物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

ドコモ『dtab Compact d-02H』に格安SIM入れて使ってみた

ただいま絶賛愛用中のドコモの8インチタブレット「dtab Compact d-02H」。dtab Compact d-02H 格安SIM

ドコモ製品だけあって、SIMスロットがあります。
基本的にはドコモと契約して、その時点でスマホと同様にドコモSIMを挿入して販売されるものなのですが、私はネットで新品を手に入れてドコモ契約無し=普通のWiFiタブレットとして使っています。

関連記事 : ドコモ『dtab Compact d-02H』は普通のAndroidタブにカスタマイズできるか試してみた!

ですが、SIMスロットがあれば使いたくなるもの。
SIMフリーでは無いのですが、ドコモ系格安SIMであれば使えるだろうという事でやってみました。

用意するモノ

まずSIMです。私はDTIの6ヶ月無料キャンペーンで手に入れたSIMを使います。

ちなみにDTIのキャンペーンはまだやっていますので、気になる方は以下参照してくださいね。速度的にも充分使えますよ。

関連記事 : 3GB 6ヶ月無料の『DTI SIM』が届いた! DTI SIMセットアップからスピードテスト~意外にも速くて驚いた!

dtab CompactのSIMサイズはmicroSIMです。手持ちがnanoSIMなので、下駄(アダプタ)が必要となりますのでこちらも用意します。SIMがmicroSIMの場合はアダプタは不要です。dtab Compact d-02H 格安SIM

※兄弟機のHUAWEI MediaPad M2 8.0のSIMフリー版はnano SIMなので、ここが一番違うところ。なんでわざわざSIMサイズ変えさせたのかはよく分かりませんが。

SIMスロットに挿入する

dtab Compactの右側面にSIMスロットがあります。dtab Compact d-02H 格安SIM

向きはこんな感じ。dtab Compact d-02H 格安SIM

下駄を履かしているので、恐る恐るですが挿入。(下駄ありだと稀にSIMが取り出せなくなる事もあります)

無事挿入できました。

APNの設定をする

格安SIMを運用したことがある人なら簡単。

無い人の為にも以下記載しますね。

[設定]を開いて、無線とネットワークの項目にある[その他]→[モバイルネットワーク]→[アクセスポイント名]とタッチします。dtab Compact d-02H 格安SIM

 

当然ですがドコモSPモードしかありません。一番下の[メニュー]をタッチして[新しいAPN]をタッチします。dtab Compact d-02H 格安SIM

[アクセスポイントの編集]画面になるので、格安SIM:MVNOが指定した設定をします。

だいたいは以下の項目ですね。
・名前 : 分かりやすい名前を適当に決められる
・APN : MVNO指定のもの
・ユーザー名 : MVNO指定のもの
・パスワード : MVNO指定のもの
・認証タイプ : MVNO指定のものdtab Compact d-02H 格安SIM

各設定はMVNOのページか、SIM契約した際に送ってきた説明書に書いてあります。
DTIの場合はこの[DTI APN設定方法」のページにあります。

全て入力したら、画面下の[保存]をタップ。

APN画面に戻り、SPモードから設定したAPN名に変更(タップ)します。dtab Compact d-02H 格安SIM

以上で設定は完了です。

次にホーム画面に戻ります。

アンテナマークが立っているか確認してください。設定が正しければ最初は[H]マーク(3G)かと思います。LTEマークが出ていないようなら、LTE波をなるべく早く掴む為、本体を再起動します。dtab Compact d-02H 格安SIM

再起動後、このようにLTEマークが表示されればOKです。

使ってみた

早速使ってみました。

普通に速いです。

どの程度速いか、スピードテストしてみました。dtab Compact d-02H 格安SIM

17Mbpsとかなり高速。休日の昼間なので混雑時間帯ではないので条件はいいのですが、格安SIMでは爆速レベルです。アンテナも良いのかなと思います。

dtab Compactの良い所は、LTE周波数バンドがB1/B3/B19でB19のプラチナバンドが使える点。いわゆる山間部、ビルの奥でも掴みやすい電波で、これがあるととにかく電波が切れにくい。

実際、ビルの奥にあるファミレスやオフィスでも使ってみましたが、難なく電波をつかんでいます。基本的にはスマホと2台持ちになるので、タブレットで「何が何でも電波掴んで欲しい場面」というのはあまり無いのかも知れませんが、それでも単体で電波はどこでも大丈夫というのは良いことです。

テザリングはやっぱりダメ

ドコモのスマホは格安SIMを入れるとテザリングが出来ないというのは有名な話。

一応・・・念のため・・・やってみました。

テザリングの設定はできる・・・dtab Compact d-02H 格安SIM

そして、他の端末からdtab Compactのアクセスポイントに接続まではできる・・・

これでネットが見れるか! とワクワクしていると・・・・やっぱりできない(涙)dtab Compact d-02H 格安SIM

HUAWEI MediaPad M2 8.0のOEMだから「実はSIMフリーなんじゃないの?」と思ってやってみたわけですが、ダメですね。

もしかしたらSIMフリーにする方法が今後出てくるかも知れないので、チャンスがあれば試してみようと思います。ただ、テザリングができないというそれだけの為にSIMフリーまで改造するのかというと微妙ですが。

総括:dtab Compactは格安SIMで運用ができる

dtab Compactはドコモの製品で、SIMフリーでも無いのですが、同じドコモ系MVNO(今回はDTI SIM)なら使える事が分かりました。

電波の入りも良く、スマホと同様に使える点はメリットが大きい。

HUAWEI MediaPad M2 8.0のSIMフリー版は安くても38,000円~40,000円します。
dtab CompactはAmazonや楽天で探せば、新品でも30,000円未満で探せます。ドコモで買ったものなのでドコモの保証がちゃんと付きますし、キャリアの端末はここが良いところ。
そう考えると、MediaPad M2 8.0のSIMフリー版が欲しい方は、dtab Compactを検討してみるのも良いと思います。差はテザリングが出来ないだけだと思いますので。

関連記事/サイト

ドコモ 8インチSIM付きタブレット『dtab Compact d-02H』買ってみた!外観レビュー編
ドコモ『dtab Compact d-02H』は普通のAndroidタブにカスタマイズできるか試してみた!
・docomo公式サイト : dtab Compact d-02H
・HUAWEI公式サイト : dtab Compact d-02H

Huawei docomo dtab Compact d-02H Silver
Huawei
売り上げランキング: 47,445

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. いつも楽しく読ませてもらってます。
    私もd-02Hをヤフオクで買いました。値段の割の出来が良くてビックリしてますが、
    Bluetoothでテザリングが出来ないのは残念でした。

    • コメントありがとうございます。

      d-02HはMediaPad M2 8.0をお安く買える良い方法ですよね。

      Bluetoothテザリングもダメですねー。テザリングは残念ですが、とりあえずMVNO SIMは使えるのでそれだけでも自分はOKです。あまり持ち出さないので、今はso-netの0SIMを入れて月額費用をできる限り抑え運用してます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top