物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

4G LTE対応10.1インチタブレット『Teclast 98』レビュー!軽くて電子書籍が読みやすい低価格タブレット

今回は10.1インチフルHD液晶タブレット『TECLAST 98』のレビューです。こちらはBanggoodさんからサンプルを提供して頂いてのレビューです。この「TECLAST 98」は1万円ちょいの金額と買いやすい価格帯。画面サイズ10.1インチで解像度はフルHD、更に4G LTE対応SIMスロットを備え外出先でも使う事が可能。廉価な割りには「いろいろ入ってんな」的なタブレットになっています。

主要スペック

  • CPU :MediaTek MT6753 Octa Core 1.5GHz
  • RAM: 2GB
  • ストレージ: 32GB eMMC
  • ディスプレイ : 10.1インチ フルHD 1920×1080 IPS液晶
  • OS: Android 6.0
  • バッテリー : 4900mAh
  • microSD : MAX 128GB
  • カメラ: 前面 2MP / 背面 5MP
  • WiFi /Bluetooth :WiFi802.11b/g/n 、Bluetooth4.0
  • ネットワーク : GSM:900MHZ/1800MHz  WCDMA:2100MHz
    TD-SCDMA:Band34/Band39  FDD-LTE:Band1/Band3
    TDD-LTE:Band38/Band39/Band40
  • サイズ: 238x170x9.89mm/ 460g
  • インターフェース : MicroUSB  x1 、ヘッドホンジャックx1、microSD x1、SIM x2

開梱&日本語化

届いた段ボール箱から取り出した所。エアが入った梱包材で完璧に保護されています。万が一外側の段ボールが凹んでいたとしても製品の箱との間がこれぐらいある緩衝材なら、本体へのダメージはほぼ無いでしょう。(もちろん段ボールが凹んでいることもないわけですが)開梱したところ。同梱物はマニュアル、microUSBケーブル、USB充電器。見て分かるとおりUSB充電器はコネクタ形状が違うため、アダプタを別途用意するか、USB充電器自体を別途用意する必要があります。初期セットアップでは、最初から日本語がある。

外観チェック

外観はよく言えば至って王道タブレットで、悪く言えば特徴が少ないという印象です。正面から見た所ですが、上部に2MPカメラがあります。Skype等で動画チャットがしたい方にはあると便利ですね。廉価のタブレットなので、液晶の段差はあります。ただ正面から見ている分にはあまり気にならないし、1万円強という価格を考えればここは妥協やむなしな部分。上部にはmicroUSB端子がある。前面のベゼル、側面共にプラスチックで質感ははっきり言って安っぽい。これも安さ故ですから致し方ない。右側面には左からマイク/電源/ボリューム/イヤホンジャックと端子/操作系が揃ってます。ボタン類もプラスチック。背面。シルバーの部分はこの端末唯一の金属製の部分。下部にはスピーカーx2がありステレオスピーカーとなっているのはこの価格としては頑張っています。上部には5MPカメラが付いてます。上部のプラスチックパーツを外すと、SIMx2とmicroSDx1スロットが現れる。SIMサイズは標準SIMで、最近のトレンドであるnano SIMの場合は下駄(アダプタ)を履かさないといけないのでちょっと注意がいる。FDD-LTEバンドはB1/B3なので、都心じゃないと厳しい面もありますが、MVNOなどの安い回線のSIMを入れておけば、電波さえ届けば外部でも使えるメリットは大きい。バッテリーもそこそこ大きい(4900mAh)ので、臨時のモバイルルーター代わりとしても有用でしょう。

TECLAST 98の実測重量は466g。10.1インチのタブレットとしては軽い方でしょう。このあたりはメタルボディではない事もメリットが出ています。片手で持っても重いというイメージはないところが意外と衝撃。

プリインストールアプリ

Android6.0 OSのTECLAST 98にプリインストールされているアプリケーションはこれだけ。多少中国語アプリが入ってますが、アンインストール可能です。Google Playはインストールされているので、後から好きなものをインストールできる。

ベンチマーク

MTK MT8163 Quad core A53 1.3GHzというMediaTekのタブレット用SoCを搭載する本機。AnTuTuベンチマークでどの程度の実力か計測してみました。結果としては35492というスコア。価格が1.3万円程度のタブレットですし、スコアの結果としては値段相応です。スマホだとローエンドレベルですが、Androidの操作自体で遅いとかもたつくとかはない。Chromeでネット見て、高速にスクロールさせようとするとほんの一瞬もたつくが、気になるほどのレベルではない。

電子書籍読みが捗る

私的に10.1インチのフルHD解像度タブレットに最適な用途の一つが「電子書籍リーダー」だと思います。しかも本機は10.1インチにしては466gと軽量の為、読書が更に捗る。愛用のdマガジンで読んで見ましたが、横画面で見開き2ページ表示させても読む事ができる。多少文字は小さいものの、ストレスなく読めますので快適。IPS液晶は綺麗で発色も結構良い。またマシンパワーがほどほどの割りにはdマガジンはサクサク動きストレスはないのもいい。
フルHD解像度なので、文字がジャギー(ぎさぎざ)しないのも読みやすさに貢献している。ただ中華タブレットにありがちな液晶の反射は結構あります。ノートPCと違って角度や位置が自在なタブレットですから調整は利きますが、気になるようなら低反射タイプの保護フィルムを貼ると良いでしょう。※ちなみに最初からメーカーの保護フィルムは貼ってありました。

総括 : 安くて軽くて使い勝手がいい

●Good

  • 10.1インチフルHDディスプレイは鮮明で綺麗
  • 1.3万円という価格はリーズナブル
  • 466gと軽く電子書籍リーダーと相性がいい
  • SIMを入れれば外でもネットワークに繋いで使える

●Bad

  • チープなデザインと質感
  • ゲームには向かないマシンパワー

端的に言うと、用途次第ではお買い得と言えるタブレット。用途というのは電子書籍リーダーであったり、動画視聴で、いわゆる一般的なタブレットらしい使い方なら不満無く使える。しかし大画面を活かしてゲーム(特に音ゲーなどシビアなもの)をしたいとなると、はっきり言って向いていない。

466gの軽さを活かして電子書籍/雑誌を読むのは快適で、寝室やリビングに置いておけば手軽なネット端末としても活躍してくれる。但し本体がプラスチック筐体(背面パネルを除き)でチープさはあるので人前では若干恥ずかしさがあるのはマイナスで、ここにある程度の質感を求めるならより高いタブレットを探すべき。ここは価格的に1.3万円というコスパを取るか、高級感を取るかは人それぞれですが、気楽に買える価格と4G対応SIMフリーなどのメリット面を考えれば、お買い得端末と言えます。

TECLAST 98 の価格と購入方法

TECLAST 98はBanggoodで13047円という価格で販売されています。・Banggood販売ページ: Teclast 98 Octa Core MediaTeK MT6753 10.1 Inch

Banggoodからの輸入送料は無料配送と高速配送の「EMS」があります。EMSを使えば7-15営業日で届きます。EMSはオプションがなんと957円と中国から輸入する事を考えればリーズナブル。配送業者も日本国内では日本郵政(郵便局)なので安心です。是非ともこのオプションを付けましょう。
通常の無料配送では7-20営業日かかりますので、早くて2週間、遅い場合は1ヶ月かかります。すぐ欲しい方はこのEMSのOptionを付けましょう。7-15営業日で届く予定ですが、私の場合は関東に居ることもありますが比較的1週間前後で届いています。

Banggoodでの商品の買い方は以下に詳しくまとめていますので、参考にしてください。

・Banggood : トップページ
・Banggoodの買い方ガイド :Banggoodで買って輸入してみよう~買った商品が届くまで

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top