物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【レビュー】爆速USB型SSD「バッファロー SSD-PUT500U3-B/N」買ってみた! もうUSBメモリーキーには戻れない

BUFFALOのUSBメモリーキー型SSD「SSD-PUT500U3-B/N 」(500GB)を買ってみました。

メモリーキーの遅さにイライラしていのですが、大容量+SSDなので高速というメリットだらけで大満足です。

主な特徴

見た目はUSBメモリーキーながら、中身はSSDとなっているので、SATA SSDレベルで高速なのが最大の特徴でしょう。

外付けHDDだと電源が必要だったり、USBメモリーキーだと容量とスピードが今ひとつ。
PCの一時データ移動としてはUSBメモリーキーでもOKなのですが、例えばBDレコーダーやPS4の追加ストレージとしてだと速度面でHDD/USBメモリーキーでは足りないという面をカバーしてくれるデバイスとなっています。

開梱と外観

外箱はシンプルそのもの。

付属品はマニュアル2種。

PS4用のマニュアルもあります。それだけPS4の追加ストレージとして使われる事を想定して作られたのでしょうね。

SSD本体はラミネートされていて、これがかなりピッチリとくっついているので剥がすのがちょい大変でした。ここまでの保護は要らんのでできればぷちぷちの袋に入れておいてくれても良かった。(私が剥がすの下手なだけかもしれませんが)

外観は一見普通のUSBメモリーキー。赤いスライドバーでUSB端子がにょきっと出るタイプ。一度スライドするとUSB端子は固定されるので、差し込み時に端子側が戻って入れづらいという事はない。ただ長期使用でスライド固定が緩くなっていく事はあるかも知れません。(なのでこういう機構はあまり好きでは無いんですけどね)

後ろ側にはストラップホールがある。

差し込むとブルーのLEDが点灯します。これはアクセスランプにもなっていて、データコピー等では点滅しつつ稼働状況が分かるようになっています。

使ってみた

早速使ってみたのですが、さすがSSDです。

CrystalDiskMarkで転送速度計測してみましたが、シーケンシャルで462.24MB/sと、SATA SSDと同等程度の速度が出ています。BUFFALOの公式スペックでは430MB/sなのでリミット越えの数値。

実際のファイルコピーでも、約300MB/s。手持ちのUSB3.0のメモリーキーでも速くて実測40-50MB/s程度ですから、10倍近く高速になっています。

これぐらい速いと、BD/HDDレコーダーの外付けストレージとしては充分使えそうです。

PS5ではまだ追加ストレージにはゲームデータはコピーできませんが、PS4なら充分使えるレベルでしょう。(うちにはPS4がもう無いのでとりあえずPS5でイメージ)

総括:速いは正義

正直に言うと、これ一度使うとUSBメモリーキーにはもう戻れません。
速いは正義。

仕事やプライベートで50GBぐらいのデータを旗艦PCからサブノートPCへ移動させたり、はたまた戻したりする事が希にあるのですが、クラウドだと厳しいのでいつもUSBメモリーキーか外付けSSDで移動させていました。USBメモリーキーは遅い、外付けSSDはケーブルの取り扱いが面倒だったのですが、このBUFFALOのUSB SSDなら両者の良いとこ取りができる優れもの。

価格も500GBで7480円でやや高く感じますが、USBメモリーキーで256GBだと3000-4000円程度。256GB版が4880円、倍容量の500GBで7,480円はそれほど高く感じません。普通に500GB SSDとしても見てもそれほど高くないです。

心配事はスライドバーの耐久性だけ。私も手持ちガジェットのレギュラーに加えられたこの大型ルーキーは暫く使い倒すので、もし耐久性に難が出たらここに付け加えていくことにします。

Amazon販売ページ

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スマートフォン

More

タブレット

More
Return Top