物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

CHUWIから12インチ2in1タブレット「UBook X 」発売~3:2 2K解像度/780gと軽量Win10 PC

中国のPC/タブレットメーカーCHUWIが、12インチの2in1タブレットPC「UBook X 」を発売しました。

12インチで アスペクト比 3:2の2K解像度ディスプレイ、8GB RAM、256GB SSD搭載充分な性能を備えた軽量ラップトップPCです。

・公式ページ : CHUWI UBook X

UBook X の特徴

UBook Xは12.0インチディスプレイを搭載した2in1 Win10タブレットPCで、2K(2160×1440)と高解像度です。

画面は縦長のアスペクト比3:2で縦方向に長く、縦のコンテンツであるWebや、Excelなどが使いやすい。

ChuwiのラップトップPC/2in1タブレットは、3:2の比率のディスプレイをよく採用するのですが、これは是非続けて頂きたい所です。Surfaceシリーズでは同様にアスペクト比3:2で縦が長い為、画像編集ソフトやブラウザ、Excel/Wordなどはとても便利で、一度使うと16:9の普通のラップトップPCが窮屈で仕方ないと感じるようになります。それぐらい体感で違ってくるので、個人的にはこの流れがもっと広がると良いなと感じています。

CPUはIntel Celeron N4100 Quad core 2.4GHz。これは中華PCでよく使われるもので、いわゆるローエンドですが、
RAM は8GB、ストレージは256GB SSDを搭載しているので、CPU負荷の高いアプリで無ければWin10自体は快適に動くでしょう。

拡張ポートは最小限ですが、必要なものは揃っています。映像出力対応のUSB Type-C、USB 3.0 Type-A、microSD、3.5mmイヤホンジャック。充電用DCジャックが別にありますが、USB PD2.0で充電できるので、モバイルバッテリー等での給電も可能。

タブレット本体の重量は780gと軽量。専用のドッキングキーボードはオプションですが薄型なので、恐らくはドッキングしても1kg程度と予想されます。

本体背面にはキックスタンドがあり、145度の確度まで開くことが可能。

キックスタンドを仕舞って、タブレットスタイルにすれば、HiPen H6というスタイラスペン(オプション)でお絵かきも可能です。

バッテリーは通常使用で9時間。これはカタログ値なので実際は6-7時間ぐらいかと予想されますが、1日中PCを使うような環境でなければ余裕です。

Celeron機というのがCPUパワー的にネックですが、負荷の高いアプリを使わず、ネットや動画視聴、書類作成、メールなどのライトユースなら8GB RAMとSSDで比較的快適に動くはずです。2in1タブレットという汎用性の高さと、アスペクト比3:2の縦方向に長めなディスプレイを持ち、それでいて低価格なPCはなかなか見当たらないので、貴重な存在です。

スペック

製品名 CHUWI Ubook X
ディスプレイ 12.0インチ 2K(2160×1440) IPS
アスペクト比 3:2
CPU Intel Gemini Lake Celeron N4100 Quad Core 2.4GHz
メモリ 8GB LPDDR4
ストレージ容量 256GB SSD
OS Windows10 Home
カメラ フロント: 200万画素
バック : 500万画素
ネットワーク IEEE 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
インターフェース USB Type-C(PD対応) 、
USB Type-A、
micro HDMI 、
3.5mmイヤホンジャック、
microSD
バッテリー 38Wh/最大9時間使用可能
サイズ 292.19 * 207.89 * 9mm
重量 780g (タブレット本体)
その他 オプション :
キーボード、
4096段階スタイラスペン

価格

UBook Xは7月30日よりCHUWI公式サイトで販売開始されています。

価格は399ドルが定価ですが、7月30日~8月8日限定で、専用キーボードがもらえるキャンペーンを開催中。発送は8t月7日から予定です。

・公式ページ : CHUWI UBook X

関連ページ

・公式ページ : CHUWI

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top