物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

RYZEN 9 4900H CPU搭載 CHUWIミニPC「RZBOX」の様々なベンチマーク性能結果を公開 : PR

パソコン/タブレットメーカーのCHUWIは以前告知したように、RYZEN 9 4900H CPU搭載 ミニPC「RZBOX」のキャンペーンを、2021年9月7日(火)~10月12日(火)まで、事前登録&抽選キャンペーンを同時開催していますが、今回はそのRZBOXの性能面での詳細が発表されました。

CPUはRyzen 4000シリーズの最上位

RZBOXに搭載されるCPUはRyzen 4000の最上位であるRyzen9 4900Hです。
8コア 16スレッド Max 4.4GHz、TDP35W-54Wとバケモノクラス。アーキテクチャとしてはZen2ですね。

ここから各ベンチマークソフトでの結果が公表されています。

CPUのベンチマークソフトであるPassMark-CPU Markでは、第10世代のCore i9やXeonより上。

Geekbench 4.3.2では、シングルコア1129,マルチコア 6745と好スコア。

 

CINEBENCH R23では第11のCore i7に近い性能です。

Ryzen9 4900Hの幅広い性能

Ryzen9 4900Hはこのようにベンチマークでは既に素晴らしい結果を出していますが、内蔵されるAMD Radeon Vega 8グラフィックスも負けていません。Radeon Vega 8グラフィックスは7nmプロセスで製造され、クロック数は最大1750MHz、HEVCとVP9の動画コーデック対応で4K60出力が可能。
画像・動画のエンコードやレンダリングなどの処理、ゲームもこなします。
例えば「オーバーウォッチ」ではフレームレート約68FPS、「フォートナイト」と「APEX」では約60FPSを維持できると公表されています。

PCMark10ベンチマークでは、Essentialsスコアは9004点、Productivityスコアは7838点、Digital Content Creationスコアは5099点。高性能且つ高負荷の作業でも安定した温度を維持している事も分かります。

価格とキャンペーン

RZBOXは、Ryzen9 4900HというゲーミングノートPC向けのCPUを搭載していながら、最安モデルが約500ドルとリーズナブルな価格となっております。*但しRAM/ストレージ無しのベアボーン

このRZBOXは9月7日(火)~10月12日(火)まで、事前キャンペーンにてメルマガを登録すると、更に超早割価格で購入できるとのこと。

さらに、10名にRZBOX 1台をプレゼントする抽選キャンペーンも同時開催中。
参加方法などの詳細は事前キャンペーンでご確認ください。

主要スペック

  • 製品名:RZBOX
  • サイズ:177.5×188.0×61.5(H)mm
  • 重量:1350g
  • CPU:AMD Ryzen 9 4900H
  • RAM:0/16GB
  • ROM:0/512GB
  • Bluetooth:5.2
  • Wi-Fi:2.4G/5G

関連リンク

<公式サイト>https://www.chuwi.com/jp
<公式ストア>https://store.chuwi.com/

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スマートフォン

More

タブレット

More
Return Top