物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

自撮りスマホ「ZenFone Selfie」と「ZenFone2 」を比較してみた!

以前速報的にお伝えしましたが、ASUSから5.5インチスマホ「ZenFone Selfie (ZD551KL)」が日本でもとうとう発売が決定しました。

前面に1,300万画素カメラを搭載し、ZenFone2 LaserでおなじみのLaserオートフォーカスを搭載。
性能としては、既に発売されている5.5インチの「ZenFone2」と、
5インチの「ZenFone2 Laser」の良いとこ取りという感じのスマホに仕上がっています。

ZenFone Selfie ZD551KL をZenFone2と比較してみた

同じく同社から発売されている5.5インチのZenFone2と比較しながら「ZenFone Selfie ZD551KLっとどんなスマホなの?」という部分を見ていきましょう。

ZenFone SelfieとZenFone2スペック比較

製品 ZenFone Selfie(ZD551KL) ZenFone2
ディスプレイ 5.5インチ 1,920×1,080
403ppi
5.5インチ 1,920×1,080
403ppi
CPU Qualcomm Snapdragon 615 (MSM8939) Octa-core 1.7GHz Intel Atom Quad Core Z3580 (2.3GHz)
Intel Atom Quad Core Z3560 (1.8GHz)
RAM 2GB/3GB 2GB/4GB
ROM 16GB 32GB/64GB
OS Android 5.0 Android 5.0 64bit
カメラ 前面 1300万画素
( CMOS F2.2 88度
広角レンズ採用)
背面 1300万画素(CMOS F2.0/レーザーオートフォーカス)
前面 800万画素/
背面 1300万画素
バッテリー 3000 mAh 3000 mAh
ネットワーク Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.0, NFC
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.0, NFC
SIMスロット マイクロSIM x2 マイクロSIM x2
SDカード microSD x1 microSD x1
3G/
4G(LTE)
FDD-LTE
(Bands 1, 2, 3, 5, 6, 8, 9, 18, 19, 28)W-CDMA
(800/900/850/1900/2100MHz
FDD-LTE
(Bands 1, 2, 3, 4,5, 6, 8, 9, 18, 19, 28)W-CDMA
(800/900/850/1900/2100MHz
サイズ 縦156.5/幅77.2/
厚み10.8 mm
縦152.5/幅77.2/
厚み10.9 mm
重さ 170g 170g

最大の売りはカメラ性能

大きな違いはそのカメラ性能で、前面にセルフィーという製品名通り、自撮り特化の1,300万画素カメラ(ZenFone2は800万画素)を配置しています。
ZenFone Selfie ZD551KL をZenFone2と比較してみた

背面もZenFone2 Laserと同様レーザーオートフォーカスで、瞬時にAFが決まります。
ZenFone Selfie ZD551KL をZenFone2と比較してみた

CPUはクロックは抑えてオクタコアに進化

CPUはZenFone2の低スペック版が1.8GHzのクアッドコア(x4)に対して、Selfieでは1.7GHzのオクタコア(x8)に進化しました。
ZenFone Selfie ZD551KL をZenFone2と比較してみた
最近の傾向としては、4コアでクロックアップしているものより、1.7GHz程度のオクタコアのほうが快適な部分がありますので、これは正しい方向でしょう。

全長が4mm長いSelfie

サイズ的には、前面セルフィカメラ(自撮り用)を装備したことで、縦方向の長さが4mm長くなっています。
ZenFone Selfie ZD551KL をZenFone2と比較してみた

カラーリングラインナップ

カラーは、ピンク・ホワイト・アクアブルーの3色。
ZenFone Selfie ZD551KL をZenFone2と比較してみた
基本的には女性向けと言った感じのカラーリングですね。ホワイトなら男性でも使えそうです。
ただZenFoneシリーズは前面側はどのカラーリングもブラックで統一されているので、背面側はスマホカバーを装着して使うことを想定すると、どのカラーでも変わらないという側面もあるんですけどね・・・。私の妻は散々ZenFone2カラーで悩みましたが、結局背面は隠れてしまう事に気付き、その時在庫があった男性向けとしか思えないグレーを持っていますし(汗)。

ZenFone Selfieまとめ

スペック見てわかるのは、ZenFone2とSelfieはCPUとカメラ以外はほぼ同じと言って良い端末だという点。
メモリや内蔵ストレージ(ROM)はZenFone2のほうが優れている所もありますし、CPU性能も高いので全体としてはZenFone2のほうがハイスペックですが、筐体サイズ・デザインも同じ、重さもバッテリー容量も同じの為、カラー以外で外観から違いを見いだすのが難しいくらいです。

唯一違うのは前面カメラの部分で、その分サイズも縦方向に4mm長いという点、そのカメラが自撮り用に特化したものだという点ですね。
こういう前面カメラの性能にこだわる方にはSelfieはオススメです。

ZenFoneシリーズは、日本で発売されている機種だけで既にこれで3機種目。Globalではもっと種類が多く、こまごまと違いはあるものの、基本的にはZenFone2を基本にして「ハイスペック版」や「カメラ特化」と言った特徴ごとに製品を作っている感じです。

ZenFone2を販売しはじめた頃(台湾で2015年3月)はハイスペックスマホという点だけで売れていましたが、最近のスマホのトレンドである自撮りに合わせてSelfieを投入したという背景でしょう。しかしZenFone2の発売からたったの6ヶ月でSelfieを発売できるなんて・・・たいしたものです。こんな細かい芸当ができるのはほぼASUSだけで、SIMフリーの世界を席巻している理由ここにありという気がします。

ちなみにSelfieの発売日・価格はまだ発表されていません。
速く日本でも発売して欲しいですね。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top