物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

ZenFone2店頭レビュー!若干問題ありです

たまたまなんですが、ZenFone2を店頭で触る機会があったので、ちょっとその感触をレビューしたいと思います。
手に持って触ることで、いろいろと問題も見えてきました。

フロント&手に持った感触

ZenFone2_recview
残念ながらモックでしたが、サイズや手持ち感は試せました。

サイズは意外にも大きい!とは感じませんでした。見た感じは「ZenFone5のちょい太版」みたいなんですが、ベゼルが細く、持った感触はiPhone6Plusより細いイメージ。
Nexus6使っているからか、結構細く感じますね。
幅だけ見ても6mmも違うわけですから、ZenFone2が細いと感じるのも当然なんですけどね。
※スペックから見た違いに関しては以前紹介した下記記事を参照してください。
ASUS ZenFone2がハイエンド化してる!ZenFone5/Nexus6と比較してみた

また重量的にも14g軽いので、「これぐらいがいいよね」とつぶやいてしまうほど手に馴染む。
nexus6の重さに不満があるわけじゃないのですが、軽いに越したことはないなと感じた。

背面の感触

ZenFone2_recview_back
ZenFone5が至って普通のボタン配置だったのに対して、ZenFone2では奇策です。
ボリュームボタンが背面に移動して、シーソー型のボタンになっています。

私の場合は、以前docomoのLG G2を使っていて、この背面ボリュームボタンはなれているのですが、初心者などには取っ付きが悪いかもしれません。
ただ、マンガロイドマニア(スマホで漫画/電子書籍を読む)の私が使っても、背面ボリュームボタンは意外と疲れないのが特徴で、とても使いやすいものです。
このZenFone2でも、いろいろと触りまくりましたが、弱すぎず硬くもなくクリック感もあり、気持ちいいボタンに仕上がっていました。

また背面パネルの質感も高く、見た目はメタルっぽく見えるプラスチックなのですが、とても高級感があっていいです。
パネル自体もツルツルしてて、触り心地はいいです。

電源ボタンはトップに配置してるあが・・・

ZenFone2_recview_power_buttom
ZenFone2の一番の泣き所はここかなと感じました。

電源ボタンがトップ(上部)にあるんです。
これは失敗かなーと。

ZenFone5と違い、iPhone6Plusとほぼ同サイズになったZenFone2。
その為、高さも幅もあって、スリープ解除には片手で一番遠い位置になるスマホ上部に電源ボタンがあるとめっちゃ使いづらい。
一応、画面ノック(ダブルタッチ)でスリープ解除ができるのが救いですが、そうなると使いもしない電源ボタンを何故ここに配置したと聞きたくなるぐらいの謎配置。
せめて、左右どちらかの側面に配置してあれば、利便性が高かったのに・・・と残念です。

レビューまとめ

モックの簡易レビューではありますが、「手に持ってみるからこそ分かること」も結構多いものです。

私はこの端末を親類のスマホ希望者に紹介していこうかなぁーと思いましたが、年齢的にも還暦組なので、ちょっと癖が強いこの端末は難しいかなと感じました。
スペックは多少チープですが、国産スマホかZenFone5かどちらかになりそうです。

3.8万円と多少値が張るものですので、触らずに買うと後悔することもあります。
ボタン類が多少癖のあるところに配置されているので、欲しいなと思っている方は一度手に持ってみることをオススメします。

なお、スペック&比較レビューはこちらでやっています。
ASUS ZenFone2がハイエンド化してる!ZenFone5/Nexus6と比較してみた

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top