物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

ハイコスパ8.4インチタブ『CHUWI Hi9』発売!あのHi8が8.4インチ2K解像度で帰ったきた!

中国のタブレット/PCメーカーのCHUWIから8.4インチ 2K解像度タブレット『CHUWI Hi9』が発売されました。比較的ベゼル細めでコンパクトで質感が高そうなタブレットです。そして価格が安い!なにげに8インチ、8.4インチのタブレットが熱くなってきました。

CHUWI Hi9の特徴

Chuwi Hi9は、Chuwi Hi8の後継機で、Hi8は8インチでWUXGA、デュアルOSとかなり尖った仕様のタブレットで有名でした。

その後他社が同様のスペックで対抗してきて、コンパクト高解像度のハイコスパトレンドが押し寄せた名機でした。

さてその名機の後継であるHi9はというと、これもハイコスパです。ディスプレイは8.4インチの2K解像度ディスプレイ(2560×1600)とこのサイズとしては過剰とも言える高解像度です。

しかもディスプレイはHDR対応。これによりより深みのある色合いが再現されるはずです。そしてもうディスプレイが売りと言ってもいいぐらいなのでOGSは当たり前にサポートしています。

CPUは、MediaTek MTK8173で、Xiaomi Mi Pad 3、TECLAST T8等に採用されているMTK 8176よりは若干下がりますが、それでもAnTuTuベンチマークでは7.6万点程度はあり、充分ミドルレンジです。

RAM 4GB、ストレージは64GBとこちらもタブレットとしては充分。ただ2K解像度ディスプレイなのでRAM容量はもうちょっとあったほうが処理がモタつかないのかもしれませんが、このあたりの動作具合は実機を見てみるまでは分かりませんね。(同じ2KのTECLAST T8がやや初動が引っかかる感じでしたのでやや心配)

OSはAndroid7.0で、先代のHi8のようにデュアルOSではありませんが、このサイズとストレージにデュアルOSはさすがに窮屈なので、Androidのみにしているのは正解でしょう。今後出てくるスナドラで動くARM版Windows10が出てきた後、MediaTekでも動くというなら、是非Hi9のような8インチタブにWin10を搭載して欲しいですね。ただスナドラ835で動くWin10(厳密にはWin10 S)の動作の感覚はCore m以下、Cherry Trail以上というレベルらしいので、MediaTekで動くレベルになるのはだいぶ先でしょうけどね。

話が逸れましたが、Hi9は価格も優れていて、以下別途記載していますが、概ね180ドル程度と、直接的なライバルとなるTECLAST T8よりは安く設定されています。(T8もセールやクーポンではこの価格を下回ることもありますが) T8はホームボタン+指紋認証センサーがあり、CPUがMTK 8176と上位版である点、またUSB Type-C搭載で利便性という面では有利です。Hi9は初期価格で180ドル程度なので、今後はもっと下がる可能性を含んでいるので、HDR対応と価格という面で差別化はできそうです。

主要スペック

製品名 Chuwi Hi9
ディスプレイ 8.4インチ WQXGA 2560×1600 IPS
OGS ディスプレイ
CPU MediaTek MTK 8173
1.9GHz,Quad Core
メモリ 4GB
ストレージ容量 64GB eMMC
OS Android 7.0
カメラ フロント: 200万画素
バック : 500万画素
 無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth V4.0
バッテリー 4500mWh
サイズ 216.5*129.5*7.9 mm
重量 不明 (公式では780gだが恐らく間違い)
インターフェース microSD、microUSB、3.5mmイヤホンジャック
その他 日本語 :あり
microSD :最大 128GB

フォト/イメージ

価格

気になる価格は、Banggoodで179.99ドル=20795円でプリセール中。(記事作成時点の価格)

Banggood販売ページ

以下、各販売サイトの価格を比較です。BanggoodとGearBestはほぼ同価格となっています。但しBanggoodでは、ガラス液晶保護フィルムがサービスで付いてきます。

販売サイト 価格 有償配送費用 配送会社
GearBest 20561円 0円 Priority Line 5-9営業日配送(国内配送は佐川急便)
TOMTOP DHL
Banggood 20795円 179円 Japan Direct Mail 3-9営業日配送
Geekbuying 24011円 96円 EMS

※販売サイト名をクリックすると、各販売ページに行けます。価格はあくまで記事作成時点でのものですので、最新価格は直接サイトで確認してください。(セール等で思いの外安くなっている場合もあります)

ちなみに通常の無料配送では10-25営業日かかりますので、早くて2週間、遅い場合は1ヶ月半かかります。すぐ欲しい方はExpedited Shipping=高速配送などののOptionを付けましょう。4-7営業日で届く予定で、配送もDHLやUPSなどの有名国際配送業者となる為、安心感があります。GearBestのPriority Lineは発送後は5-9営業日で届き、日本国内では佐川急便が配達してくれます。BanggoodのJapan Direct Mail も同様です。

関連ページ

・公式ページ :  Chuwi Hi9

・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.comの買い方ガイド :「中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで」
・Banggoodでの買い物の仕方 : Banggoodで買って輸入してみよう~買った商品が届くまで
・GeekBuyingの紹介 : GeekBuyingでガジェット輸入してみる? 中国のガジェット通販サイトGeekBuyingの紹介
・GeekBuyingの買い方ガイド : GeekBuyingの買い方ガイド~ユーザー登録から決済手続きまでやってみた

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top