【レビュー】「DTNO.1 DT8 ULTRA+」-Appleのあの製品にクリソツだが操作性抜群な上に心電図もBluetooth通話機能もサポートした2.1インチの大型スマートウォッチ

どうみてもAppleのあのスマートウォッチと激似な「DTNO.1 DT8 ULTRA+スマートウォッチ」を使ってみましたのでレビューしていきます。

DTNO.1 DT8 ULTRA+スマートウォッチ

DTNO.1 DT8 ULTRA+スマートウォッチは、スクエア型の2.1インチというかなり大きなディスプレイを搭載しているのが特徴。
見た目はApple Watch Ultraとかなり似ています。というかほぼクローンです。

左右に2ボタン+1デジタルクラウン(ダイヤル)があり、ディスプレイは2.1インチと大型。

バッテリーライフは通常使用で5日で、スタンバイは20日。

またトラッキングとしては、24時間の心拍測定、SpO2(血中酸素濃度)、睡眠トラッカー、だけでなく、血圧やESG:心電図もサポート。女性の場合は生理管理も可能です。NFCもありAliPayにも対応します。IP68防水、Bluetooth通話機能もサポート。

DTNo.1 DT8 Ultra +
ディスプレイ 2.1インチ 420×485 TFTディスプレイ
バッテリー 280mAh
バッテリーライフ 通常使用 : 5日間/省電力モード 20日
GPS
防水 IP68
機能 バイブレーション: あり
ヘルストラック: SpO2(血中酸素),心拍,歩数、血圧、ESG:心電図、
重さ 46g
その他 ・マイク
・Bluetooth通話
・NFC(AliPay)

 

*DTNo.1様からお借りしました。

開封して使い勝手をチェック

同梱物はマニュアル、USB充電ケーブルと一般的なパッケージ。

充電ケーブルはマグネットタイプで、吸い付くように固定されます。ただマグネットは強くなく外れ易い。このようにマグネット接続したあとはそっと置いておく必要があります。

充電頻度は通常使用なら5日となっているので、平日だけ使用なら週に一回程度の充電頻度。

マニュアルは絵入りですが、英語版のみでした。ただDT8 Ultra Plusは後ほど紹介していきますが、かなり直感的に使えるスマートウォッチなのである程度「使えば分かる」はずです。

2.1インチTFTディスプレイは視認性も良くまずまず美しいです。ベゼルも細くスタイリッシュ。

操作系は右側面に1ボタン、1つのデジタルクラウン:ダイヤルがあり、ダイヤルは押し込みが1つあります。下側のボタンはマルチタスク切り替え表示で、最近実行したメニューを表示/切り替えできます。

デジタルクラウンは回すとウオッチフェイスの切り替えが簡単にできるようになっています。これによりお気に入りウオッチフェイスをプリセットから、その時々の気分で選択できます。ちなみにウオッチフェイスをダウンロードしておけば、それも選べるので、服のカラーに合わせて毎日変えたり、ビジネス仕様だからシックな色合いの画面にしておこうなんてのも簡単に切り替えられる。

反対の左側にはオレンジのボタンがあり、こちらはスポーツモードの選択が出来るようになっています。
ただこのボタンに関しては、アプリで他の設定にする事が可能で、心拍やメッセージ、天気といったメニューが設定可能です。

Apple Watch Ultraと同様のボタン/ダイヤル配置ですが、この2ボタン/1ダイヤル、そして画面タッチは抜群に操作性が良いです。操作自体もよく反応するので軽快ですね。またこのボタンの上にスピーカーもあります。

ペアリングも簡単

まずはAEACのスマートウォッチとスマートフォンをペアリングし連動させて使える様にしていきます。

Google Play/App Storeで”Wear Pro“で検索するとアプリが出てくるので、そちらをインストールすればOK。

アプリを起動するとログインもしくはアカウント作成が必要となります。アカウントはGoogleアカウントと連動も可能なので、面倒ならこちらを使うと良いでしょう。

あとは初期設定を完了させて、アプリが起動したら、「設備」タブから「今すぐデバイスをバインド」をタッチすると、近くにあるDT8 Ultra Plusを自動で検出してくるので、ペアリングの要求画面がでたら「ペアリング」をタッチすればOK。

通知有無、持ち上げて画面オン等、設定も結構細かくできます。

ウオッチフェイスは多数から選択可能

スマートウオッチの良いところはウォッチフェイスを好きなデザインに変更できるところ。

プリセットは3種類ですが、アプリからオンラインで約150種類から選択可能です。

前述のように、ダイヤルで簡単にウオッチフェイスの切り替えが可能なので、好きな画面を登録しておくと便利です。

受電だけでなく発信通話も可能

Bluetooth通話機能を使ってみました。

アプリでペアリングするだけでなく、Bluetooth設定で最初に1度だけ繋げる設定が必要ですが、その後は普通に着信電話、及び発信電話が可能です。使用感も良く普通に通話できるレベルにあり、スマートウォッチ側からのスピーカー音量も結構大きく、街中でも普通に腕時計通話ができるレベル(ただ相手の声だだ漏れで迷惑ですが・・・)。

連絡先はアプリ側で事前に連絡先登録をしておけば(スマホの連絡先から選ぶだけ)、AEACのスマートウォッチの「連絡先」から発信ができます。つまりスマホレスで通話ができます。これは普通に便利です。

LINEなどのスマホ通知も可能

スマホからの通知設定はアプリ側で「アプリ通知」からLINEやSNSをOnにしておけば、受け取る事が出来ます。

通知できるアプリはLINEだけではなく、好きなアプリの通知を受け取る事もできます。

上はLINEで受け取ったもので、文字は読みやすい大きさです。但し本文はもっと長かったのですが、20文字までしか表示されません。ここはちょっと難点ですね。タッチすればより長文を読めるなら良かったのですが、それもできませんでした。

フィットネストラッカーとして

フィットネストラッカーとしては一般的な心拍/歩数計/睡眠といった基本的なヘルスデータ、更に心電、血圧、SpO2(血中濃度)と言ったデータの収集まで可能です。

ECG=心電図はこのように計測されています。ただどこまで信憑性があるかは分かりません。

ランニングやウォーキング、歩数データといったスポーツデータのトラックも可能。

スマホのGPSとも連動して地図上のどこを走ったかも分かるようになっています。

電池の持ちはやはり5日程度

通常使用で5日使用可能ですが、実際では5-6日程度でした。

私のテストでは、通常使用とは言え、輝度MAX、LINEは10-20通/日、24時間心拍測定して日に数回SpO2測定しての結果です。その為、比較的過酷なレベルですから、もっとバッテリーライフに気を使った使い方なら、もう少し伸びそうです。

ただ省電力性能が抜群で、使わない時は殆ど減らない。他のスマートウォッチのレビューの為、残55%の時に1週間ほど放置したのですが、10%ぐらいしか減っていません。

若干怪しい日本語

DT8 Ultra Plusは、概ね日本語がきっちり翻訳されていますが、所々突っ込みたくなるようなものもあります。

たとえばメニューにある「緊急連絡先」は「きんきゅー緊急れんらく連絡さき先」となっていて、恐らくトランスレートする対比表の表記間違いのままメニューに載っています。外注に依頼して、納品されたあと誰もチェックしてないんだろうな・・・。

アプリはDTNo.1純正ではなく汎用でしょうが、「公制」「英のシステム」とか日本人からするとなんのこっちゃとなっています。(概ね分かりますが)

総括

Apple Watch Ultraにそっくりなクローンとも呼べる外観、少しだけおかしい日本語など怪しさはありますが、実際使ってみるとこれはお値段以上の実力です。

スマートウォッチとしての基本機能であるヘルストラッカーとしては、心拍/カロリー等だけでなく、SpO2/ECG(心電図)も測れるし、Bluetooth通話機能にも対応してます。DT8 Ultra Plusにはスピーカーとマイクが内蔵されていてスマホを取り出すことなく、DT8 Ultra Plusだけで通話が可能です。IP68防水の為、雨でも水中でもOKと、意外と全方位的に満足出来る機能を有しています。

単にApple Watch Ultraに似ているだけでなく、普通に数千円の価格帯の他のスマートウォッチと比べてもBluetooth通話機能等も含め高機能で操作性も良く、ストレスなく使えるのは頭一つ抜けた印象です。

デザイン的にクローンなので独自性がないのがややマイナスですが、そうしたことも含めて楽しめるのであれば、かなり使えるスマートウォッチです。

価格

DT8 Ultra Plusスマートウォッチは、AliExpressにて、3000円台で発売中。

AliExpress販売ページ

 

最新情報をチェックしよう!