物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

Galaxyが正常進化! Galaxy S9/S9+で変わったこと/価格/スペック

SamsungからGalaxy S9 / S9+(Plus)が発表されました。

既に日本語ページもあり、恐らくはキャリアスマホとして順当に投入されると思われます。

このGalaxy S9 / S9+について、所感をとりまとめてみました

見た目の大きな進化は無い

S9 / S9+ですが、S8からのデザイン上の進化というのはあまりありません。18.5 : 9のインフィニティディスプレイは変わらないし、S9は5.8インチ、S9+は6.2インチというのも同じ。サイズ/重量面は以下比較していますが、縦方向が若干短くなりましたが、横幅/厚みともに僅かに増加。バッテリー容量も変わらないものの、重量が10g以上増加となっています。

Galaxy S9+ Galaxy S8+ Galaxy S9 Galaxy S8
サイズ 158.1×73.8×8.5mm 160×73×8.1mm 147.7×68.7×8.5mm 149×68×80mm
重さ 189g 173g 163g 150g
バッテリー容量 3500mAh 3500mAh 3000mAh 3000mAh

指紋認証リーダーとカメラは縦配置に改善

S9 / S9+の大きな違いとしては、S9はシングルカメラ、S9+はダブルレンズカメラとなっています。そして、指紋認証リーダーはそのカメラと縦並びとなった為、Galaxy Note8のような「指紋認証リーダーはどこ?」と指先で探す回数は減るでしょう。

これを「人間工学に基づいて配置しました」と謳っているのですが、今まで(S8やNote8)はそうじゃなかったのか?と思わずツッコみたくなります。ようやく普通の配置になったと言う事で歓迎です。ただできればディスプレイ側で指紋認証できるといいのですけどね。

SoC(CPU)はスナドラ845/Exynos9810

SoCは正常進化で、Snapdragon845またはExynos9810となります。最新のハイエンド端末であることは間違いありません。

またRAMはS9が4GB、S9+が6GB。ストレージはは64/128/256GB版があります。microSDも従来通りサポートされます。(容量不明ですが、256GB以上でしょう)

カメラが大幅進化し、絞り値は自動切り替え

背面カメラはS9が12MPのシングル、S9+が12MP x2のダブルレンズカメラ。凄いのはF値(絞り)が自動変更される点で、F1.5/F2.5を周囲の明るさによって自動的に切り替えてくれます。F1.5はスマートフォンで最高レベルで、暗所でも明るく写真が撮れます。

また960fpfスーパースローモーションの撮影も可能。撮影したスローモーション動画をロック画面にすることもできます。

ステレオスピーカー/Dolby Atomos対応

Samsung初となるステレオスピーカーを搭載。確かにGalaxy Note8を使っていると、シングルではいい音は出すのですが、下部の穴から音が出るので、持ち手でスピーカー穴を塞ぐ事があるのでステレオスピーカー化は歓迎です。
更にDolby Atomos対応で迫力のある音質を楽しむこともできます。

DexPadでTVに接続して楽しめる

以前のDex Stationは、形状が縦型のワイヤレス充電器のような形でした。その為、TV接続してもPCライクに使う場合はマウスとキーボードが必須でした。しかし今回のDex Padであれば、Galaxy S9 / S9+を上向きに置くことで、スマートフォン自体がそのままタッチパッドやキーボードの代わりとなり、簡易的にデスクトップ風の環境を使うことが可能です。

旅行いった時やイベントの写真を家族や友人達に見せたい場合、DexPadがあれば気軽に使えるのが良いですね。ミラーリングされるのでTVの大画面でYouTube等のスマートフォンアプリをそのまま使えます。

フォト/イメージ

 

主要スペック

公式ページにはまだスペックが載っていないので、仮です。

Galaxy S9+ Galaxy S9
ディスプレイ 6.2インチ QHD+ (2960×1440)
アスペクト比18.5:9 SuperAMOLED
5.8インチ QHD+ (2960×1440)
アスペクト比18.5:9 SuperAMOLED
CPU Qualcomm Snapdragon 845
Samsung Exynos 9810
Qualcomm Snapdragon 845
Samsung Exynos 9810
メモリ 6GB 4GB
ストレージ 64GB/128GB/256GB 64GB/128GB
OS Android 8.0 Android 8.0
カメラ ・背面 12MP + 12MP
F1.5/F2.5自動切り替え、光学2倍、960fpfスーパースローモーション
・前面 8MP
・背面 12MP
F1.5/F2.5自動切り替え、光学2倍、960fpfスーパースローモーション
・前面 8MP
バッテリー 3000 mAh (QuickCharge 2.0対応/ワイヤレス充電対応) 3000 mAh (QuickCharge 2.0対応/ワイヤレス充電対応)
ネットワーク Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
SIMスロット nano SIM + nano SIM
デュアルスタンバイ
nano SIM + nano SIM
デュアルスタンバイ
microSD 有り :  (nano SIMと共用) 有り :  (nano SIMと共用)
対応周波数帯 未発表 未発表
サイズ 158.1×73.8×8.5mm 147.7×68.7×8.5mm
重さ 189g 163g
その他 ・USB Type-C
・指紋認証センサー
・Face ID/虹彩認証
・ステレオスピーカー
・Dolby Atomos
・防水
・USB Type-C
・指紋認証センサー
・Face ID/虹彩認証
・ステレオスピーカー
・Dolby Atomos
・防水
カラー ブラック/グレー/パープル ブラック/グレー/パープル

価格と発売日

発売は3月16日からで、S9が719.99ドル、S9+が839.99ドルです。日本ではまだ正式発表されていませんが、公式ページが日本語版で公開されていることから、近いうちに発表されると思われます。

関連サイト

・サムソン公式ページ: Galaxy S9/S9+|Samsung Japan

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 居着いたガジェオタ

    見事なまでのマイナーチェンジですね(笑)
    まぁでもやっとステレオスピーカーになって、他社に唯一出遅れていた部分が補完されました。
    しかしなぜ厚みが増したんでしょうね、、、って自動絞りのせいか。

    よし、これで今年はiPhoneのX系の新型にターゲットを絞れそうです(つまり買い替えるまでもない)

    • ビッグマイナーチェンジって感じですね。既にS8/S8+を持っている人が買い換えても、自動絞りとダブルレンズカメラ(S9+)ぐらいしかメリットがないので、「新しいのを買った!」的な物欲満足感は得られにくいのが難点です。
      HUAWEIのP20がノッチタイプの挑戦的なデザイン(と思われる)なので、発表が楽しみですね。(3/27)
      iPhoneX系にももしかしたら影響しそうです。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top