物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【第2回実機レビュー】12インチ高解像度タブレット『Chuwi Hi12』の専用キーボードは使いやすい?日本語化できる?など気になる所をチェック

Chuwi Hi12のレビューも2回目。前回は開梱からボディ周りとさくっと使ってみた感覚をレビューしました。

前回記事: 12インチデュアルOSタブレット『Chuwi Hi12』実機レビュー!開梱~外観チェック!

今回は、実際使ってみてどうなのよという部分を中心に見ていきます。少し長いので複数回に分けて紹介していきます。

キーボードは使いやすい?

まずキーボード。こちらはオプション(別売り)ですが、12インチの大きさのタブレットになると、キーボード+タッチパッドは必須と言って良いでしょう。Androidだけで使うなら要らないでしょうが、Windows10で使う場合、キーボード+タッチパッドがあるととても楽。というか、ほぼWindowsノートパソコンになります。

キーボード自体はこんな感じ。カラー本体色に合わせて2色から選べます。私のは本体がゴールドの為、キーボードもゴールド。

英語キーボード配列ですが、特殊なキー設定などもなく6列の至って普通のキーボード。Chuwi Hi12 使い勝手 レビュー キーボード

タブレットとのドッキングは、このスリットにタブレット(Chuwi Hi12)を差し込むと、マグネットでカチャッと吸着されるように固定される。
Chuwi Hi12 使い勝手 レビュー キーボードChuwi Hi12 使い勝手 レビュー キーボードタブレットの向きを反対側にして差し込む事も可能で、そうすることによりテントモードなどにも対応できるようになる。
Chuwi Hi12 使い勝手 レビュー キーボードChuwi Hi12 使い勝手 レビュー キーボード キータッチは良好。ノートPCとなんら変わらない出来映え。キー端がたわんだりする事もなく打ちやすいキーボードです。ただ英語配列の為、慣れは必要。
Chuwi Hi12 使い勝手 レビュー キーボード タッチパッドはスペースとしては狭いです。ただパッド自体のカーソルの追従性は良く、違和感無く使えます。Chuwi Hi12 使い勝手 レビュー キーボード キーボード側にもUSBポートが左右にx1ずつ、計2個追加されます。本体に2つあるのでトータル4つもあることに。これは便利です。ローエンドノートパソコンを完全に凌駕しています。ただここまでの数は要らない気もしますがね・・・
Chuwi Hi12 使い勝手 レビュー キーボードChuwi Hi12 使い勝手 レビュー キーボード

キーボードとドッキングしたら重い?

12インチのタブレットであるChuwi Hi12と、専用キーボードを合体させたら・・・想像では「1.3kgぐらい?タブレット本体が850gぐらいだから、キーボードは500gぐらいかな」と勝手に思っていました。

が、合体させて持つと・・・ちょっと重い。

Chuwi Hi12 使い勝手 レビュー キーボード 実測してみると、1.6kg。そりゃ重いわけだ。ただ12インチノートPCとして考えると標準的です。ビジネスノートとかだとだいたい1.5kgはしますしね。Chuwi Hi12 使い勝手 レビュー 重さ

Androidは日本語化できる?

Windows10はマルチランゲージの為、ネット接続さえすればダウンロードして適用でき簡単に日本語化できますが、Androidはそうはいきません。と言う事で「日本語化」は気になる部分だと思います。

どうでも良い事だけど、12インチのAndroidというのは壮観です。Chuwi Hi12 使い勝手 レビュープリインストールされているAndroidの言語は中国語。設定を開いてみると、ほぼ読めない。Chuwi Hi12 使い勝手 レビュー そこでこの「言語和輸入法」みたいなところをタッチ。Chuwi Hi12 使い勝手 レビュー キーボード
するとありました!日本語。 これで無事日本語化完成です。Chuwi Hi12 使い勝手 レビュー

プリインストールアプリは?Google Playは入ってる?

気になる中華アプリは下記画面キャプチャーした通りです。多少中国語アプリが入っていますが、ほぼ削除可能でした。もちろんGoogle Playも入っているので、安心して使えます。Chuwi Hi12 使い勝手 レビュー Google Play

Windows10とAndroid5.1の各々のストレージ容量は?

Onda V919 Air CHはWindows10+Android5.1のデュアルOSで、ストレージが64GB ROMです。デュアルOSで一番困るのは、Windows側のストレージが足りなくなるケースでしょう。Windowsは本気で使うとOfficeとか、ゲームとか簡単にギガ単位でインストールしていきますからね。

という事でまずはAndroid側のストレージ確認。Chuwi Hi12 使い勝手 レビュー ストレージ Android9.72GBの割り当てで、フリーは9.14GB。これぐらいなら問題無いですね。MicroSDも使えますし。

Windows10側はというと、44.1GBの割り当てに対して、空きが29.6GBです。Chuwi Hi12 使い勝手 レビュー ストレージ Windowsフリーの領域が30GBというのはWindows10を本気で使い倒そうとすると厳しい所もありますが、アプリはCドライブ、データはmicroSDで補強したDドライブにという使い方で運用していくべきでしょうね。

とりあえず今回はここまで。レビューは3回目に続きます

1回目レビュー記事: 12インチデュアルOSタブレット『Chuwi Hi12』実機レビュー!開梱~外観チェック!
3回目レビュー記事: 12インチ高解像度タブレット『Chuwi Hi12』のベンチマークは?画面は見やすいか?など気になる所をチェック

関連サイト/関連記事

・紹介記事 :Surface3よりハイスペック! 12インチWin10タブレット『Chuwi Hi12』が2.7万円~
・GearBest販売ページ: Chuwi Hi12 Tablet PC – WINDOWS 10 + ANDROID 5.1 VERSION
・GearBest販売ページ :Chuwi Hi12 専用キーボード
・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.comの買い方ガイド :「中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで」

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top