ただ今修正させて頂きました。

  5. By 居着いたガジェオタ

    んー、いい感じに下がり続けてるなぁ。この価格でUFS搭載機なんだよなぁ。
    陰陽師(ゲームアプリ)のために欲しい。もうMi5ではキツいのです。
    UFSと言えば、AQUOS RがUFS搭載機で、しかもカタログに堂々と謳ってあってびっくりしましたね。
    ディスプレイ性能も高いし、xperiaXZsと同じ価格だし、デザインとカメラ以外は勝ってるという驚き。

    話が逸れましたが、T5はなんで今回こんなにクーポン合戦になってるんでしょうね?自分の物欲はいつまで耐えられるんですかね?いいぞもっとやれ(笑)

    • AQUOS Rはデザイン的なインパクトの薄さを除けば良い端末っぽいですよね。
      隠れた名機的な。ただそれじゃあ売れるところまでは行かないのが残念なところですが。

      OnePlus5の値下げは、TOMTOPが13周年記念セールで突然攻めたクーポン出してきて、他も釣られて「うちが最安!」ってやっている感じですね。
      しかし本来そこまで下げたくないのでクーポン数少ないというのが本音なのかなとみています。
      それにしても値下げするのが異様に早いのが気になりますが・・・(私も「いいぞもっとやれ!」といつ買うかタイミングを計っていますwww)

  6. 円高も手伝って、とうとう5門円切りですね。 5万円切ったら買おうと思ってましたので、早速購入しました。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top