物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

意外と辛かったコロナワクチン副反応~でも重症化しない安心感は大きい

妻の会社のコロナワクチン職域接種が楽天本社(二子玉川)にて家族も受けられるという事で、旦那の私も一緒に摂取してきました。

副反応が意外と大変でした、、、やっと復活したので、その顛末をまとめてみました。

楽天会場の接種までの流れは素晴らしくスムーズ

なんですよ。全てがシステマチックで人数的にはどんどん数十人ペースで増えていくのですが、事前に書類が全て揃っていれば受付から接種までは本当に流れ作業で、スムーズ。

受ける人も対応する人も全てが若い人なので、そうしたペースに慣れているというのもありますね。

私がいつも行っている病院でもワクチン接種はしているのですが、お年寄りばかりで、申し訳ないが凄く残念な滞り方している。「※※さん、これワクチンもう2回打ってるから来なくていいのよ」→「毎月打つのかと思ってたわ」とか「接種後はアナフィラキシーショックでるかもしれないから、20分ぐらいここで座って待っててくださいね」と言われても「はいはい分かりましたよ。かーさん帰ろうかー」って言って出て行こうする全然話聞いてない老齢ご夫婦とか。もう話しの後半聞いてないんだろうなーってのが普通に、というかゴロゴロいて、待合室で「コントかよ」と思わず心の中で突っ込んでしまうほどのカオスです。

見た目80歳~90歳ぐらいなんで仕方ないとは思いますが、楽天で接種した際にかかる一人当たりの時間の3-4倍は労力割いているイメージ。

自分の母親にこの話しをすると「年寄りはそんなものなのよー。私はまだぼけたくないけど、新しい事は理解するのに時間掛かったりするしね」と言ってました。そういう老いなら仕方ないが、自分もいつかそうなってしまうかと思うとちょっと怖い。

話しを戻すと、そういう老人が居ない楽天本社での接種は見事なまでにシステマチックでスムーズでした。

ちなみにワクチンはモデルナ社です。

1回目は腕が痛い程度

接種1回目は、世に言われる「副反応で大変!!」の噂もあり、ドキドキしていましたが、せいぜい注射した腕が腫れて痛い程度。触れば痛いが腕が上がらないという事もなく、熱も出ていないので普通に生活も仕事もできました。

そんなわけで「ワクチンたいしたことないわー」という気持ちに。

2回目の副反応はキツかった

1ヶ月後に再度2回目を同じく楽天本社で接種してきました。

2回目のほうがキツイというのは周りからも聞いていましたが、1回目でビクビクしていながらもたいしたことなかったので、「ま、大丈夫だろ」とたかをくくってました。

が、接種当日はなんともなかったのですが、、、、その夜中には体が熱くなり、翌朝測ったら既に37.7度。

奥さんが解熱剤を用意していたので、その後一旦36度台まで下がり楽になったのですが、体全体的にだるいし関節も痛い。

2日目も全く熱下がらず焦りました。

感覚としては「完全にインフルエンザと同じ」で、まぁー何をするにも体に力入らずヘロヘロです。

ただこれは副反応であって、病気じゃないので、インフルの時のようにこのまま病気で死ぬのかもと弱気になる事はなかったです。かみさんと軽口叩き合いつつ寝ていれば数日で治るわけで、そういう気持ちの面では楽でした。

結局2日目の夕方ぐらいには熱が下がり始め、夜には36度台に。

あとは腕がやはり少し痛いぐらいで、なんともありません。

一応データでは、発熱はモデルナ2回目で40.1%なのですが、夫婦共々この40%の対象に。あとは疲労感、筋肉痛はありました。
妻は頭痛、私は軽い悪寒もありましたね。

出典  日経新聞 : ワクチン副作用は? ファイザー・モデルナ製の注意点 より

ちなみに、接種後に5Gに接続できたり、磁力を得てフライパンがくっついたり、電球を腕につけたら点灯するといった特殊効果は確認されず。ちょっと残念。ワクチン打ったら5G接続できて電脳化できるなら最高なのに。

準備しておいた方が良いこと

これもよく言われていますが、動けなくなる可能性を考慮して、事前にいろいろと準備だけしておいたほうが良いですね。うちはとりあえずポカリ/アクエリを買い込み、レトルトカレーは買っておきました。

ただ今回、我が家は夫婦共々同様に発熱でダウンしていて、小学生の娘は塾だなんだと不在で、何か飲み物が欲しいとか、何か食べないと・・・的な事もふたりとも動けないと結構ツラかった(笑)

夕ご飯はレトルトカレーも作るパワーもなく、なんとかUberで頼み、娘に手伝ってもらいなんとかなりました。

2日目の夕方にはある程度には回復していたので、体調確認も兼ねてコンビニまで歩いていき、夜はコンビニ弁当でした。

こんな感じなので、普通にインフルで3-4日ぶっ倒れて動けなくなるようなイメージ。事前に買いだしをして用意しておくと良いでしょう。副反応なければないでOKですし。インフルエンザとか病気はいきなり来ますが、ワクチンなら事前に分かっているわけで、準備できる分気は楽です。

ワクチン効果で重症化しない安心感は大きなプラス

若干副反応は初めてだったのでややツラかったですが、それでも2日間程度。インフルエンザに比べれば相当時短(?)だし、ワクチン接種によるコロナにかかりにくくなる&重症化しないという安心感は大きい。ワクチンパスポートなどができれば、もっと自由に動けるだろうし、接種した人にはプラスのメリットがあっても良いと思う。(ワクチンに不安を感じて打たない方はそれでいいと思います。ただ発症リスクはワクチン接種者よりは高くなるので、生活がいまのまま変わらない点は致し方ないところだと思います。)

知り合いは3-4日間ダメだった人も居たので、私達はまだマシなのでしょうが、それぐらいは動けない事があると予想して、重要な仕事やイベント等がある場合は、日程調整してから打ったほうが良いと思います。

うちの奥さんは「こんなに倒れるなら、月曜とかに打って、火曜、水曜と病欠したかった。金曜打ったら土日が潰れただけだわー」と嘆いてました(汗)。まぁ確かに会社にもそういう計画的に副反応休暇とる人もでてきましたし、そういうのもアリですね。

ワクチンの効果は半年とか1年と言われていますので、また来年初頭にも打つ必要がありそうなのが億劫ですが、今回は初めてという事で「いやーこんなんなるとは」と焦りましたが、ある程度分かってきたし、「こういうものだ」と分かっていれば次回は解熱剤+寝ていればOKならたいしたことはないですね。

これから受ける方に少しでも私の体験が役立てばと思います。

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 重箱の隅をつついて回る KEI

    自分も8月頭と末にワクチンを打ちました。ちなみに「ファイザー」です。
    副反応は1回目は腕の痛み、2回目は腕の痛み+頭痛でした。
    腕の痛みも1日立てばなくなりましたし、頭痛も薬を飲めば収まりました。

    • は! また修正か!?と思ったら違った(笑)
      意外と軽症状で良かったですね。ファイザーだからかな?
      薬で症状緩和できるレベルなのは羨ましいです。
      腕も痛いですし、早く鼻から吸入するワクチンを日本も導入してほしいところです。

  2. ()内の記述にコメントするのもアレかと思いますが、
    『ただワクチン接種者と比較して他人へのリスクがある』という記述で触れている具体的なリスクとその根拠は何でしょうか?
    ご自身で書かれている通り、ワクチン接種による効果は重症化を防ぐ事と、感染後の発症率を低下させる事であって、コロナに感染するリスクを下げたり、感染後に他人にうつすリスクは下がりません。これらについては未接種者と差は無いと思います。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スマートフォン

More

タブレット

More
Return Top