物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【限定149ドル】6cm角の世界最小クラスミニPC「LarkBox」がクラウドファンディング開始 : PR

中国のPC/タブレットメーカーCHUWIが、世界最小4KミニPC「LarkBox」をIndiegogoにてクラウドファンディングをスタートさせました。

Indiegogo : CHUWI LarkBox

クラウドファンディング

プロジェクト金額は3万ドルでそれは既に達成済み。つまり出資=購入と同意になります。

現在の出資金額は「Early Bird Price-LarkBox-JP」という”日本人用キャンペーン”ものがあり、155ドル(22% OFF)で購入可能。

この価格は最初の300名限定で、その後500名までは169ドル(15% OFF)となります。

また更に、物欲ガジェット用の割引も設定して頂けました。149ドル=15856円で25% OFFです。

キャンペーンの終了は一ヶ月後の2020年7月24日で、発送は8月となる予定です。

Indiegogo : CHUWI LarkBox

LarkBoxの特徴

LarkBoxは究極的に小さく61x 61x 43mmというサイズ。これはレモン1個の大きさとほぼ同じです。

このLarkBoxはVESAマウントにも対応しているので、対応TV/ディスプレイであれば、背面に簡単に取り付ける事ができる為、見た目はオールインワンPCのように使えます。

そもそもこんなに小さいので邪魔にはなりませんが、それでもケーブル類の取り回しを考えると、TV裏に隠せるなら、そのほうが明らかにスッキリします。

基本性能はライトユース向けで、CPUはIntelのCeleron N4100 Quad Core (最大2.4GHz)。メモリは6GB、ストレージは128GB eMMCが内蔵されています。

スペックはパワフルとは行きませんが、ネット/動画見たり、文章作成等程度なら余裕のスペックで4K動画が再生でき、また4K再生ができるPCとしては世界最小。

スタンバイ消費電力はわずか5W。更にこの超小型筐体に放熱ファンも組み込まれています。

ポート類は以下のようになっています。

  • USB Type-C
  • USB Type-A x2
  • HDMI
  • 3.5mm イヤホンジャック
  • microSD

スペックは決して高いわけではありませんが、6cm角にこれだけの性能を詰め込み、128GBストレージにWindows 10をインストールし、メモリ6GBと充分使えるレベルのPCになっている点は評価すべきでしょう。しかも価格は1.8万円ほどと低価格で、いわゆるミニPCとして競合製品を見回してもかなりリーズナブルです。

スペック

Indiegogo : CHUWI LarkBox

関連ページ

・CHUWI 日本公式ページ : CHUWI

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スマートフォン

More

タブレット

More
Return Top