物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

Ulefoneから音にこだわった5.5インチフルHDスマホ『Vienna』が発売! いきなり2万円以下でお買い得

中国のスマートフォンメーカーであるUlefoneから、5.5インチフルHDスマホ『Vienna』が発売されました。

Ulefone ViennaUlefone Vienna

細かいスペックは下記を見て頂くとして、画面は5.5インチのフルHD(1920×1080)、Gorillaガラス3、CPUはMediaTek MT6753 オクタコア1.3GHz、メモリ3GB+ストレージ32GBとかなりスペック的には頑張っています。

スペック的には、Ulefone Be Touch3や、Ulefone Powerと言った既存機種とあまり変わらない所もありますが、デザインは一新されています。

売りはそれだけでなく「音」。NXPによりDACとアンプが独立したパッケージとして提供されたものを搭載しています。と・・・書いてあるのですが、音の技術に関して疎いのでここまでにしておきます。分かる人が見たら、きっと良い音の要素なんでしょう。Ulefone Vienna

そんな音も良く、スマホとしての基本スペックヨシ、では価格はというと、いきなり2万円切りで販売開始。(プリセールの特別価格) かなり魅力的なパッケージです。

主要スペック

  • CPU :MediaTek MTK6753 1.3GHz,Octa Core
  • RAM: 3GB
  • ストレージ: 32GB
  • ディスプレイ : 5.5インチ (SHARP製LTPSディスプレイ)
  • 解像度 : 1920 x 1080 (FHD)
  • OS: Android 5.1
  • バッテリー : 3250mAh
  • カメラ: 13MP rear / 5MP front
  • SIMサイズ: Dual SIM (Micro SIM、nano SIM)
  • microSD: あり (最大64GB)
  • USB : microUSB interface
  • WiFi /Bluetooth :802.11 b/g/n 、Bluetooth4.0
  • センサー : GPS, A-GPS, GLONASS, Digital Compass、Hall Effect Sensor, Gravity Sensor, Ambient Light Sensor, Touch Sensor
  • サイズ/重量:  153.5×77.85×8.6mm / 156.0g
  • ネットワーク:2G: GSM 850/900/1800/1900MHz
    3G: WCDMA 900/2100MHz (band8,band1)
    4G: FDD-LTE 800/900/1800/2100/2600MHz(band20,band8,band3,band1,band7)
  • 日本語ロケール: あり(Ulefone Viennaのスペックページに表記あり)
  • その他: 指紋認証センサー搭載、IR、FMUlefone Vienna

写真で見る「Ulefone Vienna」

Ulefone Vienna Ulefone Vienna Ulefone Vienna Ulefone Vienna Ulefone Vienna Ulefone Vienna Ulefone Vienna Ulefone Vienna Ulefone Vienna Ulefone Vienna
Ulefone Vienna Ulefone Vienna Ulefone Vienna Ulefone Vienna

デザインとコスパの両立したスマホ

UlefoneはBe Touch3を持っているのですが、スペック的にはViennaはそのBe Touch3とほぼ同等。デザインは全く違い、ホームボタンがタッチセンサーになっていたり、スマートキーがあってカメラ/ボイスレコーダーが一発起動できたりとだいぶ違いはあります。

せっかく新しいスマホなのですから、CPUが1.7GHzくらいのものを搭載してくれれば良かったのに・・・そこが残念ですが、価格的にも2万円アンダーで買えるのですから、文句言えるレベルではありませんね。Ulefone Vienna

とかいろいろと言いつつも、私はUlefoneのデザインが好きなんですよねー。iPhoneやGalaxyに似せようとか、そういうぱくり方向に行かず、独自にデザインで勝負している感が出ていて応援したくなります。

4/12までの初期プリセール価格なので、欲しい方はお早めに。

ちなみに高速配送である「Expedited Shipping」は941円です。早めに欲しい方はOptionを付けましょう。Expedited Shippingは、DHL/UPSなどの有名国際配送業者となる点と、荷物のトラッキングができるので安心感が違います。

関連ページ

・Ulefone公式サイト :Ulefone Vienna
・GearBest販売サイト: Ulefone Vienna 32GB ROM 4G Phablet
・GearBest : Ulefone Vienna特設サイトVienna (3.29-4.12)
・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.comの買い方ガイド :「中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで」

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ulefoneは中華スマホらしからぬ、確りとした製品を作るメーカーだと思っています。
    paris使ってますが、10点タッチに対応していますし、同価格帯の他社製品のように画面が黄ばんだりはしてません。
    カメラのイメージセンサーはsony製ではありませんが、業界2位のomnivision(米国メーカーだが数年前に中国資本に買収)を利用しており、まず違いは感じられません。
    こういった所で無駄にブランド料をかけていないんで安いのかなーと思ってます。

    • 私もそう思います。確かにコスパという面ではXiaomiに負けますが、デザインは独自性のあるものだし、スペック面でも「実用的で安いもの」のラインをしっかりわきまえている気がしています。
      仰るようにomnivisionを使っているのもそうですね。

      この後出てくると思われる、ベゼルレススマホUlefone Futureにも期待してます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スマートフォン

More
Return Top