物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

デザイン一新!背面ガラス/SONY初の18:9縦長ディスプレイ『XPERIA XZ2』発表!

SONYはMWC2018にて、XPERIAのフラッグシップスマートフォン『XPERIA XZ2』を発表しました。デザインを一新したXPERIA 初の18:9 縦長ディスプレイを搭載しています。

特徴

基本スペックはやはり過去のXZシリーズ同様にハイエンドで、SoC(CPU)はSnapdragon845と現時点で最高のもの。RAMは4GBでストレージは64GBで、このあたりはややコンサバです。

カメラはダブルレンズカメラが期待されましたが、背面は19MPのシングルカメラ。

4K HDR動画が撮影でき、また960fpsのスーパースローモーション撮影(フルHD)も可能です。

フロントカメラはXZ1では13MPでしたが、5MPのシングルと大幅にスペックダウン。これが実際の写真にどれほど影響するかは撮影してみないことには分かりませんが、いまどき5MPというのはちょっと衝撃です。但しダブルレンズカメラに関しては、今後導入することを発表会では匂わせていましたので、恐らく噂されている上位機種のXZ2 Proで搭載されてくるのではないかと思われます。

またステレオスピーカー、IP65/68防水防塵は引き継がれ、更にワイヤレス充電(Qi)にも対応。

ディスプレイは5.7インチフルHD+(2160×1080)で、SONY初の縦長ディスプレイ。やっとトレンドの一部に追いついた形ですね。

左右ベゼルもありますが非常に細くなり、上下ベゼルも以前の機種よりは遙かに薄くなっています。

ただ恐らく一番気になるのはこの一新されたデザインの部分でしょう。

背面がもっこりしており、巷ではランチパックとかあだ名が付いてますが、SONYらしいスタイリッシュさが欠けています。auで発売していたSOL25 XPERIA ZL2を彷彿とさせるデザインです。最厚部は11.1mmもあります。最薄部は6mmなので、もっこり具合は中心に向かってなだらかなカーブを描いているはずで、恐らくは手に持った感じとしては予想以上に手に馴染むのでしょうが、ぱっと見で購買意欲がそそられるのかというと微妙な気がしています。ただ背面はガラス処理されていて、光沢感があり見た目の処理は美しそうに見えます。

また見て分かるように、指紋認証リーダーは側面から一般的な背面に移動しています。これは既存のXPERIA XZシリーズの側面指紋認証にメリットを見いだしている人たちからするとがっかりな点でしょう。もちろん既存のものが最高だからずっと変えないのが正解とは思っていないのですが、背面指紋認証というのは安易な解決策であり、妥協感があります。そしてイヤホンジャックも廃止されています。(USB Type-C変換アダプタ使用となります)

ただし、デザインを一新した点に関してはとても好意的に見ています。ここからがスタートで、周回遅れ感のあるデザインから脱却している点は評価していいでしょう。

スペック

XPERIA XZ2
ディスプレイ 5.7インチ フルHD+ (2160×1080)
アスペクト比18:9
CPU Qualcomm Snapdragon 845
メモリ 4GB
ストレージ 64GB UFS
OS Android 8.0
カメラ ・背面 19MP
F2.0、960fpfスーパースローモーション
・前面 5MP F2.2
バッテリー 3180 mAh (QuickCharge /ワイヤレス充電対応)
ネットワーク Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
SIMスロット nano SIM + nano SIM
デュアルスタンバイ
microSD 有り : 最大400GB (nano SIMと共用)
対応周波数帯 GSM GPRS/EDGE (2G)
UMTS HSPA+ (3G)
LTE (4G) Cat18 with up to 1,2Gbps
サイズ 153 x 72 x 11.1 mm
重さ 198g
その他 ・USB Type-C
・指紋認証センサー
・ステレオスピーカー
・IP65/68 防水防塵
カラー Liquid Black
Liquid Silver
Deep Green
Ash Pink

フォト/イメージ

XPERIA XZ2 発売日 スペック

関連リンク

・公式サイト :  XPERIA XZ2 (SONY Mobile Global)

 

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By マクガイバー

    イヤホンジャックが無くなったのは、本当に残念です。

    Bluetoothは、充電が切れると使えないので、イヤホンジャックの方が車での移動やジョギングでも使いやすかったのにな!

    また、最近SONYアプリのBDからの動画をダウンロードできるアプリも更新してから不具合で出来なくなり、仕事にも使えず、そのまま放置状態だし、SONYは何を考えているのか?わかりません。

    • 私もXPERIA好きSONY好きとしては同意見です。
      Bluetoothはうっかり充電切れると使いたい時に使えなくなるから、そういう心配事を無くすためにも有線は継続して頂きたかったですね。
      まぁ既存イヤホン使いたければ、USB Type-Cから変換ケーブルでって事なんでしょう。(イヤホン自体も同梱されてますし)

      アプリ系はもろにそのメーカーの力が試される部分なのですが、最近のSONYはこのあたりもパワーが落ちてる気がします。
      ただ、XZ1の頃のデザインを打破した点は旧態依然のSONYから脱却しようとしているとみても良いのかなとは思います。
      まだまだですが、泥沼から抜け出そうとはしているのかなと。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Return Top