物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

CHUWI 10.1インチAndroid10 タブレット「HiPad X」発売へ~Helio P60搭載&期間限定で199.99ドル(約2.1万円)と安いぞ

中国のPC/タブレットメーカーCHUWIが、10.1インチAndroid10 タブレット「HiPad X」を発売しました。

10.1WUXGA解像度ディスプレイ、6GB RAM、Helio P60搭載で軽快動作が期待できそうなAndroid10タブレットです。
価格は199.99ドル(約2.1万円)で9月15日より先行発売されます。

・公式ページ : CHUWI HiPad X

HiPad Xの特徴

HiPad Xは10.1インチと使いやすいディスプレイサイズのタブレットで、ディスプレイ解像度はWUXGA(1920×1200)と高解像度です。

OSはAndroid 10で最新。キーボードとスタイラスペンがオプションで用意されています。

ボディはフルメタル製で、中華タブの安物感はなく、むしろ高級そうに見えます。重さは550gで10.1インチタブとしては若干重めですが、その分質感が高くなっています。

SoC(CPU)はMediaTek Helio P60 2.0GHz クアッドコア。これは中華スマホのミドルレンジあたりでよく使われるもので、低価格でありながらそこそこパワフルです。

RAM+ストレージは、6GB+128GBとタブレットとしては余裕のあるスペック。ストレージは低価格帯の定番であるeMMCではなくUFSとなっていて、eMMCの3倍の速度で動作します。

更にスマホと同じCPUを搭載しているため、デュアルSIM構成でLTE通信可通信が可能です。まだCHUWIサイトに対応周波数帯が掲載されていないのでバンドは分かりませんが、恐らくはB1/B3/B8といった、docomoの首都圏、SoftBankのプラチナバンド対応かと思われます。

更にGPSもサポートされるので、ナビ代わりに使うことも可能です。

 

オプションのドッキングキーボードを接続すれば、PCライクにも使用可能です。

これだけの構成で199.99ドルは正直安いと思いますし、タブレットのSoCとしてHelio P60を選んだ辺りかなり良いと思います。Snapdragon660あたりと性能面ではそう大差ないですし、タブレットにもそこそこのパワフルさがあり、フルメタルボディの高級感もあり、安物感がある低価格帯のタブレットではなく、ミドルレンジのタブレットを求めるなら、HiPad Xはかなり良い選択肢になると思います。

スペック

製品名 CHUWI HiPad X
ディスプレイ 10.1インチ WUXGA 1920×1200 IPS
CPU MediaTek Helio P60 MT6771V
オクタコア 最大2.0GHz
メモリ 6GB LPDDR4X
ストレージ容量 128GB UFS
OS Android 10.0
カメラ 500万画素
ネットワーク IEEE 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
LTE通信可 :SIMの対応周波数帯は不明
インターフェース USB Type-C×1、3.5mmヘッドホン、デュアルSIMカードスロット、microSDカードスロット
バッテリー 7000mAh /3.8V
サイズ 252.54×162.94×9.5mm
重量 550g
その他 スピーカー :ステレオ

価格

HiPad Xは既にCHUWI公式サイト/Aliexpressの公式オンラインストアで販売開始されています。

現在の価格は3万円ほどと高価ですが、9月15日16:00~9月17日 16:00限定で、199.99ドル(約2.1万円)となります。

・公式ページ : CHUWI HiPad X

関連ページ

・公式ページ : CHUWI

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スマートフォン

More
Return Top