BMAXからまたもや10.1インチに廉価タブレット登場~「BMAX MaxPad I10 Pro」~1.3万円程度で買えるお手軽タブレット

PC/タブレットメーカーのBMAXが、またもやAndroid 10インチクラスのタブレット「BMAX MaxPad I10 Pro」を発売しました。

SoC(CPU)にUNISOC T310を採用した1万円強の低価格帯タブレットです。

BMAX MaxPad I10 Proの主な特徴

BMAXからは、MaxPad I11MaxPad I10 PlusMaxPad I10と既に発売されていて、全てが10.1インチか10.4インチ。ここに更にMaxPad I10 Proが追加されたことになります。そして名称にあるMaxPad I10 はUNISOC T618を搭載したタブレットでしたが、今回発売されたのはI10 Proと「Pro」の名が冠されているにも関わらず、ややスペックダウンし、価格も安くなって再登場という形となっています。

ディスプレイは10.1インチ1920×1200のWUXGA解像度で、I10はフルHDでアスペクト比 16:9でしたから、I10 Proは横持ちとた際にやや縦方向に長いアスペクト比 16:10になっています。どちらも充分高解像度ですが、このサイズのタブレットとしては一般的なスペック。 SoC(CPU)は前述のようにUNISOC T310で、AnTuTu v8スコアは10万点、v9だと13-14万点程度と比較的ローエンドよりの性能です。
メモリ4GB、ストレージは64GBでmicroSDも使用可能。

SIMスロット(nan SIM +microSD)もあり、SIMカードを入れればモバイル環境となります。
但し中華タブのお約束で、4GバンドはB8のソフトバンク系のみプラチナバンド対応。B1/B3でdocomoは都市部なら電波を掴んでくれます。

3G WCDMA:B1/B5 / B8;
4G FDD-TLE:B1/B3/B5/B7/B8/B20/B34;
4G TD-TLE:B34 / B38 / B39 / B40 / B41

価格は1.2万円超というレベルで、非常に低価格です。
とてもコスパの良かったMaxPad I10にProがついてスペックは残念ながら下がりましたが、1万円ちょいのスペックなら、これぐらいの性能だよなという所に落ち着いたイメージ。

私なら+1万円出してUNISOC T618搭載タブか、Lenovo Tab P11あたりを2万円で買いますが、予算がそこまで出せない時や、そもそもお子さん貸し出しタブとして使うなんてケースならBMAX MaxPad I10 Proでも良いと思います。

主要スペック

製品名 BMAX MaxPad I10 Pro
ディスプレイ 10.1.0インチ WUXGA (1920×1200) IPS
CPU UNISOC T310 4コア 2.0 GHz
メモリ 4GB
ストレージ容量 64GB eMMC
OS Android 11
カメラ フロント: 2MP
バック : 5MP
ネットワーク IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth V5.0
2G GSM:7002958/B3/B5 / B8;
3G WCDMA:B1/B5 / B8;
4G FDD-TLE:B1/B3/B5/B7/B8/B20/B34;
4G TD-TLE:B34 / B38 / B39 / B40 / B41
インターフェース microSD
USB Type-C
3.5mmイヤホンジャック
nano SIM
バッテリー 6000mAh
重量 400g
サイズ 242mm*164mm*8.9mm
その他 スピーカー : ステレオ
GPS + Beidou + Galileo + Glonass + BDS + A-GPS

 

価格

Banggoodでは約1.3万円で販売中です。

最新価格はこちらをご覧ください。
販売ページ

最新割引クーポン情報はこちら
Banggood最新クーポン

関連ページ

・Banggoodでの買い物の仕方 : Banggoodで買って輸入してみよう~買った商品が届くまで
・GeekBuyingの紹介 :GeekBuyingでガジェット輸入してみる? 中国のガジェット通販サイトGeekBuyingの紹介
・GeekBuyingの買い方ガイド : GeekBuyingの買い方ガイド~ユーザー登録から決済手続きまでやってみた
・紹介記事: 海外ガジェット通販『ETOREN』は輸入が楽に!日本人スタッフ対応~保証まで万全

最新情報をチェックしよう!