物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

物理L/Rボタン搭載「XIaomi BlackShark 4 Pro」が発売! RAMDISK/SSDで更に爆速化した最上位ゲーミングスマホ

中国のスマートフォンメーカーXiaomiからフラッグシップゲーミングスマホ『BlackShark 4 Pro 』が発売されました。

引き続きL/R物理ボタンを搭載しつつSnapdragon888,爆速ストレージ採用で、最強ゲーム環境が得られます。

BlackShark 4 Proの特徴

黒鮫も遂に4代目となったBlackShark4 Proですが、これぞゲーミングスマホというぐらいに最大の進化を遂げました。

SoC(CPU)はSnapdragon888で、ゲーミングスマホなので当然最上位。

メモリは8GB/12GB/16GB LPDDR5とこちらも当然最上位スペックですが、通常のLPDDR5より20%速い。ストレージは256GB/512GB UFS3.1+SSD仕様、更にメモリをRAMDISKとして使う事で、ストレージ性能を読み込みで55%、書き込みで69%高速化しています。

L/R物理ボタンも引き続き搭載され、ゲームの操作性は抜群。

ディスプレイはBlack Shark 3 Proの7.1インチからは縮小され、6.7インチに。
解像度は2400×1080のフルHD+、サムスンのE4 AMOLEDディスプレイを採用しています。

リフレッシュレートはBlack Shark 3 Proの90Hzから144Hzへと大幅アップ、タッチサンプリングレートは720Hzとこちらも大幅に向上しています。

本体のクーリンクシステムも一新され、放熱エリアのマザーボードカバー率は30%も向上し、18℃もCPU温度を低下挿せることが出来ます。

バッテリー容量は4500mAhと比較的大きく、更に充電も恐ろしく速く、120Wと普通のノートPCの2倍の電力で充電し、0→100%はなんと15分という驚異的な急速充電です。

3.5mmイヤホンジャックも搭載しています。スピーカーはステレオで、DxOMarkのオーディオ部門ではスマホ評価No.1となりました。

対応周波数帯は以下の通りです。

4G LTEがB19(docomo)/B18(au)/B8(SoftBank)のプラチナバンド対応。5Gもn77/n78(docomo/au/SoftBank/Rakuten)で対応しています。

5G(N1 / N3 / N8 / N28 / N41 / N77 / N78 / N79)
4G FDD LTE(バンドB1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B18 / B19 / B20 / B26 / B28)
TDD LTE(バンドB34 / B38 / B39 / B40 / B41)
3G WCDMA(バンドB1 / 2/4/5/6/8/9/19)
2G :GSM(バンドB2、B3、B5、B8)CDMA / EVDO(周波数帯域BC0)

主要スペック

Black Shark 4 Pro
ディスプレイ 6.67インチ フルHD+ (2400×1080)
E4 AMOLED(有機EL)
リフレッシュレート 144Hz
SoC(CPU) Qualcomm Snapdragon 888 オクタコア2.84GHz
メモリ+ストレージ 8GB/12GB/16GB LPDDR5
256GB/512GB UFS 3.1+SSD
OS MIUI12 based on Android 11
カメラ ・バック
64MP(f/1.79 1/1.97インチ)
8MP (f/2.2 120度超広角)
5MP (f/2.4 マクロ)
・フロント
20MP (f/2.0)
バッテリー/充電 4500mAh /120W急速充電
WiFi/Bluetooth Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth 5.2 / NFC
SIMスロット nano SIM x2
デュアルスタンバイ
microSD 無し
対応周波数帯 5G(N1 / N3 / N8 / N28 / N41 / N77 / N78 / N79)
4G FDD LTE(バンドB1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B18 / B19 / B20 / B26 / B28)
TDD LTE(バンドB34 / B38 / B39 / B40 / B41)
3G WCDMA(バンドB1 / 2/4/5/6/8/9/19)
2G :GSM(バンドB2、B3、B5、B8)
CDMA / EVDO(周波数帯域BC0)
サイズ 163.83×76.35×9.9 mm
重さ 220g
カラー ブラック/ミラーブラック/シルバー
その他 ・USB Type-C
・側面指紋認証
・イヤホンジャック あり
・物理LRボタン
・ステレオスピーカー

 

価格とクーポン

Banggoodでは、8GB+256GB版が939.99ドル=103,243円。
グローバル版となっています。

送料は10-15営業日配送のJapan Direct Mailで439円です。

Banggood販売ページ

ETORENでも販売がスタートしています。こちらは中国版ですね。
価格はほぼ同じです。

ETOREN : Xiaomi Black Shark 4 Pro

関連リンク

・公式サイト : Xiaomi BlackShark4 Pro
・Banggoodでの買い物の仕方 : Banggoodで買って輸入してみよう~買った商品が届くまで
・GeekBuyingの紹介 :GeekBuyingでガジェット輸入してみる? 中国のガジェット通販サイトGeekBuyingの紹介
・GeekBuyingの買い方ガイド : GeekBuyingの買い方ガイド~ユーザー登録から決済手続きまでやってみた
・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.com買い方ガイド : 中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで
・紹介記事: 海外ガジェット通販『ETOREN』は輸入が楽に!日本人スタッフ対応~保証まで万全

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 居着いたガジェオタ

    すんげぇスペック、、、
    でもデザインはどんどん凡庸になっていくなぁ。
    正直、初代が一番好きなデザインでした。
    まぁあれだけ表面が凸凹してると内部のスペース効率悪いんでしょうね。

    • スペックに関してはまだ進化できるんだ!という驚きがありますよね。
      デザインはどうしても重いゲームが疲れるというバランスの関係もあって、できるだけ無駄を削ぎ落としつつって感じになっちゃうのだと思います。
      それにしてもこれだけのことやってこの価格はヤバイです。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top