物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【第1回実機レビュー】12インチデュアルOSタブレット『Chuwi Hi12』実機レビュー!開梱~外観チェック!

Advertisements

今回は12.0インチタブレット『Chuwi Hi12』のレビューです。

いつものGearBestさんから端末をお借りしてのレビューとなります。Chuwi Hi12 レビュー

タブレットで12インチとはデカすぎだなとか思ってましたが、よく考えたらSurface Pro3持ってる私(SurfaceはタブレットではなくノートPCという感覚でした)。そう考えると、Chuwi Hi12もほぼノートPCと言って良い感じ。実は専用キーボードもあってそちらも同時にお借りできているのですが、今回はスペースの関係で本体のみです。写真だけチラ見です。

スペック的には最近の中華タブレットのミッドレンジレベルです。Cherry TrailのAtom CPU搭載で、RAM 4GB+ROM 64GB、12インチで解像度が2160 x 1440というSurface3と同レベル。OSはWindows10+Android5.1のデュアルOSという仕様です。

『Chuwi Hi12』は、以前この記事でもご紹介してるので、細かいスペック等はこちらをご覧下さい。

紹介記事 :Surface3よりハイスペック! 12インチWin10タブレット『Chuwi Hi12』が2.7万円~4GB RAM/64GB eMMC/Cherry Trail/QHD搭載

Chuwi Hi12 レビュー と言う事で早速どんなものなのか見ていきまょう。

開梱の儀

さっそく開梱。本体はいつもの(?)ビニール袋。Chuwi Hi12 レビュー
同梱物はmicroUSBケーブル、USB充電器、あとはマニュアル各種ですね。
Chuwi Hi12 レビュー

本体はやっぱり12インチだけあり重い。公称値は852gでしたが、実測では871g。Chuwi Hi12 レビュー

中華タブレットって、公称値と実測値が離れている事が多すぎですね。数値通りの事があまりないです。だいたいサバ読んで重いのかと思ったら軽かったりするときもあるので、計測ミスって事はないのでしょうが、製品版でちゃんと測ったデータを公開してないのかもな・・・とか思ったりして。

本体チェック

正面から見た画面側。 右側にWindowsタッチボタン、上部にカメラという一般的なWinタブ構成。Chuwi Hi12 レビュー

12インチのタブレットで右側にWindowsタッチボタンがあるのは「この大画面を縦画面で使えって事か!?」と一瞬思いますが、これはキーボードドッキングすると下側のベゼルにキーボードが装着され、Windowsタッチボタンが押せなくなるため。これはSurface Pro3なんかでも同じです。

ベゼルはやや太めで、白い部分はプラスチックなので正面から見るとすこし安っぽくは見えます。今回は本体カラーがゴールドを使っているのですが、ディープグレーだとベゼルがブラックになるのでもうちょっと引き締まって見えると思う。

ちなみに液晶には保護フィルムが貼ってあって、剥がして使う事ができる。(下にもう一枚保護フィルムが貼ってある)Chuwi Hi12 レビュー

下部側面。こちらにはキーボードドックコネクタがあるのみ。
ここには別売りのキーボードが接続できます。Chuwi Hi12 レビュー左側面。こちらにコネクタ系は集中している。

左から、イヤホン、microHDMI、USB2.0,microUSB、USB3.0,microSDスロットがある。12インチとはいえ、一応タブレットであるにも関わらず、フルサイズUSBコネクタがx2ポートもあるのは凄い。本体サイズもUSBポートの縦幅ギリギリいっぱいまでで、かなり苦労したデザインなのが分かる。強度的にもフルメタルボディだからなせる技でしょうね。結構感心した。Chuwi Hi12 レビュー 他にもスピーカーがある。スピーカは右側面にもあり、ステレオスピーカーとなっている。Chuwi Hi12 レビュー
上部。
ここに電源ボタンとボリュームボタンがある。Chuwi Hi12 レビュー ボタン自体はメタルでしっかりとしたクリック感があり、違和感無く使える。Chuwi Hi12 レビュー
右側面。こちにもスピーカーがある。Chuwi Hi12 レビュー
背面。機能的にはカメラがある程度。Chuwi Hi12 レビュー

ゴールドカラーのメタルボディーの質感が高く、12インチのサイズにも関わらずたわんだりはしない。コーナー部の曲面の仕上げも綺麗で、手に持ってもアールがかった所が気持ちいい。Chuwi Hi12 レビューChuwi Hi12 レビューChuwi Hi12 レビュー

このあたりの質感は、中華タブレットだと侮っているとかなり驚くと思う。私も思わず「いやいや、綺麗な処理だなぁー」と唸ってしまいました。

起動してみた

起動してみました。デュアルOSなので、起動時にOS選択画面が表示されます。

とりあえずWindows10で起動。プリインストール言語は英語でした。そのうち日本語化しますが、それにしても綺麗。Chuwi Hi12 レビュー

さすが2160 x 1440のQHD解像度。Surface3と同じ解像度ですからねー、Windows画面のアイコン、文字がぱっと見で綺麗さがわかる。

解像度が高いから、横画面でYahooを見てもこれぐらい余裕。3:2のアスペクト比だからなせる技。Chuwi Hi12 レビュー文字も当然ながらジャギーなど一切無く印刷物のような読みやすさ。Chuwi Hi12 レビュー 軽くWindows10を操作してみたが、非常に軽快。CPUがatomなので少し心配したが、4GB RAMのおかげなのか、サクサク動く。Microsoft Edgeでウェブページを5-6タブ開いてみたが、それでも遅さは感じない。

Windowsの操作性はタブレット単体ではちょっといまいちですが、専用キーボードを付ければほぼノートPCに変わり操作性は格段に向上する。Chuwi Hi12 レビューこのあたりはまた別途レビューしていきます。

メタルボディーと画面の美しさで一発で気に入った

今回はざっとではありますが、Chuwi Hi12の開梱から本体レビューまでやってきました。

12インチの中華タブレットという事で、「今までのタブレットより単に画面がデカくなっただけなんじゃないか」と先入観をもっていたのですが、、、、正直、完全に裏切られました。

870gとタブレットとしては重量級ながら、メタルボディーの質感は非常に高く、安っぽさはほぼ感じられない。本文にも書きましたが、背面のカーブ処理などは綺麗で触っていて気持ちがいい。ずっとすりすりと触っていても良いくらい。

画面も「フルHD以上はこのサイズでは要らないんじゃない?」とか思ってましたが、2160 x 1440のQHDディスプレイは 3:2アスペクト比と言う事もあり幅が広く、縦・横共に高解像度だとより高精細さが際だっている。Surface3キラーとかクローンとか呼ばれたりしますが、クローンになる為の資格は充分あります。劣化版では無いところが怖い所。だって本体30,000円未満、キーボード入れても33,000円ぐらいで買えてしまう。Surface3は画面サイズが違うとは言え、価格は8万円以上。それを考えればオトク過ぎる価格です。Chuwi Hi12 レビュー 価格次回はデュアルOSのAndroidを起動して、AnTuTuのベンチマークや電子書籍との相性などをお届けする予定です。

関連サイト/関連記事

・紹介記事 :Surface3よりハイスペック! 12インチWin10タブレット『Chuwi Hi12』が2.7万円~
・GearBest販売ページ: Chuwi Hi12 Tablet PC – WINDOWS 10 + ANDROID 5.1 VERSION
・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.comの買い方ガイド :「中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで」

(最終更新:2016-06-09)コメント2件

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ご質問なのですが、液晶ディスプレイのギャップはいかがでしょうか?
    私はWindows版を持っているのですが、ギャップが大きく、光の反射が厳しくて困っています。
    Windows&Android版はギャップがなくなってるという噂がありましたので、気になっております。
    よろしければお教えください。

    • 返信遅くなりましてすみません。

      Windows版との比較ができないのですが、私の手元にあるWin+Android版に関しては、光沢液晶ではあるものの、それほど光の反射が厳しいという感覚はないですね。照明の反射がぎらつく角度にさえしなければ、普通に使えています。まだ自宅使用だけで、光源が多いファミレスとかでは使っていないのでなんとも言えませんが、「気になってイラつく」事は無いとだけは言い切れますよ。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top