物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

ドコモ/au 国内版「Galaxy Z Fold3」「Galaxy Z Flip3」発売日は10月6日! キャンペーン活用で最大3.5万円分のカバーwith Sペン/GalaxyBusd Proがもらえる国内版のほうがオイシイ

折り畳めてタブレット/スマホにもなるGalaxy Z Fold3,たためるスマホ「Galaxy Z Flip3」の国内ドコモ版とau版の発売日が2021年10月6日に確定しました。

価格

価格はドコモ版、au版共にほぼ同額で差がありません。

Galaxy Z Fold3 Galaxy Z Flip3
ドコモ ¥237,600 ¥148,896
au ¥237,565 ¥148,925

国内版はキャンペーンがめっちゃオトク

Galaxy Z Fold3は 20万円を軽く超えていてめちゃくちゃ高いのですが、予約しました。
防水対応している点と、未来的なスマホが欲しい点(いまGalaxy Note20 Ultraを使っていますがNoteシリーズ後継がまだ出ないし、出たとしてもスペック強化されるだけ)、タブレットモードで漫画/雑誌等々の読書ライフをしたい点を自分なりに納得させて、ドコモ版で予約突入してみました。

そしてオトクなのがこのキャンペーン
Samsung + docomo/auでGalaxy Z Fold3/Z Flip3を2021年10月25日までに購入し、サイトから応募すると、Z Flip3はフリップカバーwith SペンとGalaxy Buds Pro、Z Flip3はGalaxy Buds Proのみが無料でもらえます。

Z Fold3用のフリップカバーwith Sペンは海外輸入サイトのETORENでは15200円Galaxy Buds Proは約2万円です。

つまりZ Fold3の場合は3.5万円相当の製品が無料でもらえるので、非常に大きなキャンペーンとなっています。
特にZ Fold3に関しては、このフリップカバーwith Sペンは、Z Fold3で手書き等をするならほぼ必須レベルなので、後から買わなくて良いという面でも大きいキャンペーンです。

Galaxy Z Fold3に関しては海外版より国内版がいい理由

今まで私は大抵は海外SIMフリー版を輸入購入していましたが、それは海外版のほうがカラーバリエーションが多く、早く発売されて安かったから。

しかしGalaxy Z Fold3に関しては価格はそう変わらず、国内発売日より早く手に入るぐらいしかメリットがありませんでした。国内版はキャリアで買えば上記のようなキャンペーンでSペン付純正ケース、TWSイヤホンが手に入るわけで、トータルコストとしては圧倒的。

そしてまだ判明していませんが、23万円のZ Fold3を壊した場合の保険も掛けられる可能性もあります。海外輸入版だと保証は一応あるものの、修理リードタイムや外装交換、そして保険の面でも不安が残ります。普通のスマホなら問題無いのですが、なにせフォルダブルだし華奢なイメージは否めませんし、23万が落下で一発死したら目も当てられません。安心して使う為にも国内版が必須かなと思うのでした。

関連リンク

ドコモ :  Galaxy Z Fold3 5G SC-55B / Galaxy Z Flip3 5G SC-54B 
au : Galaxy Z Fold3 5G SCG11 / Galaxy Z Flip3 5G SCG12

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 他キャリアのバンドはまともに使えない仕様で売ってるので、SIMフリー端末として検討するのは注意が必要ですね。

    • そうそう。そうでした。キャリア版はSIMフリー化(ロック解除)するとゴミバンドなときもあるので、キツイですよね。特にauは。私はメインをdocomoから替える予定はないので、docomo版買っとけば良いんですけども。
      そういう面では、海外とかのSIMフリー版は融通利くので、あまりバンドの意識しなくて良いのが助かりますね。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スマートフォン

More
Return Top