物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

AnTuTu51万! MediaTek Dimensity 1000 5Gチップセット発表~搭載機はBlackviewの次世代タフネススマホが最初になる予定 : PR

MediaTekから新しい5G SoC(チップセット)「Dimensity 1000」が発表されました。MediaTek Dimensity 1000 5G Blackview

AnTuTuベンチマークはなんと51万点と公表されています。

MediaTek Dimensity 1000 5G

MediaTekのスマホSoC(CPU)は PやAといったローエンドからミドルレンジが中心でした。しかしこのDimensity1000はまごうことなきハイエンドで、過去のHelio Xシリーズの後継として発売されます。

このDimensity 1000は、2.6GHzのオクタコアとなり、MediaTek Dimensity 1000 5G Blackview

また5Gモデムを内蔵。Snapdragon855 PlusやExynos9825,Kirin980といったハイエンドの5Gは外部モデムとのセットだったので、完全な5G内包チップというとこのDimensity1000がスマホでは初と言う事になりそうです。

そして気になるAnTuTuベンチマークはなんと51万点と公表されています。Snapdragon855 Plusの超ハイエンド機ですら40万点是半であることを考えると、恐ろしい性能を叩き出しています。このスコアならハイエンドゲームも余裕でしょう。Snapdragon等のハイエンドSoC(CPU)より低価格で発売されるでしょうから、かなり市場を引っかき回すことになりそうな予感もあります。

Blackviewタフネススマホが初号機か?

BlackviewではこのDimensity1000を搭載するスマートフォンを数日中に発表すると言っています。

MediaTek Dimensity 1000 5G Blackview

BlackviewではMediaTek Helio P90を搭載するBV9900が発売予定ですが、Dimensity1000搭載機はその後継機になるでしょう。そしてこれがDimensity1000初の製品化となるようです。

ローンチはいつごろになるのかは未定ですが、恐らくは2020年中頃から後半にかけてと思われます。

しかしタフネススマホに5G、そしてAnTuTu 50万点オーバーの性能が搭載されるとなると、タフネススマホのいままでの概念である「そこそこの性能だけどタフ」ということが崩れていく予感がありますね。

アウトドア趣味が多い私は、可能ならタフネススマホをメイン機にしたいと思っているので、このDimensity1000搭載機が待ち遠しいです。

関連リンク

・公式サイト : Blackview

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 重箱の隅をつついて回る KEI

    ゲームのベースSoCはスナドラなのでAnTuTuの点数だけで考えるのは危険です。
    3Dのゲームならなおさら。ゲーム毎に確認されたほうがよろしいかと。

    • まぁ確かにそうですね。
      MediaTekの鼻息は荒いですが、どんな感じになるのか様子を見てみましょう。

  2. あれ?Kirin 990 5Gって5Gモデム内臓じゃ無かったっけ?

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スマートフォン

More

タブレット

More
Return Top