物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

iPhone6Sの2年間の維持総額を3キャリアで比較してみた!

Advertisements

iPhone6S /iPhone6S Plusがいよいよ発売されますね。

3キャリア(docomo/au/softbank)ともいろいろと価格が出そろってきましたので、比較と維持費の計算をして3キャリアで比較してみることにしました。iPhone6S docomo au softbank 2年間 費用 価格 機種変更

なおSIMフリーの価格も参考までに載せてあります。

iPhone6S/6S Plusの価格一覧表(機種変更)

iPhone6S iPhone6S Plus
容量 16GB 64GB 128GB 16GB 64GB 128GB
ドコモ 93,312円 99,792円 99,792円 99,792円 99,792円 99,792円
au 84,240円 97,080円 109,920円 97,080円 109,920円 122,760円
ソフトバンク 93,600円 106,560円 119,520円 106,560円 119,520円 132,480円
SIMフリー版 93,744円 106,704円 119,664円 106,704円 119,664円 132,624円

ドコモは16GB/64GB/128GBと価格が同じですが、月々サポート代金が容量が大きい方が減り、実質負担額が上がるというトリックがあります。
https://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/pages/150912_00.htmliPhone6S docomo 価格 機種変更 iPhone6S Plus docomo 価格 機種変更

これを見ると、端末価格自体は9,000円ほどauが安い事が分かります。但し端末の販売価格だけでは負担額が分からないところが携帯キャリアの怖いところで、割引制度や月額のプラン次第変わる総支払額を見てみないと安い・高いが分かりません。

3キャリアの割引・維持費比較

月々サポート・毎月割などの端末購入サポートと、毎月の通信・カケホ代などの比較です。
モデルケースとして、iPhone6S 16GBで計算しています。そして機種変更でのプランです。下取りキャンペーンなどもありますが、そういったキャンペーンを織り交ぜるとまたよく分からなくなるので今回はプレーンな状態で比較しました。
また、比較がし易いように、各社データ3GBに近いプランで計算しました。
あくまで最低維持費として参考になるようにしています。

ドコモ

端末代金 料金プラン
分割支払い金 3,888円 カケホーダイ 2,700円
月々サポート 2,808円 データSパック(2GB) 3,500円
実質端末負担(月) 1,080円 SPモード 300円
合計 6,500円
docomo最低維持費(月々端末代金+料金プラン代) 7,580円

ドコモには3GBプランがないので、データSパック(2GB)で算出。
iPhoneの場合は、2GBでも+1GBが13ヶ月分プラスされますので、実質3GBですね。
(14ヶ月目からは2GBになってしまいますが)

au

端末代金 料金プラン
分割支払い金 3,510円 カケホ(電話カケ放題プラン) 2,700円
毎月割 2,435円 データ定額3(3GB) 4,200円
実質端末負担(月) 1,075円 LTE NET 300円
合計 7,200円
au最低維持費(月々端末代金+料金プラン代) 8,275円

ソフトバンク

端末代金 料金プラン
分割支払い金 3,900円 スマ放題 2,700円
月月割 2,835円 データ定額
パック小
3,500円
実質端末負担(月) 1,065円 S!ベーシック 300円
合計 6,500円
softbank最低維持費(月々端末代金+料金プラン代) 7,565円

ソフトバンクはまだ細かい通信費等が発表されていません。
他社のキャンペーンを見て、一番美味しいところを頂くつもりでしょうか?

とりあえず現在のiPhone6でのプランを当てはめています。

2年間の維持費で3キャリアを比較!

上記の数値を元に計算したものが以下になります。

2年間最低維持費
ドコモ 181,920円
au 198,600円
ソフトバンク 181,560円

ソフトバンクとドコモが意外にも一番安い。しかしドコモはデータSパック(2GB)だからとも言えます。
auはiPhone6Sの端末価格は他の2キャリアよりも1万円弱ほど安いにも関わらず、2年間の総支払額の総額では20万円弱のトップ。これは意外でした。

そう考えるとソフトバンクが意外にもオトクと、意外づくしの結果に。

iPhone6S/ 6SPlusの価格競争は年末辺りが一番激化か?

6Sシリーズはまだ発売初期であり、端末の割引などはほぼゼロ。
下取りで毎月割増額などドコモやauは初めてますが、下取り額が10,000円未満など、あまり下取りの魅力は薄いのが現状です。(中古ショップやヤフオクで売った方が断然高い)

そう考えると、新しいものにいま飛びつくのは一番損な所もあるのですが、やはり「新しいものは早く欲しい」というのが人情でもあり一番悩ましい時期です。

この比較で分かるのは、端末価格より月々の支払いがトータルでは響いてくるという点なのですが、2年総額20万円もiPhoneに捧げている費用をできるだけ抑えるには、できるだけ一括0円端末や、実質0円になる時期に買う事。

一括0円になれば相当安い(端末代が0円だから月々4,000円程度安くなる)し、実質0円でも月々1,000円程度は下がるだろう。

その時期はやはり年末商戦。
毎年この時期は端末価格が激安化し、iPhoneと言えど0円端末が現れる時期です。
実質0円で1000円/月下がったと仮定して、2年間で24,000円。
20万円の総支払額からすれば10%以上の値引きと同額なので、是非利用したいところ。

ただ「もっと安くならないのか?」という方は、SIMフリー機を買って、MVNO(格安SIM)で運用するのが一番安いしお買い得ですよ。

次回は、3キャリアのiPhone6S維持費と格安SIMで運用した場合を比較します。


コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top