物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

海外通販サイトを使って輸入をするなら不安と手間を軽減するPayPalを利用をオススメします

私は中国のGearBestやAliExpress、アメリカではAmazon、eBay、あとはExpansysとか1shopmobileなどを使って輸入をしています。

その際、不安になるのが「クレジットカード番号を渡す」という行為です。
まぁeBayやAmazonならまだ信頼が置けますが、中国のサイトだと不安は相当あります。

サイト自体がどうこうというより、中の人のモラルを完全に信用出来ない部分はぬぐいきれません。

それは中国のサイト(台湾や香港、シンガポールなどどこのサイトであっても)がどんなに「ここは大丈夫」と噂があってもやはり怖いものです。

PayPal 仕組み 海外通販 オススメ クレジットカード決済そこで信頼を勝ち得たい海外通販サイトは、「PayPal決済」ということをやっています。このPayPalは海外通販サイトを「安全に」利用するなら、登録・利用したほうが安心できるオススメのサービスです。

PayPalとは?

PayPalは、通販サイトと我々消費者の間に立って、クレジットカード決済を代行してくれる会社。

もともとはアメリカのeBay傘下のオンライン決済事業サービスでしたが、独立してサービス名のままPayPalという会社になりました。
現在は世界中に2億2000万ユーザーを抱える会社です。*eBayは日本で言うところのヤフオクのようなものです
paypal service flow
このPayPalの仕組みは簡単で、まずユーザー側はPayPalにクレジットカード番号を登録しておく。
そして通販サイトで支払時に「PayPal決済」をすると、決済手続き時にPayPalにログインして支払いボタンを押すだけでいいという仕組み。PayPal 仕組み 海外通販 オススメ クレジットカード決済PayPal 仕組み 海外通販 オススメ クレジットカード決済PayPal 仕組み 海外通販 オススメ クレジットカード決済
そして通販サイト側は、PayPalから代金が支払われ、それを受け取ることになります。
ここにユーザー側は一切手数料が掛からないのが特徴で、全ての手数料は通販サイト側が支払います。ユーザー側は年会費など全てが無料です。
*但し一部2-4%の為替手数料がかかります

この仕組みでユーザー側が重要なのは、「クレジットカード番号を店に渡さずに決済ができる」という点です。

またサイトによっては、PayPalログインを決済手続き時にするだけで、PayPalに登録してある住所・氏名・連絡先を使って送ってくれるので、いちいち通販サイトごとに、IDを作り、住所等を英語で登録するなどの手間が省けます。

PayPalには買い手保証制度がある

利点はそれだけではありません。PayPal 仕組み 海外通販 オススメ クレジットカード決済

決済は無事済んで、支払いは完了したのに「品物が届かない」というケースは海外通販の場合あり得ます。そういった場合、PayPal決済をしていると、「買い手保証制度」が使えます。PayPal 仕組み 海外通販 オススメ クレジットカード決済

購入したものが届かない、違うものが届いたなどトラブルの詳細をPayPal訴えることで、PayPal買い手保護に則り、被害だと認められれば返金に応じてくれます。Amazonのようにユーザー側を100%信頼して新たなものを送るとまではいきませんので、ちゃんと証拠を揃えてPayPalに相談する必要があります。それでもこういった保証があるだけで海外通販サイトの不安の敷居はだいぶ下がります。またこの保証制度が認められると、通販サイト側にペナルティが生じるのか、通販サイト側とトラブった際は「PayPalの買い手保証制度を使ってPayPalに申告するぞ」と言うと、態度をころっと変える通販サイトが多いようです。

PayPalは『信用』を売りにしているので、怪しい態度を取るサイトには厳しく対応してくれるのがPayPalです。

PayPal登録は日本語でできる

海外通販サイトを利用する上で我々日本人の一番の難敵は「英語」かと思います。

しかしPayPalは日本語で登録が可能です。
ただし、多少の英語は必要で、配送先住所などは英語読みで記載する必要はある。それでもどこに何をどのように書けば良いかは分かるので、非常に助かります。

PayPalアカウント作成方法

登録はこちらからいけます。
PayPalに新規登録

海外通販サイトを利用して商品を買うだけなら「パーソナルアカウント」を選択して「続行」をクリックします。
PayPal 仕組み 海外通販 オススメ クレジットカード決済
あとはメールアドレスとログイン用のパスワードを自分で決めて入力すればまずはOK。

次に氏名・郵便番号・住所・電話番号を登録します。日本語で登録できますが、実はPayPalで支払いをすると、PayPalアカウントの住所がそのまま適用されることも多いので、ここはローマ字で登録しておきましょう。(あとで楽です)PayPal 輸入用アカウント
続けてカード番号を登録します。
PayPal 仕組み 海外通販 オススメ クレジットカード決済カード番号が登録できれば、PayPalアカウント作成は完了です。PayPal 仕組み 海外通販 オススメ クレジットカード決済

但し最後にもう一つだけ作業があります。最初に設定したメールアドレスが有効化どうか、メールが届いています。そのメールを開いて「はい、これは私のメールアドレスです」をクリックしておく必要があります。PayPal 仕組み 海外通販 オススメ クレジットカード決済

また、ちょっと別の話ではあるのですが、クレジットカード番号の確認の為、200円をPayPalが自動決済します。(私の場合はそうでした)

つまり勝手に200円利用されてしまうのですが、この200円はPayPalに後ほど銀行口座に返金されます。返金方法は、登録したクレジットカードの支払い明細にある4桁の番号(200円の決済の名目に書いてある)を、PayPalサイトにログインすると警告が出ているので、そこに入力すればまずはOK。詳しくはPayPalサイトをご覧下さい。

PayPalアカウントに登録したデビットカードまたはクレジットカードの確認手続きはどのように行いますか。

本人確認手続き

PayPalでは、本人確認手続きというのがこの後の手続きとして続きます。

手続きと言っても内容は簡単で、登録した住所宛に「暗証番号5桁が書かれた書類」が届きます。PayPalでは2-4週間と書いてありますが、私の場合はほぼ2週間でした。こんなはがきが届きます。PayPal 本人確認手続き

届いたら、はがきに書いてある5桁の暗証番号を、PayPalにログインして入力するだけです。PayPal 本人確認手続き5桁の暗証番号を入力し終わると、PayPalのステータスが「認証済み」になります。PayPal 本人確認手続き

これでPayPalが正規に使えるようになります。

また初回に限り、追加の経本人確認をショップ側(GearBestなど)に下記のものを提出するように求められます。

  • 身分証明書(運転免許証等)
  • PayPalに登録したクレジットカード番号の下4桁
  • Transaction ID (取引ID)

これは、PayPalアカウントを本人確認せずに不正利用しているケースがあるためで、PayPalからはがきが届いて本人確認が未承認状態の方に対して実施されます。メールが届いたら、上記3つをリンク先でアップロードすることで初回認証が確定します。Transaction IDは購入時のPayPal決済メールの右上に書かれています。PayPal 本人確認

この方法も人によっては「ショップに個人情報渡したくない」という人も居ると思います。そんな場合は、ゲストアカウント購入と言う方法があります。

ゲストアカウント購入の方法

販売ショップがGearBestの場合、ゲストアカウント購入は簡単です。購入時の決済方法の選択で一番上の「PayPal」を選ぶのでは無く、2段目の「Pay by credit card or debit card directly」をチェックして決済します。PayPal GearBest ゲスト

するとゲスト購入という形で、決済はPayPalで、1回限りの手続き代行をしてくれます。但し、PayPalに本登録したクレジットカードではゲスト決済できないので、別のクレジットカードが必要になります。
PayPal GearBest ゲスト

GearBestのようなゲスト購入オプションが表示されないサイトの場合は、PayPalで支払う際に表示される画面の下に「PayPalアカウントをお持ちで無い場合」という所がありますので、ここからゲストアカウント購入ができます。

PayPal GearBest ゲスト

あとは買い物時にPayPal決済を選ぶだけ

アカウントが作成出来て、クレジットカード番号も登録され、本人確認手続きが完了すると、あとは買い物時に「PayPal決済」をするだけです。

以下は私がよく利用するGearBest.comというサイトのものですが、支払時に「Proceed to PayPal」を選ぶだけです。(隣のCheck out with PayPalでも構いません)GearBest PayPal
あとはPayPalログインして支払いを決定すればOK。(但し海外通販サイトの場合は、配送先を英語表記する必要があるため、配送先住所は別途通販サイトで登録が必要)

という感じです。私が今回言いたいのは、海外通販サイトを利用したければ、まずはPayPalアカウントを作成しておけば簡単という点。

安心して使いたければ、PayPal決済が一番力強い味方になってくれるでしょう。私は基本的にPayPalが利用出来ないサイトでは買い物しません。

関連サイト

PayPal日本語サイト
PayPalの為替事務手数料を簡単にちょっと安くする方法
中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで
・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・クロスボーダーの紹介: 「X BORDER(クロスボーダー)」ならアメリカからの輸入が日本語で気楽に出来る

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top