物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

ゲーミングスマホ「RedMagic 6/6Pro」日本発売開始~超ハイエンドスペックだけでなく、165Hz AMOLEDディスプレイ/内蔵ファンで最大16度も冷却

スマートフォンメーカーZTEのnubiaブランドからゲーミングスマホ『RedMagic 6』及び『RedMagic 6 Pro』が日本でも発売されます。

ゲーミングスマホなのでSnapdragon888は当然としても、リフレッシュレート165Hz、タッチサンプリングレート500Hz、16GB RAM、物理ファン搭載など驚異的なスペックです。

RedMagic 6/6 Proの特徴

RedMagic6/6Proはnubiaとしては第六世代のゲーミングスマホ。RedMagic 5や5Sといったゲーミングスマホの後継機となります。

ディスプレイ

6.8インチで フルHD+ 2400×1080解像度。
AMOLEDディスプレイでメリハリのある発色が特徴です。

ノッチは無く薄いベゼル内に8MPのフロントカメラがあります。

最近のスマホは大抵はノッチかパンチホールカメラがあり、ゲームに集中する際には邪魔になりますが、ゲーミングスマホならそのようなことはありません。

更にリフレッシュレートは165Hzと一般的なスマートフォンの60Hzの約2.5倍。
またリフレッシュレートを自動判断して最適化する「Touch Choreographer」も搭載。状況に合わせてバッテリー消費を抑えてくれます。
さらにタッチサンプリングレートは500Hz(シングルタッチ)、マルチタッチでも360Hzという高サンプリングレートです。これによりゲームでよりリニアに反応してくれます。

基本スペック

SoC(CPU)はSnapdragon888で現在スマホ界でトップエンド。

メモリはRedMagic 6が12GB、RedMagic 6 Proが16GBもあります。
ストレージはRedMagic 6が128GB、RedMagic 6 Proが256GB UFS3.1となっています。
基本的に6と6Proの違いはこのRAM/ROMの違い、それとカラー/背面材質の違いだけです。

Snapdragon888はグラフィック性能が35%向上し、AI演算能力がSnapdragon865の3倍となっていて、通常の処理だけでなくゲーミングスマホとしても最適で言う事無しでしょう。

ストレージはUFS3.1ですが、システムを最適化した結果、同じSnapdragon888でUFS3.1システムのXiaomi Mi11よりもアプリ/ゲームが高速起動し、レスポンスも良くなっています。

クーリングシステム

RedMagic 6/6 Proでは内蔵物理ファン:ターボファンを搭載。

最大回転数20000rpmにより冷却効果は前モデルより20%アップし、CPU温度を16度も下げる事ができます。

更にオプションのデュアルコアアイスドックを使用すれば、より冷却効果は高まります。なおこのアイスドックはRGB LEDを搭載。

ショルダートリガーボタン

L/Rボタンに相当するタッチショルダーボタンも前機種から引き続き搭載。

専用アプリでタッチボタンのカスタマイズも可能です。

バッテリー&65W急速充電

バッテリー容量は5050mAhで一般的なスマートフォンの30-50%程度大きめ。
添付される充電器は30Wですが、RedMagic 6自体は65W充電が可能です。(別途充電器の用意が必要)

64MPトリプルカメラ

カメラは64MPを筆頭に、8MPの120度超広角、2MPの深度(ポートレート)の3眼レンズとなっています。

周波数帯も技適もばっちり

国内発売されるモデルは当然ながら技適も取得する模様。

対応周波数帯も以下のように5Gまで対応。
5Gはn78のみでdocomo/auのみと寂しいですが、4Gはdocomo B19/au B18/ Softbank B8の3キャリアプラチナバンド対応なので電波の掴みはバッチリなはずです。

2G GSM 2/3/5/8
3G WCDMA B1/2/4/5/6/8/9/19
CDMA/EVDO BC0/BC1
4G FDD-LTE B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B18/B19/B20/B26/B28/B66
TD-LTE B34/B38/39/40/41
5G:NR周波数帯 n41/n78

その他にも

画面内指紋認証リーダー、背面のRedMagicロゴ等が光るRGB LED、3.5mmイヤホンジャック搭載など、ゲーミングスマホとしての使い勝手や派手さなどをしっかり確保しているのは好印象です。

 

主要スペック

RedMagic 6 / 6 Pro
ディスプレイ 6.8インチ フルHD+(2400×1080) AMOLED
リフレッシュレート 165Hz
タッチサンプリングレート 500Hz
SoC(CPU) Qualcomm Snapdragon 888 オクタコア2.84GHz
メモリ+ストレージ RedMagic 6 :12GB
RedMagic 6 Pro:16GB
RedMagic 6 :128GB
RedMagic 6 Pro:256GB
UFS 3.1
OS RedMagic OS 4.0 (Android 11)
カメラ ・バック
64MP(f/1.79)
8MP (120度超広角 f/2.2)
2MP (深度 f/2.5)
・フロント
8MP (f/2.0)
バッテリー/充電 5050mAh /
30W~66W PD急速充電
WiFi/Bluetooth Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth 5.1 / NFC
SIMスロット nano SIM x2
デュアルスタンバイ
microSD 無し
対応周波数帯 2G GSM 2/3/5/8
3G WCDMA B1/2/4/5/6/8/9/19
CDMA/EVDO BC0/BC1
4G FDD-LTE B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B18/B19/B20/B26/B28/B66 TD-LTE B34/B38/39/40/41
5G:NR周波数帯 n41/n78
サイズ 169.86 x 77.19 x 9.7 mm
重さ 220g
カラー エクリプスブラック (RedMagic 6)
ムーンシルバー (RedMagic 6 Pro)
その他 ・USB Type-C 3.0
・画面内指紋認証
・イヤホンジャック あり
・ショルダートリガーボタン

価格と発売日

RedMagicの日本語公式サイトが既に公開されており、発売開始は4月22日、4月15日から予約受付開始です。
価格はRedMagic 6 が899ドル:10万3385円、RedMagic 6 Pro が999ドル:11万4885円(共に税込み)。
100ドル:1.1万円差でメモリ4GB、ストレージが倍増するので、お買い得はProのほうかなと思います。

日本公式サイト : RedMagic 6

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スマートフォン

More

タブレット

More
Return Top