物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

サーマルカメラ付タフネススマホ「Blackview BV9800 Pro」がKickstarterでクラウドファンディング中~今なら429ドルで140ドル引き

Blackviewのタフネススマホ「Blackview BV9800 Pro」がKickstarterにてクラウドファンディング中です。Blackview BV9800 Pro タフネススマホ Kickstarter

6.3インチフルHD+解像度、Helio P70,6GB+128GB、日本の3キャリアプラチナバンド対応、それとサーマルカメラもサポートしてスペック的にはかなり魅力的です。

BV9800 Proはサーマルカメラもサポート

Blackviewと言えばタフネススマホが主体のメーカーですが、その最高峰スマホBV9800 Proは更に尖ってきました。Blackview BV9800 Pro タフネススマホ Kickstarter

ディスプレイは6.3インチIPSディスプレイで解像度はフルHD+(2340×1080)。水滴型ノッチを採用しているので表示領域も広め。

CPUはHelio P70を搭載しています。AnTuTuベンチマークではP70は14万点クラスのようなので、充分ミドルクラス。メモリ6GB、ストレージは128GBとこちらも充分。

更にサーマルカメラもサポートしています。Blackview BV9800 Pro タフネススマホ Kickstarterこのサーマルカメラと言えば、CAT S61/S60スマートフォンが頭に浮かびますが、BV9800 ProではそのCAT S61を強く意識していて、スペック比較もしています。CAT S61はSnapdragon630で概ねAnTuTuベンチマークスコアは8-9万点ですから,BV9800 ProはHelio P70の14万点と比較すると性能的には圧倒しています。ただCAT S61は1年以上前のモデルですから、そちらと比べるのはどうなのかという気もしますが、CAT S61が990ドルと10万円のスマホであるのに対して、BV9800 Proは今回のクラウドファンディングで400ドル程度と半値以下で買えるのは大きなメリットです。

Blackview BV9800 Pro タフネススマホ Kickstarterまた比較動画も公開しています。

その他、リアカメラは48MP+5MP+FLIR(サーマルカメラ)のトリプルレンズカメラ構成です。特に48MPのカメラはf/1.8と低照度でも明るく撮れるレンズを採用しています。

Blackview BV9800 Pro タフネススマホ Kickstarter

バッテリーは6580mAhで、一般的なスマートフォンの2倍程度の容量があり、アウトドア環境でも安心。Blackview BV9800 Pro タフネススマホ Kickstarter

気になる周波数帯も、LTE はB1/B2/B3/B4/B5/B6/B7/B8/B12/B13/B17/B18/B19/B20/B25/B26/B28/B66/B34/B38/B39/B40/B41と多くのバンドをサポートし、日本の3キャリアプラチナバンド対応です。

Blackview BV9800 Pro タフネススマホ Kickstarter

クラウドファンディング

Kickstarterでのクラウドファンディングは、既にゴールを達成しています。そのため、出資=購入です。Blackview BV9800 Pro タフネススマホ Kickstarter

超早期割引のSuper Early Birdは終わりましたが、まだEarly Birdがあり、以下のキャンペーン中です。何台も欲しい方は居ないと思いますので、429ドルの単体購入が魅力的です。
Blackview BV9800 Pro タフネススマホ Kickstarter

Kickstarter : Blackview BV9800 Proプロジェクト

また、BV9800 Proが10台プレゼントされる企画も開催中です。

Giveaway企画

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スマートフォン

More
Return Top