物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

Android/Windows10のマルチOSな中華タブレット『CHUWI Hi8』日本語化編

Advertisements

前回は、Android/Windows10のデュアルOSタブレット『CHUWI Hi8』のファーストレビューという事で、開梱から外観レビューをしてきました。

今回は、その『CHUWI Hi8』を日本語化します。
中華タブレットですから、基本は中国語です。
とは言っても方法はとっても簡単でした。
最近のOSはマルチランゲージですしね。

そんなわけで、CHUWI Hi8の日本語化への道をお送り致します。CHUWI Hi8 日本語化 レビュー

CHUWI Hi8 Windows10の日本語化への道

まず最初にCHUWI Hi8を起動すると、Windows10が立ち上がります。

輸入した中華Windowsタブレットですから、当然中国語版・・・・と思いきや、、Windows10セットアップ途中で、言語を「English」にできたので、最低限の表記は読み取れました。ほっ。CHUWI Hi8 日本語化 レビュー

ただこのままでは使えないので、日本語化します。
WindowsはWin8の頃から言語パックをインストールしてしまえば、表記は全て日本語版と遜色ないようになるので簡単です。

WiFi等でネット接続できるようにした後、

「Windowsボタン」をタッチ⇒「Setting」⇒「Time & Language」⇒「Region & language」とタッチしていく。CHUWI Hi8 日本語化 レビュー

「Add a language」の「+」を押し、リストの中から「日本語」を選択。CHUWI Hi8 日本語化 レビュー

「Option」をタッチすると、「Download」と表示されるので、タッチする。CHUWI Hi8 日本語化 レビュー

暫く時間がかかる・・・

インストールが完了すると、英語で「有効にするにはサインアウトしてね」と言われるので、サインアウトする。再起動してもOK。

すると次回ログイン時から日本語化されています。CHUWI Hi8 日本語化 レビュー
多少英語の部分は残りますが、ほぼ日本語版Windows10と遜色の無い状態になります。

とりあえず前編の今回は、使えるようになった時点で終了とします。
細かい使い勝手の部分は後編で。

Androidへのスイッチはアプリ一つで簡単切替

デュアルOSだと「Win⇔Androidの切替はどうやるの?」と心配になりますが、CHUWI Hi8では非常に簡単です。

Windows10からは、デスクトップに既に「DualOSSwicher」というアプリのショートカットがあり、またタスクバーにも固定されています。CHUWI Hi8 日本語化 レビュー

これをタッチするとUAC(ユーザーアカウント制御)画面が表示されるので、「はい」をタッチします。

すると、「Go to switch another OS.」と表示されるので、「OK」をタッチします。

この後、自動的にWin10が再起動され、次回起動ではAndroid4.4.4が起動します。

Android側からは、右上から下にスワイプして下ろしてきたメニューの中に、「OS SWITCH」というボタンがあるので、そこをタッチするとリブートされ、次回起動はWindows10になります。CHUWI Hi8 日本語化 レビュー

恐ろしいほど簡単。コレは便利です。

Android4.4.4の日本語化への道

AndroidOSのバーションは4.4.4。最初は中国語なのでだいぶビビります。
このままでは意味も分からないので、日本語化するわけですが、Windows10よりもっと簡単です。

「設定」⇒「言語と入力」で日本語を選べばいいのですが、最初は中国語なので戸惑うと思います・・・。とりあえず設定は開ける(歯車アイコン)と思いますので、そこから「A」と書かれたアイコンをタッチすればOKです。CHUWI Hi8 日本語化 レビューあとは「日本語」をタッチするだけです。

CHUWI Hi8 日本語化 レビュー

これだけだと表記が日本語化されただけで、入力方法はまだ中国語のままです。日本語入力する為には、Google Playから「Google日本語入力」などをインストールしておきましょう。これで日本語OSと同じ機能になります。

まとめ:中華タブレット『CHUWI Hi8』日本語化への道は簡単

今回、日本語環境で使えるまでをレビューしました。

多少手間ははありますが、これくらいなら簡単です。最初の一回だけですしね。

それさえクリアすれば、15,000円でFull HDのAndroid/Windows10のデュアルOSの超コスパの良いタブレットが完成です。

あまりにも楽しむ要素が多すぎて、今回レビューしきれないくらい。
Windows10にしてもAndroidにしても、カスタマイズは無限ですし。(こういう所がリンゴの会社にはない楽しいところ)

さて、次回レビューでは、もうちょっと使っていって、ベンチマークなどもやってみましたよ。

ちなみにGearBest.comさんで価格を見ると、11,435円。恐ろしいほどに安い。
Chuwi Hi8 GearBest.com
2-4週間掛かっても良いなら送料無料です。安心のPayPal決済もできるし、初めての輸入には最適ですよ。オプションで「高速配送(Expedited Shipping)」を選べばFedexなどが配達してくれて安心感が違いますし、1週間程度で届きます。オプション配送だいたい1000-2000円ぐらいです。

関連ページ

・GearBest.com 販売ページ:Chuwi Hi8 Android 4.4 + Win10 Tablet PC
・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 中華タブレットユーザー

    Chuwi Hi12 を買ったので、日本語化してみました。
    ここでご紹介の方法もいいですが、いっそのこと、Windows 10 を「回復」してしまうと最初から日本語の状態にセットアップできます。
    http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-10/windows-10-recovery-options
    ここの記述に従い、「個人用ファイルを削除する」として「PCを初期状態に戻す」の操作を行います。
    あとは通常版 Windows のインストールと同じです。
    変なフォントなどになることもなく、完璧に日本語になります。

    • ありがとうございます。この方法、すばらしいですね。
      今度試してみます!

    • Vido W8Xと、Jumper EZpad 5s Flagshipで試してみましたが、完全な日本語化はできませんでした。
      セットアップ中にAdd Languageで日本語を選択できるのですが、結局英語のままでした。Localeだけ日本になっていて、ロック画面は日本語なのですが、あとは英語ですね。
      うーん。機種とかメーカーによるのかなぁ・・・

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top