物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

6.3インチGalaxy Note8発表! 光学手ぶれ補正デュアルカメラを搭載し、超ハイスペックスマホに!

広告

Galaxy Note8 がニューヨークのUnpacked 2017というイベントで発表されました。すでにリーク画像が出回っていた通りGalaxy S8系の「Infinity Display」で左右はベゼルレスの6.3インチエッジディスプレイ、上下ベゼルもかなり細いデザインとなっています。

画面サイズはS8+より大型化

画面サイズは18.5 : 9という特殊なアスペクト比のInfinity Display。画面サイズは6.3インチで、S8+の6.2インチより0.1インチだけ大型化。数値上6.3インチは大きく見えますが、Infinity Displayは縦長且つ左右エッジレスのため、横幅はほとんど5.5-5.7インチのスマートフォンと言って良いサイズです。

Galaxy Note8 Galaxy S8+ Galaxy Note 7(Fan Edition)
画面サイズ 6.3インチ 6.2インチ 5.7インチ
解像度 2960 x 1440 2960 x 1440 2560 x 1440
サイズ 162.5 x 74.8 x 8.6mm 159.5 x 73.4 x 8.1mm 153.5 x 73.9 x 7.9 mm
重量 195g 173g 167g

ただ、S8+より大型化した分、厚みも重量も増していて、先代のNote7やFEとの比較だと、28gも重量増。すべてのサイズが上回っているとは言え、これはちょっと重い。手書きという手軽さから少し離れてしまう気がしないでもありません。

カメラは光学手ぶれ補正+2倍ズームのデュアルカメラ採用

Galaxy Note8はGalaxy初のデュアルカメラ端末となりました。

12MP+12MPのデュアルレンズを背面に備え、いわゆるポートレートモードも搭載。ぼけ感の調整は撮影後も可能です。

また光学2倍ズームも可能です。そして光学手ぶれ補正もあります。

デュアルカメラに関しては「これでやっと他社に追いついた」というイメージ。大手のスマホメーカーでデュアルカメラに乗り遅れているのはSONYだけという感じです。

またローライト(暗い場所)での撮影も強化され、発表会では暗い場所での撮影もこんなに明るく撮れると実際に撮影をしていました。

バッテリーは8カ所でセーフティーチェック

先代のGalaxy Note7は、悪い意味で世界に名を轟かせましたが、その反省はしっかりしており、8カ所のセーフティーチェックを機能として盛り込んでいます。

ただS8+の3500mAhよりも少ない、3300mAhの容量になっているのは「Noteでは失敗できないから無理をしない」ようにも見えます。

防水はSペンにも

IP68防水防塵は今までと変わらずですが、Sペン自体も防水対応となり、雨中や水中でも書けるようになっています。

基本性能はがっつりハイエンド

ベースとなるのはGalaxy S8+で、その資産を引き継ぐ形でのハイエンド端末となっています。

SoCの詳細は公式ページには掲載されていませんが、いつものようにSnapdragon/Exynosバージョンが地域により設定される予定です。

Snapdragonは835、Exynosは8895になるはずです。

RAM 6GBでS8+より余裕度が増しました。ストレージは64GB/128GB/256GB。microSDも256GBまで使用可能。

その他、Iris(虹彩認証)やBixby、

機能的にはまだまだ紹介する内容もありますが、とりあえず言いたい事はここまでです。参考までに公式動画です。ここでだいたいのイメージは掴めると思います。

カラーは4色でミッドナイトブラック、ディープシーブルー、オーキッドグレイ、メープルゴールドとなっています。個人的にはシルバーが無いのはちょっと寂しいですね。

フォト/イメージ

主要スペック

  • CPU : Exynos 8895 オクタコア
  • RAM: 6GB
  • ストレージ: 64GB / 128GB / 256GB
  • ディスプレイ : 6.3 inch  2960 x 1440 Super AMOLED、Gorilla Glass
  • OS: Android 7.1.1
  • バッテリー :3300mAh
  • カメラ: リア 12MP + 12MPデュアルカメラ  / フロント 8MP
  • SIMサイズ: nano SIM x 2
  • microSD: 最大256GB (nano SIM x1と共用)
  • USB : USB Type -C interface
  • WiFi /Bluetooth :802.11 a/b/g/n/ac 、Bluetooth5.0
  • サイズ/重量:162.5 x 74.8 x 8.6mm / 195g
  • ネットワーク: 不明
  • 日本語ロケール: 不明
  • その他 : 指紋認証センサー/Iris(虹彩認証)/IP68防水防塵/Always On Display/Sペン/ワイヤレス充電

まとめ: 日本でも発売は間違いなし!?

まとめると、S8+より全体的ににやや大きくしてスペック強化して、カメラが光学手ぶれ補正+2倍ズームのデュアルレンズカメラになったSペン内蔵のスマホということになりますね。

Noteシリーズ愛用の私からすると「ホームボタン無し」は痛い。指紋認証はS8シリーズ同様背面のカメラ付近にあり、使い勝手が悪いのも引き継いでしまいました。ですが、メモを取るという意味では「縦長のディスプレイ」は使い勝手がいいのかもと思います。実際私はGalaxy Note FEでメモ取りをすることが多いのですが、スペースが足りないことも多く、そういう面では「買っても良いかも」と思わせます。

そして手ぶれ補正+デュアルカメラは既存のGalaxy S8系、Note FEではもの足りないと感じる部分をしっかりと補強してきた点も購入意欲が増します。

サムソンジャパンのホームページにはすでに日本語のサイトもありますので、おそらくはNote7で発売できなかったdocomo/auから発売されるものと思われます。

アメリカでは9月15日から発売です。

SIMフリー版の販売情報は以下参照してください。

SIMフリー版『Galaxy Note 8 N950FD Dual SIM 64GB』がETORENとExpansysで販売開始!

関連サイト

・サムソン公式ページ: Galaxy Note8|Samsung Japan

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 居着いたガジェオタ

    やはりホームボタンは復活しないんですね。。。
    他は良いんだけどなぁ。重さは、もうnoteシリーズは両手操作が基本なので気にならないから良し。
    んー、即決するには至らない感じですね。sペンのボタンに指紋認証があったら即決だった。
    しかし内臓スタイラスは唯一だしなぁ。なやむ。安くなったらシェア子回線のシンプルプランで買ってもいいかな。

    IphoneがApple Pencil内蔵型とか出してこないかなぁ。あれの書き心地すごいんですよねー

    • そうなんですよね。
      歴代Noteシリーズを愛用してきた私からして、「きた! 買うぞ!」とならないところが微妙です。
      S8+にSペン内蔵させただけみたいな仕様はちょっと萎えます。

      Sペンのボタンに指紋認証は良いアイデアですねー。私もそれなら買いますね。
      そしてiPhoneがApple Pencil内蔵したら、私もそっち買いますね(^^ゞ
      完全に内蔵スタイラスに飢えてますね。私たち・・・

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top