物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

CHUWIがりんごより小さい世界最小4KミニPC「LarkBox」を発表~

中国のPC/タブレットメーカーCHUWIが、スマートフォンより軽い世界最小4KミニPC「LarkBox」を発表しました。

CHUWI LarkBox

LarkBoxの特徴

最近はミニPCという分野が活況です。ゲームや動画/画像編集といったハイスペックなPCが欲しい方を除き、多くのWindowsユーザーはライトユース。自宅にTVがあるのに、わざわざPCディスプレイを用意するのは勿体ない。ミニPCは手のひらサイズが多く、ディスプレイ背面に取り付ける事が可能なものも多く、部屋の見た目もすっきりするので、Win10 PCを日常的に使うというより、必要な時にさっと切り替えて使いたい方には、ミニPCは価格も安くちょうどいいPCです。

LarkBoxは更に突き詰めて、61x 61x 43mmとリンゴより小さい。

実物大のリンゴと比較した写真。長さだけならマウスよりコンパクトです。

このLarkBoxはVESAマウントにも対応しているので、対応TV/ディスプレイであれば、背面に簡単に取り付ける事ができる為、見た目はオールインワンPCのように使えます。

そもそもこんなに小さいので邪魔にはなりませんが、それでもケーブル類の取り回しを考えると、TV裏に隠せるなら、そのほうが明らかにスッキリします。

基本性能はライトユース向けで、CPUはIntelのCeleron N4100 Quad Core (最大2.4GHz)。メモリは6GB、ストレージは128GB eMMCが内蔵されています。

スペックはパワフルとは行きませんが、ネット/動画見たり、文章作成等程度なら余裕のスペックで4K動画が再生でき、また4K再生ができるPCとしては世界最小とCHUWIは言っています。

スタンバイ消費電力はわずか5W。更にこの超小型筐体に放熱ファンも組み込まれています。

ポート類は以下のようになっています。

  • USB Type-C
  • USB Type-A x2
  • HDMI
  • 3.5mm イヤホンジャック
  • microSD

超小型PCであることを考えれば十分。USBは2ポート+TypeCも1ポートあり、HDMI、microSDもサポートされています。Bluetooth 5.0にも対応で、WiFi規格は公表されていませんが、LAN端子は無いので恐らく2.4GHz帯と5.0GHz帯もサポートされていると思われます。

スペック

まとめ

価格はまだ分かりませんが、CHUWIでは今後公式サイトで情報をアップデートしていくとのこと。

また発表記念で、4名にこのLarkBoxが当たるGiveawayキャンペーンも開催中です。

発売時期や価格はまだあまりはっきりしませんが、Giveawayキャンペーンもしていますし、ここ何日か数週間以内にははっきりしてくるでしょう。

関連ページ

・公式ページ : CHUWI LarkBox

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スマートフォン

More

タブレット

More
Return Top