物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【クーポン更新!】5.5インチ デュアルカメラ搭載『Xiaomi Redmi Pro』発売! Helio X25 10Core フルHD液晶搭載でお買い得

Advertisements

※Banggoodで使えるクーポンコードを更新しました!(最下部)

中国のスマートフォンメーカーXiaomiから『Xiaomi Redmi Pro』が発売されました。Xiaomi Redmi Pro

Redmiシリーズは、Xiaomiのスマートフォンラインナップの中では「ミドルクラス」で、いわゆるコスパが優れたモデル。そのRedmiシリーズの最新作にして、過去最高スペックのものが「Redmi Pro」です。

発表会記事 : Xiaomi 『Redmi Pro』発表!5.5インチOLEDフルHD デュアルカメラ搭載のRedmi最高峰スマホ

細かいスペックは下記見て頂くとして、特徴をかいつまむと、まずはXiaomi初のリアデュアルカメラでしょうね。深度測定用に500万画素、メインは1300万画素のソニー製センサーを搭載。Xiaomi Redmi Proどれほどの絵が撮れるか期待です。そしてディスプレイは5.5インチフルHDのOLEDディスプレイ。発色が格段に良くなるそう。Xiaomi Redmi Pro既にRedMi Note3 Proでも充分な発色具合でしたが、更に磨きが掛かるのは凄い。あとはCPUがMediatekのX20/X25を搭載する点。X20は見慣れてますが、X25はなんとAnTuTuで10万弱のスコアを出すそうで、性能的には昨年のハイエンド端末を凌駕しています。どちらのCPUを載せるかは、ストレージ容量で決まります。もし買うなら64GB以上は絶対欲しいですね。

ストレージ RAM CPU(SoC) クロック
32GB 3GB Helio X20 Max 2.1GHz 10 Core
64GB 3GB Helio X25 Max 2.5GHz 10 Core
128GB 4GB Helio X25 Max 2.5GHz 10 Core

 

主要スペック

  • CPU :MediaTek Helio X20 (Max2.1GHz)/ X25 (Max2.5GHz) 10 Core
  • RAM: 3GB / 4GB
  • ストレージ: 32GB / 64GB / 128GB
  • ディスプレイ : 5.5 inch Full HD (1920 x 1080) 342ppi
  • OS: Android 6.0 (MIUI8)
  • バッテリー : 4050mAh
  • カメラ: リアデュアルカメラ 13MP + 5MP  / フロント 5MP
  • SIMサイズ: Dual sim Dual Standby, Micro SIM x1 , nano SIM x1
  • microSD: 最大128GB
  • USB : USB Type-C interface
  • WiFi /Bluetooth :802.11 a/b/g/n/ac 、Bluetooth4.2
  • サイズ/重量:  151.5 x 76.2 x 8.15 mm / 174.0g
  • ネットワーク: GSM B2/B3/B8
    WCDMA B1/B2/B5/B8
    TD-SCDMA B34/B39
    CDMA2000/1X BC0
    FDD-LTE B1/B3/ B5/B7/ B8
    TD-LTE B38/B39/B40/B41(2555-2655MHz)
  • 日本語ロケール: 不明 (英語/中国語はサポート)
  • その他 : 指紋認証センサー

写真で見る「Xiaomi Redmi Pro」

Xiaomi Redmi ProXiaomi Redmi ProXiaomi Redmi ProXiaomi Redmi ProXiaomi Redmi ProXiaomi Redmi ProXiaomi Redmi ProXiaomi Redmi ProXiaomi Redmi ProXiaomi Redmi ProXiaomi Redmi ProXiaomi Redmi Pro

Xiaomi復活の節目にできるか?

Xiaomiは最近元気が無い・・・とか、販売が落ちこんでとか言われてます。中国市場はコンサバでは生き残れない世界に入り、「このデザインなら安いよね」ぐらいだと飲み込まれる弱肉強食の世界。(それは日本も同じ事なんですが、ライバルの多さ、新興企業の追い上げがめちゃくちゃ厳しいのが中国市場)

ただ今回のRedmi Proはデュアルカメラ、OLEDディスプレイなど、端末のグレードを上げる鍵となる機能を盛り込んできたのもXiaomiの元気さの現れかと思う。ガチでやりあってるからコスパの良いスマホができるわけですが、Redmi Proはコスパだけでないスマホになっていると思います。

気になる価格は、64GB版でGearBestでは最初から約3.4万円とかなり安い。現在はプリセール中で、10/11以降の出荷です。それにしてもAnTuTu10万弱の端末がこの価格から買えてしまうのは恐ろしいです。Xiaomi Redmi Pro GearBest
Everbuyingのほうが、268.46ドルとこちらのほうがかなり安い。

販売サイト 価格 有償配送費用 配送会社
GearBest 34,281円 0円 日本郵政 (DHL 639円)
Everbuying $268.46 $5.99 DHL
Banggood 36,926円 1,332円 DHL
Geekbuying $329.99 $13.86 DHL

*価格は64GB版。販売サイトをクリックすると、各サイトで最新価格がチェックできます。

ちなみに高速配送である「Expedited Shipping」はGearBestでは日本郵政なら0円、DHLなら639円でかなり安いです。Everbuyingでは5.99ドル(700円ぐらい)なので、欲しいならトータルの価格で見てもEverbuyingが有利です。

通常の無料配送では15-20営業日かかりますので、早くて2週間、遅い場合は1ヶ月かかります。すぐ欲しい方はExpedited Shipping=高速配送のOptionを付けましょう。4-7営業日で届く予定で、配送もDHLやUPSなどの有名国際配送業者となる為、安心感があります。

クーポン情報

Banggoodで使えるクーポンコードを頂きました。

3GB RAM + 32GBモデル (ゴールドのみ)

クーポンコード: redmipro64xmas

販売価格は20,426円となり、恐らく最安値です。Banggood 販売ページ: Xiaomi Redmi Pro 5.5-inch Dual Camera 3GB RAM 32GB

関連ページ

・GearBest.com販売ページ :Xiaomi Redmi Pro
・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.comの買い方ガイド :「中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで」
・Everbuyingの紹介 : 中国のガジェット通販サイト『Everbuying』で安く中華デバイスを買ってみよう
・GeekBuyingの紹介 :GeekBuyingでガジェット輸入してみる? 中国のガジェット通販サイトGeekBuyingの紹介
・GeekBuyingの買い方ガイド : GeekBuyingの買い方ガイド~ユーザー登録から決済手続きまでやってみた
・Banggoodの買い方ガイド :Banggoodで買って輸入してみよう~買った商品が届くまで

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ついに出ましたか!
    Redmi シリーズはいつか欲しいと思いながら次のモデルはもっといいのがでるかも(実際出るのですが、どこで妥協するかが難しいですね)という思いからなかなか購入に至りませんがこれは欲しいです。
    ちょうど家族が二年縛りがきれるので自分が使ってみて良さそうだったらあげるってのにもいいですし。
    確かにXiaomiは数年前に出てきたときもちろん名前すら知らなくてなんだこのメーカーとしか思っていませんでしたがここ数年でまったく驕ることなく低価格ミドル〜ハイスペックの端末を出し続けてモバイルバッテリーやらUSBケーブルにしても聞いたこともないブランドよりはXiaomiを買ったほうが安心、というイメージさえ湧いてきました。
    ですがやはり一位を独走するのは難しいのか、
    もっと安くて同等くらいのスペックの端末を出すメーカーも(まだ有名ではないにしろ)出てきて
    Xiaomi一択、とはいかなくなってきていますね。
    ただRedmiシリーズは仰るとおり中華スマホを使ったことがない人に向けても低価格で普段使いなら全く困らないほどのスペックというのがウリですよね。
    僕の母親は形式上スマホヲ持っているみたいな感じなのでそんな人には最適かなと思っています。

    • ほんと仰るとおりです。確かに新しいメーカーはどんどん出てきているし、質感も悪くなくなってきているので、絶対Xiaomiがいいという事ではなくなってきつつあります。それでも、「Xiaomiなら安心」みたいなブランドイメージがあるのは確かです。

      Redmi Proも恐らくもう少し経てば2万円台になるでしょうし、ハンパないコスパであることは間違いないので、LTEバンドさえなんとか気にせず使えるならお勧めです。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top