物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【40ドルOFF+α】こんなタフネススマホ欲しかった!『Ulefone ARMOR 2』発売! docomo B19 4G対応、6GB RAMなど凄すぎる

Advertisements

※最下部にセール/クーポン情報を追加しました。

中国のスマートフォンメーカーUlefoneから『Ulefone Armor 2』が発売されました。

Ulefone ARMOR 発売からわずか半年程度しか経っていませんが、先代の性能を大きく超えてミドルスペックになっています。

そしてなんとLTE B19(docomoプラチナバンド)対応です!

Ulefone ARMOR 2の特徴

ARMORの名前はついていますが、先代とはサイズ/スペック的にも継承されているものはほぼなく、新しい別の製品と考えるべき製品となっています。

ディスプレイは5.0インチで先代が4.7インチですから0.3インチアップし、解像度もフルHDと進化しています。またSoCは大幅に向上してHelio P25になり、ミドルレンジになったのは大きい。P25ならAnTuTuベンチマークで60000点ぐらいのはずですし、RAMは6GBも搭載しているので、ある程度サクサクのはずです。またストレージは64GBと潤沢です。

カメラも背面が16MP、フロント側も13MPとセルフィーにまで力を注ぐタフネススマホになっています。

既存のタフネススマホらしくないうれしい点としては、ホームボタン兼指紋認証センサーを搭載していたり、背面にデュアルスピーカーを配置して普通のスマホ以上にユーザビリティに凝っています。

コネクタはUSB Type-Cでこちらも使い勝手はいい。ただキャップレス防水ではないようなので、ここは少しだけ残念。またイヤホンジャックはないので、USB Type-C経由のアダプタを使用することになる。

日本で使うのに重要なのが対応周波数帯で、これがなんとdocomoプラチナバンドのB19対応です(Softbank系のプラチナバンドB8にも対応)。最近少しずつ日本のB19に対応した中華スマホが増えつつありますが、ARMOR2も日本を視野に入れているのでしょう。技適はないものの、これだけでもかなりプラスです。

デザインもかなり攻めていて、めちゃかっこいい。正直auのトルク G03(京セラ)のデザインにがっかりしてしまった私は「こういうデザインが欲しいんだよ」と京セラに訴えたいぐらいです。(個人の見解です)

ただARMOR2の難点は重量で、270gです。重量級なので人を選びそうですが、ハードな場所で使うことが多い方や、いつ落としても平気という安心感のほうが大切な方にとっては、間違いなく良い製品だと思います。

主要スペック

  • CPU :MediaTek Helio P25 Octa Core 2.6GHz
  • RAM : 6GB
  • ストレージ: 64GB
  • ディスプレイ : 5.0インチ 1920×1080 フルHD解像度 IPSディスプレイ ゴリラガラス3
  • OS: Android 7.0
  • バッテリー : 4700mAh
  • カメラ: リア 背面 16MP  / フロント 13MP
  • SIMサイズ:dual SIM dual standby nano SIM x1 , Micro SIM x1
  • microSD: 最大256GB
  • USB : USB Type-C interface
  • WiFi /Bluetooth :802.11 b/g/n 、Bluetooth4.0
  • サイズ/重量:  15.90 x 7.83 x 1.45 cm / 270g
  • ネットワーク: 2G: GSM B2/B3/B5/B8 CDMA 2000 BC0
    3G: WCDMA B1/B2/B4/B5/B8 TD-SCDMA B34/B39
    4G: FDD-LTE B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B19/B20 TD-LTE B38/B39/B40/41
  • 日本語ロケール: あり
  • その他 : IP68防水防塵、NFC

イメージ/フォト

タフネススマホもミドルスペックの流れか

タフネススマホ好きな私からすると、ARMOR2はとても魅力的。B19対応しているし、日本ではほぼTORQUE一択状態の状況から選択肢が増えるのはありがたいです。特にデザインもいいし、人気が出そうです。

価格はTOMTOPで28859円で、ブラック/ゴールドの2つのカラーが発売中です。

TOMTOP 販売ページ : UleFone Armor 2 4G Smartphone Waterproof 6GB RAM 64GB ROM

以下は記事執筆時点でのその他サイトも含めた価格比較です。現時点ではGearBest独占販売ですが、今後は各社で発売されると思われます。

販売サイト 価格 有償配送費用 配送会社
GearBest 29965円 528円 Expedited Shipping(主にDHL)
Banggood EMS
TOMTOP 28859円 2566円 DHL
Geekbuying EMS

※販売サイト名をクリックすると、各販売ページに行けます。
価格はあくまで記事作成時点でのものですので、最新価格は直接サイトで確認してください。(セール等で思いの外安くなっている場合もあります)

配送オプションですが、もし買うなら有償配送がお勧めです。通常の無料配送では10-25営業日かかりますので、早くて2週間、遅い場合は1ヶ月半かかります。すぐ欲しい方はEMSやExpedited Shipping=高速配送のOptionを付けましょう。4-9営業日で届く予定で、配送も日本国内では日本郵政が配達となる為、安心感があります。またEMSの場合は遠隔地配送料=Remote Area Feeも掛かりませんので、地方の方には特にお勧めです。

クーポン/セール情報

GearBestでは8/21まで40ドルOFF + フリーギフトでお買い得となっています。

フリーギフトは迷彩柄のポーチです。価格は28855円で、

GearBest販売ページ : Ulefone Armor 2 4G Smartphone – MANDARIN 


TOMTOPではすでにクーポンが発行されています。

27749円まで下がりますので、欲しい方はお早めに!

クーポン : DSULFAM2 

TOMTOP 販売ページ : UleFone Armor 2 4G Smartphone Waterproof 6GB RAM 64GB ROM

関連ページ

・公式ページ :  Ulefone ARMOR 2
・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.com買い方ガイド : 中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで
・Banggoodでの買い物の仕方 : Banggoodで買って輸入してみよう~買った商品が届くまで
・GeekBuyingの紹介 :GeekBuyingでガジェット輸入してみる? 中国のガジェット通販サイトGeekBuyingの紹介
・GeekBuyingの買い方ガイド : GeekBuyingの買い方ガイド~ユーザー登録から決済手続きまでやってみた
・TOMTOP買い物ガイド :TOMTOPでの買い物の仕方~日本語もあるので輸入も比較的簡単~

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 中々気になる商品ですね
    思ったよりも価格は押さえられてますし
    ドコモバンド使えるのはかなりいいですね。
    60000台だとXPERIAz3程度のスペックですし
    普通に使う分としても中々の性能ですね。

    • タフネススマホとしてはかなりいい線をいってますよね。
      ミドルスペックで3万円弱なら悪くないですし。
      水中でも使えるので、海や湖に行くときだけSIM入れ替えて持って行っても良いですしね。
      そしてB19使えるの素敵です。

  2. 今はnomuのs30というタフネススマホを使ってます。
    S30より少し軽く、賢いわけですね、type-cってことはかなり充電時間も早そう。欲しくなってきました(-_-;)

    • nomu S30もいいタフネススマホですよね。
      でも、Type-C、docomoLTE B19対応とこのデザインはかなり良いですよね。
      私もだいぶ悩んでいます・・・

      • このulefone armor2と対抗馬として、BLACKVIEW BV8000とかですかね?
        9月にはBV9000も出るみたいですし。。。

        あとはカメラ性能位ですか?流行りのダブルカメラとかもありますが、私の前機BV6000, 私の嫁さんが使ってるBV7000proはS30に比べてカメラ性能は少し貧弱でした。使えない程ではないですが。。。

        その上、BV7000 proはtwrpが使えないので、xperia homeやatmos dolbyをフラッシュ出来ないので、拡張性は低かったので、不満が出てしまって(–;)

        カメラのセンサー、usbやらイヤホンジャックの形状が気になるところですね。

        • BLACKVIEW BV8000 Proの記事はちょうどこれから書こうかと思ってました。LTE B19対応なんで気になってたんですよね。

          中華スマホは総じてカメラ性能がスペックと比例しないので、「撮ってみないとわからん」というレベルですからね。
          Ulefoneはマシな方だとは思いますが、サムソンやSONYと比べてしまうとどうしても粗が目立つのは無理からぬことですが・・・

          BLACKVIEW BV8000 Proで気になるのはフロント下部に「IP68」と書かれたプレートがある点かなーと。ややかっこ悪い(個人的には)
          あとタフネススマホはイヤホンジャック形状が確かに気になるところですね。手持ちのイヤホンがそのまま挿せて使えるといいのですが、アダプタ入れて使うようだと面倒ですね。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top