物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

GoogleがHUAWEIに技術提供停止の模様~Google PlayやOSアップデートを停止か

トランプ政権がHUAWEIへの禁輸処置を発表していましたが、Qualcommのチップセットだけでなく、Googleも対策を施されることになりそうです。

HUAWEIがどこで折れるかが課題

ロイター通信の報道ですが、GoogleがHUAWEIとのビジネスの一部を停止したと断定的に書かれています。

米アルファベット(GOOGL.O)は、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]との一部ビジネスを停止した。関係筋が19日にロイターに明らかにした。

これにより、ファーウェイは、グーグルのアンドロイドシステムの最新版にアクセスできなくなり、同社の中国国外のスマホ事業に打撃が及ぶ恐れがある。ファーウェイのアンドロイド版スマホの次のバージョンも「Google Play ストア」や「Gmail」などの主要サービスにアクセスができなくなる。

ソース : 米グーグル、ファーウェイとの一部ビジネス停止=関係筋

Android OSそのものの提供はするが、その後は一切アップデートができない。そしてGoogle PlayやGmailなどのGoogleアプリにもアクセスができないという事です。これは既存の端末には適用されず、今後発売されるものに対しての対応となります。また続いてIntelとQualcommもHUAWEI向け出荷を停止しました。

今回の件はイラン・北朝鮮への禁輸制裁処置で、以前に同様の処置をされて平身低頭で謝ったZTE(罪を認め8億9千万ドルの罰金の支払い)と同じです。ZTEは制裁解除される前は赤字に転落し倒産の危機にすら陥っていました。しかしHUAWEIの態度を見ているとアメリカに謝罪する感じは薄く、今後の対応が注目されます。

HUAWEIにとってはQualcommのチップがなくとも自前でHiSilicon社のKirin SoCがあり、また中国国内はGoogle PlayやGmail等がなくても問題ない。ただグローバル市場では最低でもGoogle Playがないと話にならないし、OSアップデートを停止されると言う事は、メジャーアップデートがなく長く使えないというだけならまだしも、セキュリティ面でも大きなマイナスです。Androidスマホ/タブレットの場合、ユーザーは別のメーカーを選ぶ事が出来る以上、一番痛いところを抑えられた格好です。※Kirinに関しても米国企業との技術ライセンス契約があり、その契約も停止されるとKirin SoCも搭載できなくなるとの報道もあります

営業面を考えるとどこかで妥協点を見つけないと、このままではイケイケ絶好調のHUAWEIのビジネスが頓挫する可能性が高いのは間違いない状況です。ZTEより遙かに体力のあるHUAWEIの事なので、罰金だけならさくっと払えるのではないかと思いますが、仮にZTEのように幹部の更迭、米国による監視体制の強化などの案が提示された場合は、ほぼ国営企業のようなHUAWEIにとっては受け入れがたいと言う事なのでしょうね。

ただどこかで折れる必要があるのはHUAWEI側で、直近で独自OSを公開したとしてもiOS、Android以外の第三のOSを欲しいと思うユーザーは中国国内以外では皆無なはずです。

米国やGoogleのこのようなやり方は独占禁止法違反だという声も聞きますが、既にカナダで逮捕/拘束されているファーウェイCFOをアメリカに移送させないよう、中国国内のカナダ人を逮捕して半ば人質にしている中国のやり方に比べればまだまだ紳士的と言えると思います。

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 居着いたガジェオタ

    これまた難しい問題というか、残念というか。
    本国の法律にヤバいのがある(国の要請があったら全ての情報を開示しなければならない、というやつ)せいで、絶対にスパイでは無いと言えない(言っても信用されるはずがない)ですからね。そこがどうにかならないと、一連の騒ぎは解決しなさそう。
    ファーウェイ製品は好きなんだけどなぁ。本国の法改正を、、、
    、、、まぁ、無いか。

    • いちユーザーとしては残念ですね。
      体力のある企業が面白い端末を次々と投入して市場を盛り上げているだけに。
      コメント頂いたように、中国の法律を変えろと要求して突っぱねているから関税かけるわ、HUAWEIに圧力かけるわで、もはや政治の分野なのですが、中国は法律変えるかHUAWEIを事実上見捨てるかみたいな選択になりつつありますね。

      法律を変えるのは「アメリカに言われたから」という理由だと面子が許さない=国内情勢配慮のようですが、恐らくギリギリまで戦った=面子を守った後に、違う理由で法律変えて(自分達の未来のためにとかなんとか)、おしまいにしたりするんじゃないかと勝手に思ってます。(スパイに関しては法律があろうとなかろうと、彼らはどうとでもできるんじゃやないかと)

      HUAWEIの儲け(と利用価値?)を考えたら、いくらなんでも面子よりはビジネスメリットを取るだろうと・・・。そんな気がしています。

  2. こんばんは
    これはまたまた強引に出ましたね
    IT大国のもてる権力をフル活用した感じですね
    Google、Qualcomm、Intelなどと取引がなくなると流石に部品の60%を自社で補っているHUAWEIでもきつい気がします。
    前々から独自のOSの噂などはありましたが
    これからのビジネスは中国国内以外ではなかなか険しい道のりになりそうですね
    個人的にすごい好きなメーカーだったのでとても残念…
    世界的な5Gなどの普及も遅れそうですね

    • こんばんわ。コメントありがとうございます。

      HUAWEIも約1年前のZTEの件があるので、なんらかの対策をしているのではないか?とか勘ぐっていますが、対策らしい対策は私には思いつかず、どこかで妥協点をさぐるのでは?という感じがしています。まぁこれは米国vs中国の政治カードになっているので、HUAWEIがというより中国という国がどうするかに掛かってますから、なかなか読めない部分でもあります。
      おっしゃるように、このままでは間違いなく中国以外でのスマホ/PCビジネスは閉ざされるのは間違いないので、どーなっていくかは見物ですね。

      ただガジェット業界としては、HUAWEIのような新しい提案をしてくれるメーカーが政治的な道具となり、その勢いが無くなりそうだというのは残念ですね。

  3. こんばんは
    armも制限きて本格的になってきましたね
    でも、ネットやニュースなどで停止だ終わりだって言ってたるけど折れるまで脅してる意味合いが強そうですよね。mate7から追ってるだけに和解してほしいなァ….

    • こんばんわー
      そうなんですよね。とうとうARMもダメとなると、Kirinは完全アウト。
      MediaTek載せても結果同じですから、詰んでますね。
      中国国内では「HUAWEIいいぞ!最高だ。みんなで買おう」と中国人がSNSにみんなiPhoneから書き込んでいたりしてもはやネタ化してますが、ARMを抑えられると中国国内ですら売れないので、ダメですからね。
      少なくともこのままじゃ。
      もはやどこで「折れるか」という段階ですが、どのあたりで妥協するのか楽しみです。(まぁ折れるのはHUAWEIがというより中国共産党がという話なので、HUAWEI的には”そろそろ謝りたい”のかもしれないですが)

      自分もMate7からお世話になっているので、このままHUAWEIが無くなるのは避けて欲しいところです。
      スマホ/タブレット業界においても、こういう価格破壊的な企業がないとつまらなくなりますしね。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スマートフォン

More

タブレット

More
Return Top