物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

Xiaomi 2021年型「Redmi Note8 2021」を発売~スペックアップしてOSもAndroid11ベースのMIUI12.5に刷新

Xiaomiの低価格ハイコスパスマートフォンRedmi Note8が『Redmi Note 8 2021』としてスペックリニューアルされて帰ってきました。

Redmi Note 8 2021の特徴

外観は基本的にはRedmi Note8のままですが、2021年バージョンとしてスペックアップしています。
またOSもAndroid9ベースのMIUI10から、Android11ベースのMIUI12.5へと大幅に進化しています。

ディスプレイとデザイン

デザインは前述のようにRedmi Note8と基本的には同じで中身をスペックアップしています。カラーもブルー、ホワイト、ブラックの3色となっています。

ディスプレイは6.3インチフルHD+解像度。水滴型のノッチを採用しています。

SoC(CPU)/RAM/ストレージ

SoC(CPU)が一番変更のあった部分で、Redmi Note8がSnapdragon665であったのに対して、 Redmi Note8 2021では、MediaTek Helio G85 オクタコア Max2.0GHzとなっています。

AnTuTu v8ベンチマークだと20万点前後と言われていて、Snapdragon665が16-17万点でしたから、15-20%ぐらい性能が上がっている事になります。Redmi Note8の後継として出てきたRedmi Note9が同じG85搭載なので、差別化が難しいのですが、このスペックリニューアルが続くならRedmi Note9はより高スペックで出てくるのかも知れませんね。(ただ、Redmiのスマホは数字が最新型を表しているのかよくわからないことになりそうですけど)

メモリは4GB、ストレージは64GB/128GB eMMC5.1 。地味にeMMC5.1と書いていますが、eMMCもver5.1となると最大600MB/sぐらいの速度がでる規格なので、UFS2.0の1400MB/sという規格よりは遅いものの、eMMC5.1ならSATA SSDレベルはあり、実用上は充分高速と言えそうです。

microSDもサポートされます。

カメラ/指紋認証リーダー

カメラは4眼のクアッドレンズで、48MP(f/1.79)のメインレンズに8MP (120度超広角 f/2.2)、2MP (深度 f/2.4)、2MP (マクロ f/2.4)、が組み合わされます。

指紋認証リーダーは背面タッチ式。

バッテリーと急速充電

バッテリー容量は4,000mAhでいまとなっては一般的な容量です。

対応周波数帯は5G対応

海外SIMフリー機で一番気になる対応周波数帯ですが、4Gまで対応しています。

4GはB8ソフトバンクのみプラチナバンド対応。*docomoはB1/B3のみ、楽天モバイルはB3もサポート

2G: GSM B2/B3/B5/B8
3G: WCDMA B1/B2/B4/B5/B8
4G: FDD-LTE B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B20
TDD-LTE B38/B40

主要スペック

Xiaomi Redmi Note8 2021
ディスプレイ 6.3インチ 2340×1080 フルHD+解像度
SoC(CPU) MediaTek Helio G85 オクタコア 2.0GHz
メモリ+ストレージ 4GB
64GB/128GB eMMC5.1
OS MIUI 12.5 (Android 11)
カメラ ・バック
48MP(f/1.79)
8MP (120度超広角 f/2.2)
2MP (深度 f/2.4)
2MP (マクロ f/2.4)
・フロント
13MP(f/2.0)
バッテリー/充電 4000 mAh / 18W高速充電
WiFi/Bluetooth WiFi 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth4.2
SIMスロット Dual SIM (nano SIM x2)
microSD 有り : 最大256GB (nano SIMと排他利用)
対応周波数帯 2G: GSM B2/B3/B5/B8
3G: WCDMA B1/B2/B4/B5/B8
4G: FDD-LTE B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B20
TDD-LTE B38/B40
サイズ 158.3*75.3*8.35mm
重さ 190g
カラー ブルー/ホワイト/ブラック
その他 ・USB Type-C
・指紋認証リーダー(背面)
・イヤホンジャックあり

価格

Banggoodでは販売がスタートしており、4GB+64GB版の価格は149.00ドル(16,569円)です。
10-15日配送のJapan Direct Mailがたったの138円です。24時間以内に発送開始可能。

Banggood販売ページ

関連リンク

・Banggoodでの買い物の仕方 : Banggoodで買って輸入してみよう~買った商品が届くまで
・GeekBuyingの紹介 :GeekBuyingでガジェット輸入してみる? 中国のガジェット通販サイトGeekBuyingの紹介
・GeekBuyingの買い方ガイド : GeekBuyingの買い方ガイド~ユーザー登録から決済手続きまでやってみた
・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.com買い方ガイド : 中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで
・ETOREN紹介: 海外ガジェット通販『ETOREN』は輸入が楽に!日本人スタッフ対応~保証まで万全

 

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top