物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【クーポンで569.98ドル!】3面狭額縁が更に進化!『Xiaomi Mi MIX 2』発表~5.99インチでスリムになり日本のプラチナバンドサポートもあり!

広告

※セール情報を最下部に追加しました

Xiaomi は今年のスマホデザインの一つのトレンドとなった3面狭額縁Mi MIXの後継機「Xiaomi Mi MIX 2」を発表しました。

また各オンラインショップでも発売を開始しています。

Xiaomi Mi MIX 2の特徴

Mi MIX2は、初代Mi MIXと比べて更に狭額縁が増し、12%もベゼル部分が小さくなり、更に初代の6.4インチから5.99インチに変更されました。それに伴ってアスペクト比は17:9から18:9となっています。サイズダウンおかげもあり、先代では209gとやや重いスマホでしたが、185gと約6インチというサイズから考えると軽量の部類となりました。

SoC(CPU)はSnapdragon835で、RAMは6GB。ストレージは64GB/128GB/256GBの3タイプから選択可能。

また凄いのがGlobal LTEを採用し、トータルでなんと43バンドもサポートされます。docomoのB19,SoftBankのB8,auのB18といったプラチナバンドもサポートされています。(auに関してはCDMA BC0もサポート。ただ正式に動作するかは分かりません。)

またこれだけのベゼルが細い中、50mWのハイパワースピーカーも搭載。

良いことばかりではなく、イヤホンジャックは廃止となっています。またデザイン面ではより洗練されていますが、初代のインパクトのある感動はなく、Mi MIXの基本デザインをそのまま受け継いだ形となっています。噂された全画面でも操作性を良くするホームボタンがあるなどなく、Mi MIXからのキーコンセプトのままで、指紋認証センサーは背面に残っています。カメラもデュアルカメラではなくシングルカメラのままで「とにかくベゼルを限りなく小さくしろ」というのが命題だったのかなという印象。

筐体はアルミニウム合金製。ノーマルモデルの他にSpecial Editionが存在し、そちらはセラミックボディで、その他はほぼ同じ。スペックは6GB RAM+128GB ROMのみとなっています。

価格は、最安の64GBモデルで約5.5万円。Special Editionでは7.8万円と高額です。ただ初代 Mi MIXの価格と、スナドラ835搭載という最新スペックのものという点を考えると、最低スペックで5.5万円というのは驚愕の安さです。(売値は7万円ぐらいからスタートという感じかもしれませんね)

RAM ストレージ 価格 日本円(参考)
6GB 64GB 3299元 ¥54,763
6GB 128GB 3599元 ¥59,743
6GB 256GB 3999元 ¥66,383
Special Edition
6GB
128GB 4699元 ¥78,003

主要スペック

  • CPU :Snapdragon 835  Up to 2.45 GHz
  • RAM : 6GB
  • ストレージ : 64GB / 128GB / 256GB
  • ディスプレイ : 5.99インチ (2160 x 1080)
  • OS: MIUI 9(Android 7.0ベース)
  • バッテリー : 3400mAh
  • カメラ: リア SONY IMX386 1200万画素  / フロント 500万画素
  • SIMサイズ: Dual sim Dual Standby, nano SIM x2
  • microSD: 無し
  • USB : USB Type-C interface
  • WiFi /Bluetooth :802.11 a/b/g/n/ac 、Bluetooth4.2
  • サイズ/重量:  151.8mm x 75.5mm x 7.7mm, 185g
  • ネットワーク: 4G FDD LTE ( B1,B2,B3,B4,B5,B7,B8,B12,B13,B17,B18,B19,B20,B25,B26,B28,B29,B30,B38,B39,B40,B41,B34,B39,B27)
    WCDMA (B1,B2,,B4,B5,B8,B3,B6,B9,B19)
    CDMA (BC0,BC1,BC10,B6)
  • その他 : 指紋認証センサー/ NFC

フォト/イメージ

販売価格

以下は記事執筆時点でのその他サイトも含めた価格比較です。※6GB RAM + 64GB ROMバージョン
GearBestは初期ロットの価格が高すぎますね。

販売サイト 価格 有償配送費用 配送会社
GearBest 135785円 90円 Priority Line (日本国内は佐川急便)
Banggood 75015円 107円 SAGAWA Direct Mail
TOMTOP 65267円 1395円 Priority Shipping (3-6営業日)
Geekbuying 652.99ドル 7.05ドル EMS

※販売サイト名をクリックすると、各販売ページに行けます。
価格はあくまで記事作成時点でのものですので、最新価格は直接サイトで確認してください。(セール等で思いの外安くなっている場合もあります)

配送オプションですが、もし買うなら有償配送がお勧めです。通常の無料配送では10-25営業日かかりますので、早くて2週間、遅い場合は1ヶ月半かかります。すぐ欲しい方はEMSやExpedited Shipping=高速配送等のOptionを付けましょう。DHLなら4-9営業日で届く予定で、EMSなら日本国内では日本郵政が配達となる為、安心感があります。またEMSの場合は遠隔地配送料=Remote Area Feeも掛かりませんので、地方の方には特にお勧めです。GearBestのPriority Lineは8-18営業日とちょっとDHLと比べると遅いですが、配送料がとてもリーズナブル。国内では佐川急便が配送してくれるので、安心です。

クーポン/セール情報

GearBestで使える64GB ROM版のクーポンです。

555.99ドルです。

クーポンコード : mix2dp (50台限定 、2017/9/26 AM3:00~使用可能)

GearBest販売ページ : Xiaomi Mi Mix 2 4G Phablet 64GB ROM 


128GB ROM版のクーポンです。605.99ドルになります。

クーポンコード : MIX2128GB (100台限定)

GearBest販売ページ : Xiaomi Mi Mix 2 4G Phablet 128GB ROM 


256GB ROM版のクーポンです。650.99ドルになります。

クーポンコード : mix2bjgp (50台限定)

GearBest販売ページ : Xiaomi Mi Mix 2 4G Phablet 256GB ROM 


TOMTOPでもセール中です。 587.99ドルとGearBestと遜色なし。

TOMTOP販売ページ : Xiaomi MIX 2 4G Smartphone 5.99 inches 6GB RAM 64GB ROM

関連リンク

Xiaomi Mi MIX2発表会
S2 / S2 Pro
・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.com買い方ガイド : 中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで
・Banggoodでの買い物の仕方 : Banggoodで買って輸入してみよう~買った商品が届くまで
・GeekBuyingの紹介 :GeekBuyingでガジェット輸入してみる? 中国のガジェット通販サイトGeekBuyingの紹介
・GeekBuyingの買い方ガイド : GeekBuyingの買い方ガイド~ユーザー登録から決済手続きまでやってみた
・TOMTOP買い物ガイド :TOMTOPでの買い物の仕方~日本語もあるので輸入も比較的簡単~

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 居着いたガジェオタ

    出ましたねー、後継機種。しかしまさかのサイズダウン。
    ボタン復活もなかったし、デュアルカメラもステレオスピーカーもなし、おまけにイヤホンジャック消滅。
    今回は弱点が目立つ感じですかねー。グローバルバンドサポートはすごくいいけど。

    うん、自分は今回はGALAXY note8一択です(笑)
    と、言ってもキャリアで値下げの始まるのを待っての子回線機種変更ですが。

    いまだにキャリア使ってんのかって言われそうですが、通信安定性が何より大事なんで完全乗り換えは無理す(笑)

    • いよいよ出ましたね。
      仰るように、いろいろとマイナス面もあって、「こちらの期待値が高すぎたのかな」という感じの端末ですね。
      それでもスナドラ835搭載で5万円台でこのビジュアルでって言うのはお買い得なのかなと。(5万円台に下がるのは数ヶ月後でしょうが)

      自分もGalaxy Note8は買いますよー。私の場合はSIMフリーですけど。
      キャリア回線ですが、自分も実は戻っても良いかなと思い始めてます。
      ほぼMVNOだけで過ごしてきましたが、仕事上どこでもある程度安定且つ高速回線が必要になってきて、ワイモバイル使ってみて、そのありがたさが身にしみてきました(汗)

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top