物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

Xiaomiスマートフォンを「MoreLocale2」で日本語化する方法とPermissionが与えられないときの対策

Advertisements

Xiaomi端末は日本語言語が無い事が普通ですが、International Versionであったり、Xiaomi.euでROM焼きすれば日本語が入っているものもあります。今後は少しずつ日本語ロケールが入っているものが増えていくでしょうが、手にしたものがショップROMで、それが日本語対応していない場合、ROM焼きという面倒な事をしなくても、今まではMoreLocale2というアプリを使えばなんとかなっていました。

ただ今回、Xiaomi Mi Max 2でMoreLocale2がうまく動作できないことが分かりました。

この問題に対して調べて対処してみましたので、備忘録的にここにまとめたいと思います。Mi Max2だけでなく、MoreLocale2で日本語化するXIaomiスマホで概ね適用できる方法です。

用意するものと全体的な流れ

用意するものは以下の通りです。

  • スマートフォンとPCを接続するUSB ケーブル
  • Windows PC
  • APN設定して通信可能なSIMカード

全体の流れとしては、以下のような流れとなります。今まではSIMカードが無くても問題無くMoreLocale2にPermissionを与えられていましたが、Permissionがうまく与えられない場合、SIMで通信できる環境が必要となりました。

  1. Windows PCを用意し、ADBコマンド環境を作る(既に作成済みなら不要)
  2. MoreLocale2を端末にインストール
  3. PCとスマホをUSBケーブルで接続し、ADBコマンドで、MoreLocale2にPermission(権限)を与える
  4. MoreLocale2で日本語化

 

1. ADBコマンドが使用できるように環境作り

まずはWindowsPC上で、ADBコマンドが使用できような環境作りが必要です。15秒でADBコマンド環境が作れちゃうアプリがあるので、それを使いましょう。別途方法をまとめていますので、以下参考にして下さい。

たった15秒でADBコマンド環境を作っちゃう『15 seconds ADB』を使ってみた!

 

2. MoreLocale2を端末にインストール

Google Playで「MoreLocale2」を検索してインストールします。

 

3.PCとスマホをUSBケーブルで接続し、ADBコマンドで、MoreLocale2にPermission(権限)を与える

まずはXiaomiスマホ側で設定していきます。※この行程が長いです。

「Settings」-「About phone」とタップし、「MIUI version」を10回くらい連続してタップします。すると画面下のほうに「Developer モードが有効になった」と英語でメッセージが表示されます。

次に「Settings」-「Additional Settings」-「Developer options」とタップします。

そして「USB debugging」を有効にします。

次に、USBケーブルでPCとXiaomiスマホを接続します。

スマホ側はこの時点では「USB充電」状態になっているので、画面上から下にスワイプして「USB charging this device」をタッチし、以下のように「Transfer files」をタップします。

次にPC上で操作します。(以下Windows10での操作方法)

PC上で、「CTRL」+「X」を押して、「Windows PowerShell」を選択します(「コマンドプロンプト」の場合もあり)。管理者でもどちらでも構いません。

コマンド入力画面になるので、以下コマンドを入力して「Enter」を押します。

adb devices

この時点ではスマホは認識されません。スマホ側で「Allow USB debugging?(USB debuggingを許可しますか?)」といったメッセージが表示されているので、「OK」を押します。

この段階で再び以下コマンドを入力して「Enter」を押します。

adb devices

以下のように、List of devices attachedの下にdevice名が表示されていればOKです。

ここで次のコマンドを入力して「Enter」を押します。

adb shell

ここで次のコマンドを入力し、MoreLocale2にPermissionを付与します。

以下の文字列をコピーして、Windows PowerShell(コマンドプロンプト)上で右クリックすると貼り付けられて楽です。

pm grant jp.co.c_lis.ccl.morelocale android.permission.CHANGE_CONFIGURATION

貼り付けたら[ENTER]キーを押しましょう。

本来はここでMoreLocale2にPermissionが与えられて、MoreLocale2が使えるようになるのですが、以下のようなエラーがでてコマンドが実行できません。

Operation not allowed: java.lang.SecurityException: grantRuntimePermission: Neither user 2000 nor current process has android.permission.GRANT_RUNTIME_PERMISSIONS.

ここから対策です。

スマホにSIMカードを挿入し、APN設定をして通信可能にしておきます。またこの時点でWiFiは切っておきます。

次に、スマホ側で「Settings」-「Additional Settings」-「Developer options」とタップします。続いて「USB debugging (Security settings)」を有効にします。

続いて以下のような画面が3回表示されるので、「Next Step」→「Next Step」→「 Accept」とタップします。

※これだけAlertが出ているので、セキュリティ上問題のある設定と思われます。日本語化した後は元に戻しておきましょう。

SIMカードが有効であれば、「USB debugging (Security settings)」は有効になります。

ここでもう一度Windows PowerShell(コマンドプロンプト)で以下のコマンドを実行します。

pm grant jp.co.c_lis.ccl.morelocale android.permission.CHANGE_CONFIGURATION

貼り付けたら[ENTER]キーを押しましょう。

問題無く(エラー無く)コマンドが実行できたら、無事にPermission=権限の付与は完了です。

あとはMoreLocale2を立ち上げて、Japaneseをタッチすると以下のように日本語表記になります。

今回使用したXiaomi Mi Max 2では、メニューのほとんどが英語表記のままですが、Google関連アプリはほぼ全て日本語化されました。またGoogle Play自体も日本語化されますので、使い勝手は格段に向上します。

以上がXiaomiスマートフォンの日本語化する方法となります。「USB debugging (Security settings)」の有効化に関するSIMカードとの関連ですが、私の場合、WiFiがOnになっていた場合と、APN設定されていないと有効化できませんでした。このあたり経験則となりますので、もしかしたら違う場合もあるかも知れませんが、参考になれば幸いです。

基本的には、Mi Max 2だけでなく、その他Xiaomi製スマートフォンならこの流れでMoreLocale2を使用して日本語化はできるはずです。

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 居着いたガジェオタ

    もはや日本語化作業はシャオミ端末の醍醐味みたいなもんですが、最近のMIUIはデベロッパーバージョンが普通に日本語対応してるのでそっちのが楽なんですよね。
    ベータ版とか書いてあってちょい怖いですが、愛用のMI5はもうそれ入れちゃいました。
    メニュー も全部日本語になり、一部に変な日本語がありますが、とても快適ですw

    • デベロッパーバージョンが普通に日本語対応してる>>>確かにそうなんですよね。
      仰るようにベータとかもありますし、全面的に薦められないかなというのもあって、あえて正攻法のMoreLocale2で日本語化という記事にしてみました。
      ROM焼きまではやりたくないけど、とりあえず簡易的にでも日本語対応したいという方もいると思いますしね。

      今後はオフィシャルバージョンで日本語ロケール対応してくれていくことを期待します。

  2. 記事はとれも参考になりました。
    が、読んでいてサイトのGUIについてですが
    画面上部のマウスオーバーメニューが正直うざったい・・・

    • 参考になってうれしいです。GUIに関しては仰る通りですがなかなか簡単に変えられず・・・善処します。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top